笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

残念なゆきの経過。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

7月3日に出血性胃腸炎だと
救急病院にて診断を受けたものの
24時間の入院の後
とても順調に快復を続け

普段食べているカリカリフードに
あと一歩のところで
完全に移行できるぐらい
絶好調のゆきでした。

(↑ウンチがね




#3.Jul. 26, 2016


しかし、既にブログにも書きましたが
その後、お友達のお宅を訪問した際
そのお宅のワンちゃんの食べ残しのカリカリフードを
盗み食いしたことが原因で
今までに見たこともない不思議な色の下痢をしてしまったゆき

盗み食いが原因の下痢からも
すぐに快復してくれていると思ったのは
残念ながら私の思い違いでありました。

結局、盗み食い事件以来
ウンチの状態が良くないゆき

今までは
某食材2つを除けば
私が何をあげてもお腹を壊したことがないほどの
強靭な消化器を持ち合わせているゆきなのに。

「下痢」とまではいかないけど
「Soft」と表現するよりも
もっと軟らかいウンチなのです。

英語で言ったら「Loose」なウンチと表現されるべきの
軟便なのです。

排便の回数も1日に2回ほどで
散歩に連れていくと
出たり出なかったりだけど
出ると必ず「Loose」なウンチなのであります。

で、結局、また、掛かりつけの病院に連れていき
獣医さんに食べるように指示されたのが
これ。



#2.Jul. 26, 2016

ヒルズの療法食のi/dというフードです。
(↑「Bland Diet」として使える療法食です。)

ゆきの掛かりつけの動物病院は
ヒルズ、アイムス、ロイヤルカナンの3つのメーカーの療法食を扱っていますが
どのメーカーも小麦タンパク(グルテン)、コーン・グルテンがたくさん入っていて...

でも、また、一からBland Diet をやり直すにしても
チキン&ライスのみの食事療法を続けていたら
ゆきが栄養失調になっちゃうし。

...というわけで
現在、ヒルズのi/dの缶詰フードの方を食べさせています。

(写真の左のパッケージのフードは
 サンプルとしてもらったカリカリを
 おやつ替わりとしてあげています。)

出血性胃腸炎は防ぎようがなかったので
Winkle さんは、御自分を責める必要はないですよ...と
獣医さんに言われたものの

今回は、お友達ワンちゃんのフードを盗み食いしているゆきを
一刻も早く止めなかった私の責任なのよね

退院祝いのディナーをゆきに食べさせてあげられるのは
もうちょっと先になりそうです

ゆき、ごめんよ~


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村]

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。