FC2ブログ

笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ギャースカ大騒ぎの合間に...

昨日、金曜日に
1週間ぶりにドッグパーク(ドッグラン)に行ってきました

ただでさえドッグパーク大好きのゆきなので
ドッグパークに行くのがわかる度に嬉しくて騒ぎます

最近は寒くてゆきの肉球が心配なので
なかなかドッグパークに行けないものだから
ドッグパークに行けるのがわかった途端
さらに大興奮で大騒ぎでした

普段ならばドッグパークへの道のりの半分ぐらいまで運転した時点で
ピーピー騒ぎ出します。

昨日は1週間ぶりのドッグパークだったので
我が家のガレージから車が出た時点で
すでにピーピー言い始めました

とても穏やかでめったに吠えないゆきですが
ドッグパークに向かう時は
本当に大騒ぎです。

(でも、吠えたりはしません

昨日は本当に落ち着きなかったので
ドッグパークに向かう途中信号待ちをしている時に
騒いでいるゆきの様子の写真を撮りました




Jan. 19, 2013

ドッグパークに向かう途中大騒ぎする時って
ゆきはピーピー言い続けながらも
「あ~う~」って高い声を出しながら頻繁にあくびをします


犬があくびをするのは
ストレスを感じた時とか
興奮を抑えようとする時のカーミングシグナルだと
よく言われています

ハロウィーンの日の散歩中
ゆきは出血するほどまで耳を噛まれてしまいましたが
散歩から帰宅した後
噛まれたことのストレスから
あくびをし続けたとその時の記事に書きました


ドッグパークに向かう車中
嬉しくてギャースカ騒ぎながらも
ゆきが頻繁にあくびをするのは
ドッグパークに行ける喜びと興奮を
ゆきなりに抑えようと努力しているのに違いありません

ゆきは
とても健気というか( ← 親バカ?!
人間臭いというか
本当に味のある魅力満載な子です


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ゆきの摩訶不思議体型(Yuki's mysterious body)

今日もゆきに会いに来てくださり
ありがとうございます。

以前から書こうと思っていたことを
今日の記事で書くことにしました。

今日の内容は
日本でビションのオフ会に参加して
気付いたことについてです。

(今回載せた写真のほぼ全てが
 約半年前日本でのオフ会で撮ったものです。)


ゆきのトリマーさんは御夫婦でドッグショーの審判員をしています。

以前からゆきのトリマーさんに何度も言われたことは
ゆきはドッグショーに出すには小さすぎる...でした。

(アメリカのドッグショーでは
 同じ標準内のビションの中でも
 大き目の子の方が好まれるようです。)

でも、ゆきって体重が結構あるのです。
(今はちょっと太り気味ということを差し引いてもです。)

ですから、ゆきのトリマーさんに何度も何度も
ゆきが小さすぎると指摘されましたが
私にはそれが理解できませんでした。

(たしかにゆきが成犬になってからでも
 ゆきより小さなビションに会ったことは
 一度しかありませんが...
 ↑ このビションは女の子でした。)

しか~し...

日本でたくさんのビションズにお会いして
体重は立派であるのにもかかわらず
ゆきが小さいと言われる理由がわかりました。

ゆきと同じ体重のビションだとしても
日本でお会いしたビションちゃんは
鳥で例えると...



IMG_8211_convert_20121129013922.jpg

こんな感じでした。

(この写真を見ただけでは「あなた何を言ってるの?」と
 思われてしまうと思います。)

こちらの鳥は以前自宅の庭でレスキューした雛鳥の母親が
餌である虫を口に咥えながら
雛鳥を探している時の写真です。

次の写真も同じ母鳥の写真ですが
今度はゆきっぽいのです。



IMG_8212_convert_20121129014347.jpg

母鳥がプクっと胴体を膨らませました。

このハト胸のような状態がゆきっぽいのです。

ゆきは似たような体重のビションと比べると
胴の長さは短めですが
胴周りというか胸囲が大きいというか
横に幅があります。

そしてゆきのウエストは短いんじゃないかと思います。

筋肉がある・ない、脂肪がある・ない...といったことを除いても

一般的に日本のビションはアメリカのビションと比べて
良くいえば、華奢で可憐な感じ
悪くいえば、ひょろっとした感じで
スポーツ選手でいえば、新体操とかボクシングのライト級って感じなのかなと思います。

アメリカのビションの中でもさらに独特の体型をしているゆきは
とにかくボディがしっかりし過ぎで、すごく詰まっていて
華奢さがゼロって感じです。

ゆきの体型をスポーツで例えるなら
重量挙げやレスリングの選手みたいな感じです。
(私が思うに...です。)



IMG_3204_convert_20121129045737.jpg

こちらは以前、うちに迷い込んできたヨーキー君で
私が飼い主の元まで抱えて連れて行ったワンコです。

ヨーキー君を抱っこした感じが
ずっしりと安定感があって
ゆきを抱っこした感じによく似ていたので
何も違和感がありませんでした。

でも後から考えてみたらこのヨーキー君も
ヨーキーにしては横に幅がすごくあって
ゆきと同じタイプの体型のワンコだと思いました。
(犬種が全然違いますが。)

ゆきがどれくらいしっかりしたボディをしているかというと...



