笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

そんな獣医だったら、要らない。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

今日の記事は
一昨日の記事の続きです。

一昨日の記事は
私だったら、どういった病院を選ぶかについてでしたが
今日の記事は
私だったら、どういった獣医さんを選ぶかについてです。



#3.Aug. 10, 2016

ゆきがゆきの犬生の中で
マックスの体重に到達してしまった時
本当は、ゆきの理想体重がいくらであるかを
その当時の獣医さんに指摘されました。

犬の体重の許容範囲は
人間のそれに比べると、とても厳しく

犬の場合、理想体重の10%を超えた段階で
すでに、「体重過多(太っている)」
そして、理想体重の15%を超えた時点で
「肥満」である
とも言われています。

ゆきがマックスの体重に到達した時でも
ダメ飼い主の私にはあまり自覚がなかったのですが
その時の体重は
獣医さんに指摘されたゆきの理想体重よりも
11.5%も多かったです。

(以前の記事でも書きましたが
 獣医さんに言われたゆきの理想体重は
 ゆきが生後12ヶ月の頃の体重と一致していました。)

平均的なビションの体重は
男の子で約6キロ、女の子で約5キロとされていますが

理想体重が6キロの犬が10%オーバーした場合の体重(=体重過多)は
6.6キロ
15%オーバーした場合の体重(=肥満)は
6.9キロ となります。

理想体重が5キロの犬が10%オーバーした場合の体重(=体重過多)は
5.5キロ
15%オーバーした場合の体重(=肥満)は
5.75キロ となります。

おやつのあげ過ぎがちょっと続いただけで
うっかり、超えてしまうような体重です。

(↑ こう思うのは私だけ?!)

獣医さんには
「普通ね、あばら骨の上を触っただけで
 あばら骨があるのが簡単にわかるんだけどね...
 ゆき君の場合...
 プッ!!! (≧m≦)
 指でギュッと押さないと
 あばら骨がわからないですよ~」

(獣医さんは、本当に、「プッ!!!」と吹き出してました

で、ダメダメな私は
「でも、ここなら、あばら骨がすぐにわかりますよ!」と
肋骨でも地面に近い部分を触ったところ

「背骨に近い部分のあばら骨じゃなきゃ、ダメですよ」
と、獣医さんに笑われてしまいました。

ブログではゆきのことを自虐的に
「おデブちゃん」扱いしていましたが
ゆきが正真正銘のおデブちゃんであることを
獣医さんに指摘されてしまいました

「散歩も毎日、2時間近くしているし
 ドッグフードもメーカーが推奨する量の
 60%ぐらいしかあげてないし...」
と、私が言ったところ

「それで、この体重だったら
 ゆき君にとってはあげ過ぎってことですよ」
と、獣医さんに言われてしまい

「おやつも、あまりあげてないですし...」
と、私が言ったところ

「おやつなんて、あげている場合じゃないですよ~!」
と、獣医さんに、きつい一言を言われちゃいました

ホント、その通りなんですよね

ダイエットをさせなきゃいけない犬に
おやつなんてあげてる場合じゃないんですよね


あの時は、獣医さんに言われた理想体重
(=ゆきの生後12ヶ月の頃の体重と一致していました)まで、減量できるとは
到底、想像もつきませんでしたが

獣医さんに
プッと笑われ
ダメ飼い主っぷりを自覚させられなかったら

ゆきを、一生、体重過多から脱出させることもなく
関節から内臓にいたるまで
ゆきの全身に負担を掛けさせることになっていたかもしれません。

動物病院だって
ボランティアじゃなくて
客商売だから

飼い主が聞きたくないことを
言わないでおく獣医さんもいると思います。

日本もアメリカも
これだけ沢山、動物病院がありますから
お客さん確保も大変だと思います。

でも、あの獣医さんは、ホント
「来る者は拒まず、去る者は追わず」って感じに
ズケズケ言ってくる先生で
私もカチンとくることがありましたが
今から考えると、ラッキーだったと思います

もう2度と、ゆきを太らせるようなことはないつもりですが
もし、将来、引っ越しして
新しい獣医さんにお世話になるようなことになった場合

「Winkleさ~ん、犬はちょっとポッチャリしているぐらいの方が
 可愛いですから~」なんて
飼い主にとって都合の良いことを言うような
いい加減な獣医にあたってしまったら

動物病院ジプシーを避けたい私でも
別の病院を探すと思います


おまけ。



#1.Aug. 10, 2016

今日は朝ん歩の後
半身シャンプーをして
前足の爪を切りました。

(写真は、ドライング前に撮りました。)

ゆきが真っ直ぐカメラの方を向いてくれたのは...



#2.Aug. 10, 2016

私が、ご褒美のチェダーチーズ(人間用)を
持っていたからでした。

ダイエットのことを例としてあげて
記事を書いたばかりなのに
チーズをあげるのもなんですが

理想体重をキープできているし
爪切り(=ゆきが最も苦手としていること)を頑張ったので
チーズをちょっぴりあげちゃった


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。