笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ゆき、病院へ行く。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

まずは、ブログのメールフォームを使って
応援メッセージを送ってくださった皆さまへ。

なぜか、皆さまのメッセージが
スパムに振り分けられていたことに
今朝、気付きました

お礼のメッセージを
今日中に送ろうと思いますので
突然の私からのパソコンメールに
ビックリなさらないでください

さて、本題です。

ゆきの出血性胃腸炎からの快復を診てもらいに
一昨日、土曜日に
掛かりつけの動物病院に行ってきました。



#2.Jul. 11, 2016

いかにも病み上がりって感じに
ボサボサのゆきですが
ゆきがボサボサなのは
いつものことです



#1.Jul. 11, 2016

看護師さんの前ではいつものように
うねうね・くねくね、8の字を描きながら
喜びの舞を披露したゆきですが

いつにも増して
嬉ションがひどかったです

一応、嬉ション対策として
病院に連れて行く直前に
1時間以上、散歩をして
膀胱を空っぽにさせてきたというのに

成犬になってからは
飼い主に対して嬉ションをすることはなくなったのですが
よその人に対しては
多分、おじいちゃんになっても
嬉ションをし続けるのだと思います。

何歳になっても
人を愛し続けて、人を信じ続ける純粋な子に
育ってくれて
ありがとうね



#3.Jul. 11, 2016

ゆきの嬉ションを掃除し始めた私の姿を見て
悪いことをしてしまったと勘違いして
隅っこの方に、身を潜めるゆき。

ゆきは何も悪いことをしていないのに。



#4.Jul. 11, 2016

ゆきは、とても繊細な子なので
ゆきを迎えた日から、一度も
ゆきのことを
叱ったことも、怒ったことも
ありません。



#5.Jul. 11, 2016

こんどは看護師さんに
静かに甘えるゆき。

こんなにフレンドリーなワンコは
見たことがないって
看護師さんに褒めてもらって
よかったね

さて、ゆきのその後の経過ですが
具合が悪くなったのは、もう、大昔のことのように
元気いっぱいのゆきですが

ウンチにちょっぴりだけ
白い粘膜(mucus)が
ついていることがあるので
ゆきのウンチを毎日
しっかりと観察し続けていこうと思います。



#6.Jul. 11, 2016

お尻の穴で検温されている最中
変顔をしているゆき。

なんてったって、お尻の穴は
ゆきの最大の弱点だものね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村]

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。