笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

フィラリア予防もノミ予防も必要ないなんて!

私たちが今住んでいる州に引越して間もない頃
フィラリア予防の薬の処方箋を書いてもらいに
動物病院に行きました。



256_convert_20110830043030.jpg

こちらの動物病院は
犬の飼い主専用の待合室と
猫の飼い主専用の待合室が
ちゃんと分かれてます。

こちらが犬専用の入口で...



257_convert_20110830043126.jpg

こちらが猫専用の入口です。

世の中には犬アレルギーの人もいれば
猫アレルギーの人もいます。

だからこうやって
犬を連れてくる人と猫を連れてくる人の
待合室が別々になってるのは
すごく理にかなったことだと思います。

それとも日本だとごく当たり前のことなのかな?



086_convert_20110830043415.jpg

こちらは犬連れの人のための
待合室です。

日本でも同じかと思いますが
アメリカではノミ駆除薬は処方箋なしでも買えますが
フィラリア予防薬は獣医の処方箋なしでは買えません。

ですからフィラリア予防薬の処方箋を書いてもらうために
動物病院に行きました。

ところが獣医に言われたのが
「この町ではフィラリアの予防薬を飲む必要はない」でした。
私たちはアメリカ西部の某州の東側に住んでいるのですが
この州の東側半分には蚊が全くいないので
フィラリア予防薬を飲む必要が無く
実際 この動物病院の患者(犬)の半分は
フィラリア予防の薬を飲んでいないそうです。

そしてついでに
この州の東半分にはノミも全くいないので
ノミの駆除薬をつける必要もないとのことでした。

つまり
私たちが住んでいる地域はとても寒いので
蚊もノミも生存できないそうなんです。


庭の草取りをよくするのですが 
その時も確かに虫があまりいません。
時々 テントウムシを見るくらいで
虫が苦手な私が 「ヒェ~!」と叫んだことは
今のところありません。

蚊もノミも存在しない地域ですが
マダニは少しいるので
マダニ対策はして下さいと言われました。



177_convert_20110830043232.jpg

でもゆきってこういう草むらとかが
大好きなんです。ハァ~。
この写真もこの記事のために
ヤラセで撮ったわけじゃなくて
ゆき自身が自ら入っちゃうんです。

だから獣医に必要ないと言われても
ノミや他の寄生虫対策をした方がいいかなと思うし
ゆきを連れて全く旅行に行かないというわけにもいかないので
結局はフィラリア予防薬もノミ対策の薬も
ゆきに与えてます。



179_convert_20110830043307.jpg

ところでこれは雑草に向かって
足上げちっちをするゆきの姿です。

ちなみにゆきは 100%
右足派です。



007_convert_20110830043716.jpg

これがゆきが使ってるノミ対策の塗り薬で
バイエル薬品が製造している
K9 Advantix II ( ケイナイン アドバンティックス II )という商品です。

同じくバイエル薬品が製造している
Advantix ( アドバンティックス ) という商品が
日本では “ フォートレオン ” という商品名で売られているようですが
アドバンティックス(=フォートレオン)の方が
駆除対象となる寄生虫の種類が少ないようですし
私の知る限りでは 現在アメリカでは販売されていません。

日本と同様にアメリカでもフロントライン・プラスの方が
ケイナイン アドバンティックス II よりも有名だと思います。
この2つの商品の一番大きな違いは
ケイナイン アドバンティックス II は
犬に既に寄生してしまったものを駆除するだけではなく
寄生虫を最初から寄せ付けない効果があるそうです。

たぶん アメリカで販売されている寄生虫の予防・駆除の薬で
最も強力なのが ケイナイン アドバンティックス II だと思います。

現在はゆきに強い薬を与えているわけですが
ここに引越してくる前は(日本の気候によく似たアメリカ南東部に住んでました)
獣医に ケイナイン アドバンティックス II は強いと反対され
フィラリア予防とノミ駆除が一緒になった内服薬を
なかば強引に そこの動物病院で買わされ
ゆきにそれを飲ませました。

ところが
ゆきの散歩デビューから一週間も経たないうちに
ゆきの体に虫がくっついているのを発見。
(散歩後には必ずゆきのコートをチェックしてて良かったです。)

その虫をそおっと取って
標本を作るみたいに
セロハンテープでサンドイッチにして
インターネットで見つけたノミの写真と比較したら...

