笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

残念な食事療法

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

ゆきが退院した時の
食事に関しての指示は

鶏肉 または
七面鳥肉 または
牛肉 のうちのどれか1種類

プラス

お米 または
茹でたジャガイモ のうちのどれか1種類

を選び

一日に与える合計の量が
肉が1/3カップ(アメリカの1カップ=約240cc)
炭水化物が2/3カップ
に、なるようにとのことでした。

所謂、Bland Diet です。

Bland とは、「面白味のない、味気のない」という意味で
日本語でBland diet は、「無刺激食」と出ていました。

つまり、消化がし易い淡泊な食事ってことです。

退院後、3、4日の間は下痢が続くことが予想されるので
下痢が収まったら普通の食事に戻しても良いと指示されました。

ところが、下痢が3、4日も続くどころか
入院中の夜中に下痢を1度だけしたそうですが
それ以来、一度も、下痢をしていないのです

なので、食事療法の切り替えをいつにすればよいのか
わからなかったので
掛かりつけの動物病院の先生のOKが出るまで待とうと思い
ビーフ&ライス と チキン&ライス を
一日交替で与えました。

しかし、ゆきの便に白い粘膜(=大腸の炎症)が少し付着していることを伝えたら
もう少し、Bland diet を続けてくださいと、掛かりつけの獣医さんに言われました。

そして、チキン&ライス または 七面鳥&ライスで
一日にお肉を1/3カップ、ご飯を2/3カップ、与えてとのこと。



#2.Ju. 12, 2016

...というわけで、毎日、チキン&ライスの食事が続いています

まず、なんと言っても
お肉の量が少ないのですよね

ゆきにあげるカリカリの原料の70%が肉・魚なのを真似して
手作り食も、それに近い比率になるように作っているので
肉食獣のゆきには
物足りないんだろうな。

それと...

通常の手作り食では
ゆき(...というか、どの小型犬も)に与えられる量はとても少ないですから
少しでも美味しいものを食べさせてあげたいと思い
ゆきに鶏肉をあげることは、滅多にないのです。

日本の物に比べて、アメリカは牛肉も豚肉も美味しくないのですが
牛肉、豚肉以上に、アメリカの鶏肉(特に鶏モモ肉)は美味しくないのですぅ。
七面鳥も同じです。

(安かろう、不味かろう...?)

日本の鶏肉が大好きなアメリカ在住の日本人のお友達は
「日本に帰ったら、鶏肉を沢山食べるけど
 アメリカでは鶏モモ肉(アメリカのは臭みが強過ぎる)は絶対、食べない」って
宣言しているぐらいなのですぅ。



#1.Jul. 12, 2016

私があげる物は何でも喜んで食べるゆきですが
鶏肉の食事の時のテンションは
牛肉やお魚の食事の時に比べると
低いのがわかります

...と言っても
退院してからは
おやつ一切なしの食生活を余儀なくされていますから
(そして、食事の量も少ないですから)
チキン&ライスもがっついて食べてくれています。

牛肉やお魚も食べたいよね~

私もゆきに、牛肉やお魚を食べさせてあげたいよ~

あと、もうちょっとで、食事療法も卒業。

...と書きつつも
栄養のバランスが取れていない期間が続いたので
食事療法の終了後、暫くは
カリカリをメインにしようと思ってます

おやつをちょっとあげるから、OKだよね、ゆきちゃん!

あ~、それにしても
日本で焼き鳥がたべたいよ~


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村]

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。