笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ゆきのため(&私のため)に日本で爆買いしたもの。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。



#1.Dec. 7, 2016

珍しくゆきが写真撮影に協力的に見えますが
私が「フィッシュ、フィッシュ」と
言っていたからなのであります。

犬も人間も
歯科衛生が世界一の国
アメリカ。

歯が命のアメリカでは
人間の「歯科検診+歯石取り」は
6ケ月ごとにするのが
一般的です。

日本人からしたら
ちょっとビックリかもしれませんが

ケチ...というか
出し惜しみ(カバー惜しみ?!)をする
アメリカの保険会社でさえ

6ケ月ごとの「歯科検診+歯石取り」を
全額カバーしてくれるぐらいなので

6ケ月ごとの「歯科検診+歯石取り」は
アメリカでは必要なことだと見なされているのではないかと思います。

それでも、アメリカの保険会社は
やはり、出し惜しみするなぁと思うのは

もし、5ヶ月と29日で
「歯科検診+歯石取り」に行こうものなら
歯科検診の部分だったら
保険会社がある程度までは、負担してくれるものの

5ケ月と29日で
「歯石取り」をしようものなら
患者の全額負担になります。

アメリカでの歯石取り料金は
100ドルとまではいかないとしても
80ドルとか、結構な
料金が掛かります。

(大都会のど真ん中にあるような歯科医院なら
 100ドルを超えてしまうかもしれませんが。)


アメリカの歯医者さんでは
「歯科検診+歯石取り」」をするたびに

歯ブラシ、歯磨ペースト、デンタルフロス、マウスウォッシュを
お土産によこします。

この州に引っ越してからは
夫も私もすでに2回
「歯科検診+歯石取り」」をしましたが
掛かりつけの歯医者さんでよこしてきた歯ブラシが
これ。



#2.Dec. 7, 2016

夫も私も
好きなタイプの歯ブラシではないので
どんどんたまっていきます。

夫も私も
ブラシの先が真っ直ぐな
昔ながらのシンプルな歯ブラシが好きなのですが
例えば、これらの歯ブラシのヘッドが...



#3.Dec. 7, 2016

これです。

決して、安い歯ブラシではないと思うのですが
(むしろ、歯ブラシの中でも高い方なのでは?)

あまりにもブラシの部分が複雑すぎて
使ってみようという気になれません。

私がアメリカに引っ越してきた25年前だったら
シンプルな歯ブラシが豊富に売られていたのですが

年々、アメリカの歯ブラシが「過激」なデザインに
なってきていて

普通の歯ブラシを見つけることが
本当に難しくなってきています。

...というわけで
私が日本に帰る度に
日本で爆買いしてくるものといったら...



#4.Dec. 7, 2016

日本の歯ブラシです。

ゆきにも
ヘッドが小さくて、毛が軟らかい
人間用の歯ブラシを使っているので

ゆきの分も合わせて
歯ブラシの爆買いをします。

今回はゆきの分と私の分も合わせて
合計35本、買ってきました

クレージーと思われるかもしれませんが
それだけアメリカでの
歯ブラシ探しに苦労しています



#5.Dec. 7, 2016

「歯磨き大好き」というわけではないので
なんとも迷惑そうな顔をしているゆき

写真撮影に協力的なのは、もちろん
私が「フィッシュ、フィッシュ」と言っているからです

もちろん、写真撮影に協力してくれたご褒美に
「フィッシュ」をあげましたよ


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。