ヤダ~! ノミじゃん!

(ちなみにその時住んでいた家の裏庭は森に面していて
 ノミがゆきにくっついた時も
 森の中のミニ・ハイキングコースを散歩させてました。)

確かにその時ゆきが飲んでいた フィラリア対策+ノミ対策の内服薬は
ノミが犬に寄生するのを防ぐものではありませんでしたが
こんなにも簡単にノミに遭遇するなんてショックでした。

その時のトラウマもあり 
ゆきにはちょっと強めの寄生虫予防・駆除の薬を使ってます。

でも一年中この薬を使う訳ではないし
春・夏・秋の間も
ゆきと旅行に行くか(つまりノミが生存できる地域にゆきを連れて行くか)どうかなどを考慮しながら
ゆきにこの薬をつけたり または この薬からお休みしたりを
決めていきたいと思います。



012_convert_20110830043744.jpg

これがゆきが飲んでいるフィラリア予防の薬の
インターセプター 所謂 ミルベマイシン です。
 
獣医に処方箋を書いてもらい
ネットで購入しました。

ケイナイン アドバンティックス II に反対した獣医は
処方箋を書くことを ものすご~く嫌がったので
仕方なくフィラリア予防の薬を高額で動物病院から購入しましたが
ゆきの新しい獣医は
処方箋を書くことを全く嫌がらなかったので(当たり前のことですが)
無事にインターセプター(ミルベマイシン)を
ネットで安価に そして勿論 
品質に何も問題なく
購入することができました。



015_convert_20110830043820.jpg

左がインターセプター(ミルベマイシン)
右がケイナイン アドバンティックス II です。



018_convert_20110830043902.jpg

これが ケイナイン アドバンティックス II の
一回分です。

猫には使えません。

幸いなことに今のところ
インターセプターにもケイナイン アドバンティックス II に対しても
副作用は出ていません。

前回の獣医は自分が売りたい薬を
私たちに押し付けてきましたが
少なくとも今回の獣医は
自分が売りたい薬を押し付けずに
処方箋を書いてくれるので安心しました。
(もちろん処方箋を書くことは診察料に含まれてます。)

購入した分がまだありますが
ゆきには何が一番ふさわしいかを自分でも もっとよく調べ
また獣医とも相談して
ゆきのフィラリア予防・ノミ&その他の寄生虫予防を
考えていきたいです。

最後に ゆきの...



003_convert_20110830043604.jpg

決め顔の一枚と...



042_convert_20110830043512.jpg

変顔の一枚です。

こっちの方が ゆきらしいです。



ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

18 Comments

ちこティママ says...""
え~そうなんですか~!!
犬と猫別々なんですか・・・
私たちの地域ではないですね~
普通に犬猫一緒です。

Winkleさんの地域、いいですね。
蚊もノミもいないなんて・・・
うらやましいです。
お客さんのワンちゃんでノミつけてきて
いちどに50匹とか捕獲したことも数回
ありますよ~。
ほんとかわいそうなので、何とか捕獲
しましたが・・・
そんな環境のなかティアラも一緒にいる
もちろんフロントラインは欠かせません。
いままでノミダニ付いたことはほとんど
なしです。

決め顔ゆきくんも変顔ゆきくんも超かわいい
です~!!
2011.08.30 09:55 | URL | #- [edit]
Winkle says..."ちこティママさんへ"
コメントありがとうございます。

やっぱり日本でも犬と猫の待合室が分かれているのはなかなかないのですかね?この動物病院は分かれているので待合室が狭いのですが 夫は猫アレルギーがあるので 涙目にならずに済みます。

この地域は虫自体があまりいないので都合のいいことが沢山ありますが(例えばシロアリの心配も要らない) その分 冬がとても厳しく ここに住んでいる人達は気候の話をしょっちゅうしてます。

