笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

大好きなビションちゃん

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

一昨日行ったドッグランでは
ゆきが大好きな子に久しぶりに会えました。



#1.Oct. 4, 2016

ゆきと一緒にいるのは
9歳のビションの男の子、ファーリー君。

ゆきはペットとして飼われているビションに比べると
足が長めってこともあって
ファーリー君よりも、ふた回りほどサイズが大きく見えます。

ゆきと一緒にいると、しょっちゅう
「以前、ビションを飼ってたのよ」 とか
「私の家族がビションを飼っている」 とか、言われるのですが
実際にはなかなか、遭遇できないビションズ。

(ちなみに、我が家の斜め前の家族もビションを飼ってますが
 まだ、ほんの数回しか会えていません。)

実際に、ビションに出会えたところで
ゆきは純血のビションよりも
ビションミックスや
プードルミックスの方が好きで
「ビションはビションが一番好き」という
一部のビションの飼い主さんの固定観念を打ち砕くのが
うちのビションであります。

そんな状況の中
こちらのファーリー君は
私にとって、とても貴重な存在。

なぜなら、ゆきはファーリー君のことが大好き、そして
ファーリー君もゆきが大好きで

どちらか一方がしつこくすることもなくて
2人が仲睦まじく楽しそうに一緒に居る姿は
私もファーリー君の飼い主さんも
何時間でも見ていたいって感じです。



#2.Oct. 4, 2016

ファーリー君は
ゆきと相思相愛のビションちゃんなので
私にとっても、特別な存在ってこともあるのですが...。

ファーリー君の目とゆきの目は
もう、瓜二つって感じにそっくりなのです。

日本のビションは同じ血を引く犬が
急激に増えたせいで、親戚同士のビションが多いからなのか
(↑アメリカに比べたら)
アメリカに住んでいる私からすると
日本のビションは似ている子がとても多いように見えるのですがっ

アメリカのビションのお顔は
個体によって全然違うので
ゆきに似ているビションに遭遇したことがありませんでした。

そんな中
ファーリー君のお目目と
ゆきのお目目はそっくりで
ファーリー君に会うたびに
うちに連れて帰りたくなっちゃいます。

それにしても、ファーリー君を見つめるゆきが
本当に幸せそうなこと

ゆきは大好きなワンちゃんといる時って
お口からはみ出さない程度に
舌をちょろっとさせます。

この日、ファーリー君に会うまでは
暑さのせいでゆきの舌がもっと長く出ていたのですが
ファーリー君がドッグランに到着してからは
ゆきの舌が「舌チョロ」程度に引っ込みました

で、ファーリー君とバイバイした後は
ゆきの舌が再び、ベロンと長く伸びていたのでありました



応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。