Enthusiastic Welcome

こちらの写真は日本でオフ会に参加した時のものです。

だっこされているビションがゆき、
ゆきを熱烈歓迎してくれているビションズのうち
左のより小さい方のビションがまだマルガリータだったコール君、
右のより大きい方のビションがいちぼ君です。

コール君といちぼ君の大きさの違いがわかると思います。

一番右のビションちゃんは
この記事では友情出演のティアラちゃんです。

ちなみに日本滞在中のゆきは
ゆきにとっての適正体重よりも
少し痩せ気味でした。



いちぼ君 vs ゆき

この写真ではゆき(左)といちぼ君(右、マリンルック)が
お相撲を取っているところです。

この時のゆきはボディに
4ミリバリカンをかけて3週間しか経っていなかったので
いちぼ君よりもコートが短いです。

コートの長さの違いを考えると
いちぼ君とゆきの胴回りがあまり変わらないと思います。

しかし、いちぼ君が前かがみ気味に
相撲を取っている理由は
ゆきと相撲を取るのにピッタリサイズのビション君は
いちぼ君ではなく...



なかよしこよし

実はコール君(ネックレス着用)だからなのでした。



相撲その2

左(ハーネス着用)がコール君、
右(カラー&まわし)がゆきです。

ゆきとコール君は胴の長さ、脚の長さ、その他のパーツの大きさが
よく似た感じでした。

ところがこの写真を見てもわかるように
ゆきの胴は太過ぎです。



相撲その1

ゆきの表情が真剣そのものです。

相撲を取る時のゆきの最大の武器は「安定感」です。


アメリカに帰ってきてからすぐにゆきをトリミングに連れていきましたが
トリマーさんに日本でのビション体験を話した際
ゆきを抱っこした感じと他のビションを抱っこした感じが
随分違ったと伝えました。

ゆきのトリマーさんもそれには同感でゆきのボディは
「コンパクトなんだけどとても詰まっていて重いひと塊の物のよう」
だと言ってました。

(トリマーさんはそんなゆきの摩訶不思議ボディを
 気に入ってくれているそうです。)

ゆきを抱っこした感じがどんな感じかと言いますと
漬物石を抱っこしたのを想像していただければよいと思います。

(私自身、漬物石を抱っこしたことはありませんが。)

(すごく重いですが)ゆきを片方の腕だけで抱えても
ゆきが一人で直立しながら抱っこされているような感じです。



鎮座#1

道理で、ゆきが鎮座するのが得意なハズでした。

飼い主に甘えたい時はいつも
こんな感じに鎮座し続けています。



鎮座#2

ゆきの最大の長所は
ゆきの摩訶不思議ボディがあるからこそ可能な
安定感のある鎮座
なのでした。


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ゆきが犬に噛まれました

今日は写真がほとんどない
長文の記事になります。

このことを記事にしようかどうか
ずっと考えてきました。

センセーショナルな記事を書くことによって
注目を浴びたいわけではないですし
ゆきが辛い思いをしたことを
ブログのネタにすべきではないとも思いました。

しかし、とても怖い思いをしたのにもかかわらず
ゆきがとても偉かったことを考えると
ゆきの成長記録・備忘録として
ブログに残しておくことにしました。


10月31日、ハロウィーンの日に
ゆきは自分よりも小さい小型犬に噛まれてしまいました。

実は今まで何度か噛まれたことはありましたが
今回は初めて血が出ました。

ドッグランならこういったことが起こりうると
覚悟しなければいけないと思いますが
今回、血を流すほどゆきが本気噛みをされたのは
ドッグランではなく
自宅近所を散歩している最中のことでした。

しかもとてもやりきれなかったことは...