50匹もノミをつけてトリミングにきたワンちゃんには驚きました。そんなお客さんだったら定期的にトリミングに来るような感じではないですよね。看板犬のちこちゃんにもティアラちゃんにも ノミがうつらなくて良かったですぅ。
2011.08.30 12:22 | URL | #ftr86F3A [edit]
あっくん says...""
犬と猫の専用出入り口あるとは、
理由を聞いてなるほど~っと思いました
配慮がされているなんて、すごいですね
でも、そういった病院は
近辺にあると聞いたことがないですね

Winkleさんは、
本当によく調べていらっしゃいますね (o◕ܫ◕)o→ܫ←)ゥンゥン
自分の無知さが恥ずかしいです ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!
あっくん調べてもすぐに忘れてしまうし キャァ━(艸◢Д◣il!)━ァァ!!

どこに行くか(ノミダニ生息地帯)、
誰に会うか(他のわんこからうつされる)
によって、予防をしていた方が安心ですよね ₀⁰(´u_u`)⁰₀
なかには、薬が合わない子がいたりもしますが、
うちは副作用も出ていないので、
フロントラインプラスを使用しています
殺虫剤と同じだという方もいますが、
病気になって苦しむより、
未然に防いで元気に過ごさせる方が
先決だと思っています (✿ฺ◡ฺ‿ฺ◡ฺ)人(◕ฺ‿ฺ◕ฺ❀ฺ)

お風呂でニカッと笑っているゆきくん
『あぁ~、気持ちよかっ』
って、言ってるみたいですね (๑రㅂర๑)ポッ❤
あっくんがお背中流しますよ~ ヾ(✿✪ฺ ∀✪ฺ)ノ
2011.08.30 12:55 | URL | #- [edit]
チル says...""
私の知る限り、猫用犬用に入り口が分かれている動物病院はお目にかかったことはないですよ!
猫ちゃんもワンコさんもみんな一緒の待合室で。
さすがペット先進国だわ!すっごい感動しちゃいました!
Winkleさん地方は涼しいんですねー。うらやましい。
ウチはフロントラインとミルベマイシンを使ってます。
フロントラインはいろんな話を聞くので怖いのですが、とりあえずウチは副作用は出てないから。
薬を変えるのも怖いし・・・。難しいですね。
ゆきくん 変顔も可愛いよー。^^
2011.08.30 15:46 | URL | #EvcEP1gY [edit]
ブーくん says...""
犬と猫が別の待合室なんてとても良いですね。
私は犬もそうですが、猫に強いアレルギーがるので動物病院に行くと
一人で重症化しています(笑)

ちなみにブーくんはフロントラインとカルドメックを使っています。
そんなに種類があるなんて知りませんでした。

最後のドロドロ足のユキちゃんカワイイです(^_-)-☆
2011.08.30 19:25 | URL | #- [edit]
シュガーママ says...""
こんばんは~
犬と猫の入口が違うの、日本では見た事ないです。
アレルギーと言えば、先日、猫カフェに行ってから
猫アレルギー発症してしまいました(>_<)
とってもショックですが、上手に付き合っていかないと
ダメみたいです。

蚊もノミがいない地域なんて!!
寒いと生きていけない虫だったんですね~

シュガーはフィラリアもダニの薬を毎月飲んでますが、
飲んでいても蚊に刺されるのが心配です。

変顔のゆきちゃん、かわいいです♪
あんよが真っ黒なのは、お散歩で草むらたくさん
歩いたのかな??
2011.08.30 20:45 | URL | #- [edit]
Winkle says..."あっくんへ"
コメントありがとうございます。

他のブログを見ているとノミ駆除の塗り薬で肌にトラブルが起きたっていう記事がたまにありますが 一応ゆきは何も問題ではないみたいなので ノミ予防・駆除の薬をつけてます。

私もあっくんと同じ考えで 病気になって苦しませるよりも 万が一の為に未然に防いであげたいと思ってます。

最後の写真でゆきが情けない顔をしているのは シャンプーが大の苦手だからなんです(汗)。いつかはちびまる君みたいにお風呂場で余裕の表情を見せて欲しいです。
2011.08.31 00:50 | URL | #ftr86F3A [edit]
ayutuki says...""
動物病院のドアや待合室が
素敵ですね~入口も別々とは驚きです!

