笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ゆきの日本帰国に向けて、フードを変えました。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

今日のゆきの写真は
昨日、撮ったものです。

マズルの毛がちょろんとしてて
スギちゃんの前髪のようです



#1.Aug. 9, 2016

ゆきの健康面のことで
慌ただしくしていた今日この頃。

あれよあれよと言う間に
ゆきと一緒に日本に帰る日を
いつにするか決定しなければいけない
時期になってしまいました

7月3日に出血性胃腸炎になり
入院後、瞬く間に快復を遂げたゆきでしたが

お友達のお家にお邪魔した際
そのお宅のワンちゃんの食べ残したフードを
盗み食いしたことが(多分)原因で
出血性胃腸炎の時とは全く違うタイプの
嘔吐&1週間以上の下痢に
なってしまったゆき。

(この時の嘔吐は一度きりで済みました

獣医さんに処方食をあげるように言われ
ヒルズの i/d(低脂肪)を食べ始めたら
お腹の調子も絶好調になりました。

昨日の朝食まで
ヒルズ i/d(低脂肪)のウェットフードをあげてきましたが
ゆきの日本帰国のことを考えると
(つまり、旅行中にあげることを考えると)
ウェットフードよりもカリカリフードの方が便利

あと、歯のことも考えるとね

...ってことで...



#2.Aug. 9, 2016

昨日、動物病院に行って
ヒルズ i/d(低脂肪)のカリカリを買ってきました

(アメリカでは、このタイプのフードは、獣医師の処方箋がないと買えません。)

ゆきがいつも食べているフードは
日本では、ほぼ誰も、知らないメーカーなのですが
(アメリカでも、ほぼ誰も、知らないメーカーですが

ラッキーなことに
そのメーカーのフードも
日本で細々と(すっごく細々と)売られているので
日本に帰ってからは、そちらのフードを日本で注文してもいいのですが。

ただ、そのフードだと超高タンパク+やや高脂質のフード。

今、ゆきが食べ慣れ始めた処方食は
低タンパク+低脂質のフードなのです。

ですから、日本に帰ってから、いきなりあげ始めるのは
食べ慣れているとはいえ
全く違うタイプのフードなので
お腹を壊しても大変ですし。

幸い、日本でも、ヒルズ i/d(低脂肪)が売られているので
日本滞在が終わるまでは
処方食をあげようかなと思っています。

ちなみに、ヒルズ(ロイヤルカナンも)の処方食は
アメリカでは、超プレミアムフードに近いお値段なのですがっ

日本でのヒルズの処方食の価格設定は
とても良心的で
アメリカでの値段の
たった1.5倍程度なので
まあ、ありがたいです。

フードのメーカーによって
日本での価格設定も大分、違ってくるけど
アメリカのフードは日本では
約2倍の値段で売られています。

(シャンプーのように液体とまではいかないけど
 フードも重いので仕方がないと思います

しか~し

オリジン、アカナの場合
日本での価格設定がとても強気で
アメリカでのオリジン、アカナの値段と比べると
日本ではだいたい2.5倍の値段がついています

...ってか、オリジン、アカナはカナダ産のフードなので
アメリカでも「輸入品」なんですけどね



#3.Aug. 9, 2016

昨日、買ってきたフードの前で
ペロリンチョせずにはいられないゆき

実を言うと
獣医さんには「ヒルズ i/d」をあげてくださいと言われたものの
「ヒルズ i/d(低脂肪)」をあげてくださいとは言われてないのであります。

低脂肪の方は膵炎などに罹った犬用の処方食なのですが
原料をじっくり比べて
こっち(低脂肪)に、しちゃいました

珍しく、少なくとも今のところは
ゆきも気に入っているみたいなので
まあ、いいかっ


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村]

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。