私たちが散歩していたのは
私たちが住んでいるSubdivision (住宅街と訳しておきます)内の土地
つまり
このSubdivision に家を構えている住人が
共同で所有している土地の中にある歩道でした。

ところがゆきのことを噛んで傷を負わせた犬の飼い主は
私たちが住んでいるSubdivision の住人ではなく
よそ者でした。

ハッキリ言ってしまうと
この土地に関わりのないよそ者が
犬を散歩させるだけのためにわざわざ不法侵入してきたあげく
そのよそ者の飼い犬が
不法侵入した先でゆきを噛んできたのも同然なのです。

散歩中、他の犬とすれ違う時はいつも
犬の大小、犬種にかかわらず
リードを両手でしっかり持って
ゆきを私のすぐそばに引き寄せるだけでなく
歩道から少し外れて万が一の時に備えます。

しかし今回はあまりにも一瞬の出来事で
ゆきの体重の半分もないであろう小型犬が突然
唸りながらゆきの左耳に噛みついてきました。

ゆきが悲鳴を上げる中
私も気が動転してしまい
とにかくゆきから小型犬を引き離すことしか頭にありませんでした。

小型犬を引き離した直後
ゆきを地面に立たせたまま
両手でゆきの左耳を見ました。

耳の毛がごっそり抜けてしまったものの
耳を引きちぎられた様子はありませんでした。

ちょっとだけ話を交わした後
相手側は去っていきました。

ゆきは歩道に立ったまま
相手側が立ち去り見えなくなるまで
ずっと凝視していました。

ゆきは精神的にとても歩けるような状態ではなかったので
ゆきを抱っこして家に戻り始めました。

ゆきを抱きかかえて家まで歩いている途中
ゆきの左耳から血がぼとぼと出ているのに気づきました。

歩いてきた道を戻って相手に抗議し直しに行く云々よりも
一刻も早くゆきを獣医さんに見て貰うことしか思いつかず
重いゆきを抱きかかえて自宅に走って戻りました。

アメリカの動物病院のほとんどがそうだと思いますが
予約なしで診察してもらうことはできないので
かかり付けの動物病院に電話してみたところ
10分後の予約にOKしてもらえました。

私が動物病院に行く支度をしている最中
ゆきは舌を大きく出す(暑くてハアハアしているのとは違いました)
鼻を舐める...を
何度も何度も繰り返していました。

(後で調べたところ犬が舌を出すのも鼻を舐めるのも
 犬が自分自身を落ち着かせようとしている
 カーミングシグナルであると書いてありました。)

獣医さんに患部を診ていただいたところ
不幸中の幸いにも
ゆきの耳が引きちぎられるとか
耳に穴が開いたとかいったことはないので
心配する必要はないと言われました。

ゆきの体の傷はほぼ治りましたが
ゆきの心の傷はまだ完治とは言えないようです。

耳を噛まれてからの約1週間は
ゆきが私に対してとてもよそよそしくなりました。

それまでは夫よりも私にべったりのゆきでしたが
噛まれてからというもの
私と夫の立場が逆転してしまいました。

もしかしたら自分を守ってくれなかったことに対して
私への信頼が薄れてしまったのかもしれません。


ゆきは他の犬に攻撃されても
いつも攻撃されっぱなしです。

ゆきはあまりにも優しくて、温厚で、平和主義者で
飼い主の私の方が歯がゆい思いをすることがよくあります。

相手の犬に吠えられたら、吠え返すとか
ガウられたら、ガウり返すぐらいのことをしたらどうなのって
思うこともありますが
それは理想的なビションの姿、ビションらしい性質とは
相反することになっちゃいますしね。

今回、散歩中に
噛まれて、痛くて、怖い思いをしたゆきですが
相手の犬に反撃するといったことをしなくても
ビションフリーゼとしての威厳とプライドを
相手側に見せつけたんですよ。

ゆきを噛んだ犬と飼い主が去るのを
ゆきはずっと凝視していましたが
その時ゆきは尻尾を下げることもなく
また
威嚇するように尻尾を上げる(直立させる)こともありませんでした

(ちなみに今まで一度もゆきの尻尾が直立しているのを見たことがありません。)

そのかわりに...

以前、ゆきにフリーステイの訓練をしたわけでもないのに
まるでショードッグのようなポージングを
しょっちゅうしているとブログに書きました。

そして今回、痛くて怖い思いをしながら相手の犬を凝視している最中でさえも
ゆきは頭をすっと上げ
後ろ両足を少し後ろに引き
尻尾を背中に背負って
威風堂々と立っていたのです。

これって数十年に渡るショードッグの血が
ゆきのDNA に組み込まれている証拠なのかとも思いました。

それか
もしかしたらゆきは相手の犬から私のことを守るために
威風堂々と立ちはだかっていただけなのかもしれません。

ゆきの心の傷が完全に癒えていない兆候が
時折見られることがありますが
ゆきと二人三脚で
ゆきの心のリハビリを続けていきたいと思います。



Nov. 21, 2012

僕はこれからも頑張り続けるのだ~


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

さようなら、マルガリータ!!!