ゆきくんの変顔 
やりきったぁ~
満足感いっぱいのお顔ですね^^

PS
ゴーグル めちゃくちゃ可愛いいです!!
しかしボサボサmaxのモコ 目の周りの毛が長すぎて
ゴーグルの中の目に覆いかぶさり
目が全く見えません(笑)
そして 見事に固まりました~^m^
トリミングでスッキリしてから
ドライブ楽しんでみマス♪ありがとデス^^
2011.08.31 00:52 | URL | #- [edit]
Winkle says..."チルさんへ"
コメントありがとうございます。

チルさんがお住まいの地域でも犬・猫の待合室が分かれた動物病院ってないんですね。やっぱりこういうことが可能なのは 私が住んでいるところが田舎だからなのかもです。

私たちが住んでいる地域は夏涼しく 春・秋が寒く 冬が超寒いところみたいです。今年の春 引越して来たのでまだここの冬の寒さは体験してません。

あっ ミルベマイシンが一緒ですねv-238 ノミ駆除もも副作用が出てないので 予防をしてあげることが愛だと信じてます。
2011.08.31 01:18 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ブー君さんへ"
コメントありがとうございます。

ブー君さんも猫アレルギーなんですか?! 以前行った動物病院の看板が猫だったので 夫はそこに行くたびに目がショボショボ 鼻もズルズルでした。

ちょ~っと待ってください!ブー君さんは犬アレルギーなんですか?それじゃぁ 命をはってボランティア活動をしているってことですね。

ブー君さんのこと ますます尊敬します!
2011.08.31 01:49 | URL | #ftr86F3A [edit]
ショコリーゼ says...""
蚊もノミもいないなんて・・・
羨ましいですi-201

うちは田んぼに囲まれているので
蚊がブ~ンブ~ン飛び回っていますi-230
もちろん、シュウマイにはフェラリアの薬は飲ませています・・・

ただ、ノリには何も飲ませていないのでi-278
いつも、蚊に刺されていますi-202
ノリと一緒にいると、なぜかノリだけで
私は殆ど蚊に刺されないんですよi-237
ノリの血は若いから美味しいのかなi-229

ゆきクンの変顔・・・今日も決まってますねi-234
その、ドロドロの足が可愛いんだよなぁ~i-175
2011.08.31 01:54 | URL | #- [edit]
Winkle says..."シュガーママさんへ"
コメントありがとうございます。

シュガーママさんの猫カフェの記事読みました。やっぱり何でも程々にしなきゃいけないのかもですぅ。

やっぱりフィラリアの薬って 蚊に刺されても大丈夫なための薬で 蚊に刺されなくするための薬じゃないですから 刺されちゃいますよね~。

最後の写真は裏庭で思いっきり走った後の写真です。まだちょっと芝生が濡れていた状態だったのでこんなになってしまいました。一度庭に放牧すると なかなか捕獲できません(涙)。
2011.08.31 03:21 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ayutuki さんへ"
コメントありがとうございます。

おっ とうとうゲットしましたか!

うちも目がショボショボの時は(...っつうか常に目ショボ) ゴーグルと目の間に手を突っ込んで毛が目を覆わないように調節しながら装着させます(毛が伸びるのが速い犬を飼うと面倒くさいことが多いですよね)。

うちも最初は超嫌がってましたが 少なくとも車の中でつけている時は嫌じゃないみたいですよ。だからモコちゃんもじきに慣れるんじゃないかな。

レポート楽しみにしてます。夏が終わる前に私もそのことを次の記事にでもしようと思ってました。偶然だわっ ウフッv-238
2011.08.31 03:31 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ショコリーゼさんへ"
コメントありがとうございます。

蚊も ノミも シロアリも 風呂場の黒カビも 存在しないのはラッキーですが その代わり雪が3ヶ月積もりっぱなしの冬が待ってますv-12 ちなみに雪掻きは私の役目ですv-91

あらっ ノリぱぱさんばっかりが蚊にさされるんですかっ?