今日もゆきに会いに来てくださり
ありがとうございます



Oct. 30, 2012 #1

まずは先日のトリミングのアフターの写真から。

トリミング後にはいつもご褒美として
新しいおもちゃをゆきにあげます。

この日は記念すべきトリミングだったので
トリミング後のご褒美もいつもより特別でした。

北海道でコッカプーの女の子と暮らしていらっしゃるブロ友さんから
以前沢山のプレゼントをいただいていたのですが
(日本製のビショングッズまで送っていただいちゃいました)
もったいなくて大事にとっておいたおもちゃのうち...



Oct. 30, 2012 #2

金魚ちゃんを与えました。



Oct. 30, 2012 #3

たまごちゃんの金魚版のようなおもちゃで
優しい感じのプピプピ音がとても気に入ったのか
ずっとカミカミしていました。

そして...



Oct. 30, 2012 #4

金魚ちゃんと一緒に送っていただいた
北海道産のサーモンチップスです。



Oct. 30, 2012 #5

サーモンが大好きなので真剣そのものです。

瞬く間のうちにペロッと食べてしまいました。

次に皮付きの部分を与えましたが...



Oct. 30, 2012 #6

ベッドの角に置いたサーモンに
全く興味のないふりをします。

実はゆきに「マテ」をさせたのですが
サーモンを見ると食べたくなっちゃうので
「マテ」の間はサーモンを見ないようにしているのです



Oct. 30, 2012 #7

ゆきの手にサーモンを載せましたが
食べたいのをぐっとこらえて
サーモンから顔を背けて
「よし」の号令を待っています。



Oct. 30, 2012 #8

サーモンを茶色のマットに移動させたところ
ゆきも移動しました。



Oct. 30, 2012 #9

サーモンにこれ以上近づくと我慢できないので
遠くからガン見します。

これ以上待たせたり、サーモンを移動させたりして
ゆきがやさぐれるといけないので
「食べてもいいよ」の号令をかけた途端...



Oct. 30, 2012 #10

無我夢中でサーモンを食べ始めました。

ゆきは「つう」なので
皮から食べ始めます



Oct. 30, 2012 #11

ゆき、大満足です。

(ゆきの大好物がサーモンだったことを覚えていてくださってありがとうデス


さて、今回のトリミングがどうして特別だったのかというと...

去年の10月にゆきをマルガリータにして以来
大体1ヶ月おきに
丸刈りにしてきました。

8月下旬に尻尾以外の全身に4ミリバリカンをかけてもらいました。

9月のトリミングでは全身を揃える程度にカットしてもらいました。

今までのペースでいくと10月もバリカンをかけることになるのですが
今回も揃える程度に全身をカットしてもらっただけでした。

なぜなら8月の丸刈りを最後に
マルガリータにさようならしたからなのです。

トリミングサロンから家に戻ってきて
マズルの毛がピョンと立っているのに気付きました。

鬱陶しいので自分でカットしたいところですが
マズルの毛も伸ばし始めたので
ぐっと我慢しました。



Oct. 30, 2012 #12

1年前ゆきをマルガリータにしてから
ゆきから色々なことを学びました。

1年前のゆきのマルガリータ姿を記事にした時
新しいゆきの姿を不快に思った人たちもいました。

しかし、私にとってゆきは家族ですから
ゆきのマルガリータ姿を可愛いと思いましたし
お世辞とか社交辞令ではなくゆきのマルガリータ姿が可愛いと
心から思って下さる方たちもいらっしゃいました。

ゆきを丸刈りにした時はちょっぴり悲しく思いましたが
それはゆきのことを可愛くないと思ったからではなく
それまでのゆきの姿にさよならをしなければいけなかったからでした。

その証拠に
現在はゆきのパピーカット姿がとても気に入っているので
長いことゆきのコートを伸ばし始めるのを延期し続けてしまいました。

また、私はゆきの生まれ持った体型をとても気に入っているので
ロングコートでゆきの体型を隠したくないと思うぐらいです。
(完全に親バカですね。)



Oct. 30, 2012 #13

ゆきは思いやりと優しさと命の尊さと
外見に囚われることの虚しさを教えてくれました

もしゆきの外見にばかりに囚われていたら
ゆき自身の幸せや健康は二の次になっていたかもしれません



Oct. 30, 2012 #14

1年近くゆきのコートのお手入れをすることはほとんどありませんでした。
(尻尾は1週間に2回ぐらい梳かして、週1回は自宅でもシャンプーしましたが。)

私はビション飼いの初心者どころか犬飼いの初心者なので
超不器用な私の下手なお手入れで
ゆきのコートをダメにすることもなく
かえってよかったのかもしれません

これからはゆきのコートのお手入れに励むわけですが
(フルコートの)ビションにとって命であるアンダーコートを
大切に大切にしていきたいと思います



Oct. 30, 2012 #15

ゆきのコートが柔らかいのか それとも 柔らかくないとかいったことで
長いこと悩み続けましたが
ある方から「ある事実」を知らされた時
それまで悩んでいたことが馬鹿げていたことがわかりました。

(その「ある事実」が何かを書いたら物議をかもし出しかねないので
 ブログには書かないことにしておきます。)



Oct. 30, 2012 #16

ゆきをマルガリータにしたことに後悔はありませんし
また、いつか将来ゆきをパピーカットにするという
楽しみもできました。
(ゆきの幼い顔立ちとゆき独特の幼児体型のようなボディには
 パピーカットがよく似合うと思います。)

また、1年前のマルガリータ姿のお披露目の記事がきっかけとなって
私にとって「ゆきの第二の母」のような存在の方に巡り合うことができましたし
(万が一私達飼い主に何かがあった場合、ゆきのことをお願いしたいと思うような方
 つまり、英語でいうところの Godmother のような存在です)
その後、私にとって「ゆきの第三の母」のような存在の方とも
知り合うことができました。



Oct. 30, 2012 #17

この1年間のゆきの外見は
日本のビションの飼い主さんの大多数にとって
「ビションらしからぬ姿」でありました。

それにもかかわらず
多くの方がこのブログを訪問してくださったことに
感謝しています。



Oct. 30, 2012 #18

これから当分の間はゆきのコートを伸ばすことになりますが
コートが長かろうと短かろうと
誰よりも人懐っこくて、フレンドリーで、愛情深くて、甘えん坊で、
でも
繊細過ぎるところが玉にキズのうちのゆきは
私にとってはビションの中のビションなのでした
(またまた親バカです。)



Oct. 30, 2012 #19

僕は一粒で何度でも美味しい
笑う犬ビションフリーゼのゆきなのだ~



応援ポチがブログ更新の励みになります
応援して下さる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ゆきの父犬の写真を使って作りました o(^o^)o

今日もゆきに会いに来てくださり
ありがとうございます


私たちは1年前に iPhone 4S をゲットし
その直後に iPhone のケースを作りました。

iPhone ケースをさっさと使い始めれば良いものを
勿体無くてまだ使い始めることができていません

しかし 先日 iPhone 5 も登場し
新し物好きの夫のことですから
iPhone 4S の契約が終了した後は
すぐにでも最新の iPhone に買い替える可能性大です。

ですから 折角 1 年前に作った iPhone ケースを
ほとんど使わずに終わってしまうことにもなりかねません

そこで今日から iPhone ケースを使い始めることにしました

勿体無くて使えなかった理由は
ゆきの父犬の写真を使って
iPhone ケースを作ったからでした。

こちらがゆきのお父さんの写真を使って作った
大切な大切な iPhone ケースです















iPhone Case

ゆきのお父さんはメチャクチャ可愛いのと同時に
と~ってもカッコイイのです

「カワカッコイイ」です

(身内のことを誉めてしまってスミマセン

この写真ではゆきのお父さんをハンドリングをしている方の
足が入ってしまっていますが
私にとってはそこがミソなのです。

なぜならこちらの男性がいらっしゃらなかったら
ゆきはこの世に生まれてくることがなかったからなのです

ゆきのブリーダーさん同様
こちらの男性にも
感謝の気持ちで一杯です


ゆきの尻尾もお父さんの尻尾も
同じ方向に背負うので
嬉しくなってしまいました

(ん?! それとも全部のビションが左の方に背負うのかしら???)

ゆきは時々 ゆきの母犬そっくりに見えることがあり
そんな時は私のハートにズキュン
私もメロメロになってしまいます

しかし 以前 ゆきがドッグパークで
ぼ~っとしている時の写真を撮りましたが
そのゆきの顔がゆきのお父さんにソックリでした



Free Stay

パピーカットのゆきと
フルコートのゆきのお父さんを比べるのは難しいですが
目元から鼻にかけての辺りがとてもよく似ています

今はパピーカットのゆきですが
将来はゆきのお父さんと同じスタイルを目指すつもりです

とても楽しみです

一応 今朝撮ったゆきの写真も載せておきます。



Yuki on Oct. 3

飼い主にかまってもらえず
いじけ虫になっているゆきでありました


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。