蚊って 二酸化炭素の密度が高い所、温度が高い所に向かっていく習性があるそうです。

ぱぱさんの方がショコリーゼさんよりも筋肉量が多くて新陳代謝も激しいから ショコリーゼさんに比べて二酸化炭素を多く放出(?)し体温も高いぱぱさんの方に蚊も自然と向かっていくんだと思いますョ。

あとアルコールを飲むと二酸化炭素を吐き出す量が増えるので これもまた蚊にさされやすい原因になるそうです。

ショコリーゼさんのコメントにマジに返信しました!
2011.08.31 04:08 | URL | #ftr86F3A [edit]
aries327 says...""
あらあ、わんことにゃんこが別々の待合室って「ナルホド~」と思いました。
そこまでの配慮をしてる病院って日本にもあるのかな?

ノミも蚊もいないなんて羨ましすぎるー。
私は関西の温暖~なところに暮らしてるので夏は酷暑です。

もうフィラリア予防やにゃんこのレボリューションは必須!!
もちろんノミ・ダニ予防はあたりまえですねー。やっぱウチもフロントラインです。

副作用とか考えると怖いけど、とりあえずみんな大丈夫そうなので続けてます。

ゆきくんの変顔、お気に入りに登録したいぐらいかわいいv-238

実はワタクシ、ボサボサやぼーぼーや変顔が大好き人間(´♡ω♡`)

ほんわか笑っちゃうことが大好きれす。

ゆきくん、これ絶対笑ってるよね(。→∀←。)キャハ♡
2011.08.31 22:13 | URL | #- [edit]
よこはま says...""
あらら?お昼に入れたコメント入らなかった
のですね。。うちのPCちょっと調子悪いかなぁ。。

我が家もミルベマイシンを病院からもらって
います。副作用の点であまりお勧めの薬ではないと
聞いたことがありますが、日本の動物病院では処方箋を
発行することはほとんどないのではないかと思います。
大体病院で診察と同時に薬も出されるので
自分の希望する薬を処方してもらえることは
残念ながらあまりないかも。。。(汗)
そしてやはりフロントラインを使っていますが
これも確かノミに噛まれて初めて殺虫すると聞いたような・・・・・
できればノミを寄せ付けない薬を使いたいものです。。。

ゆき君、今日はワンプーだったのかな^^
2011.08.31 23:48 | URL | #6zrC9P92 [edit]
Winkle says..."aries327 さんへ"
コメントありがとうございます。

ノミも蚊もいないなんて驚きでした。日本に比べてアメリカの獣医は薬を飲む・使うことを簡単に勧めると思っていましたが 獣医自体が「予防の薬を使わなくても全然大丈夫ですよ~!」なんて言うもんですからビックリでした。でもその分寒~い冬が待ってます。

アメリカだとノミ・ダニ予防は当たり前ですが日本だとそれに反対の人が多いようでこれもまた文化の違いなのでしょうか?

風呂場の浴槽でのゆきの写真 実は大嫌いなシャンプーが待っているので 情けない顔をしています。庭での楽しい泥遊びの後は いつも恐怖のシャンプーが待ってますv-12

2011.09.01 07:37 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."よこはまさんへ"
コメントありがとうございます。

おっ よこはま家もミルベマイシンですか!このコメント書く前にネットを見てみたら ミルベマイシンって日本のお薬だとありました。獣医にはどの犬も鉤虫予防が必要だと言われました。アメリカで売っている鉤虫予防をするフィラリア予防の薬と言えばミルベマイシンとハートガードプラス(日本名カルドメック)です。ミルベマイシンの方が一般に少し高いようです。

先ほどネットで調べた時に知ったのですが 犬の歯ケアで有名なビルバック社が製造しているものでカルドメックと全く同じ成分・量のものがあるようですが なんとカルドメックの半額でした(6ヶ月分で12ドルです)。

大切なゆきの飲む薬を値段で決めるべきではありませんが んっ!!! と思っちゃいました。

アメリカでもフロントラインプラスが有名ですが 残念ながら刺されてから駆除する薬です。一方ゆきに使っているケイナインアドバンティックスII は駆除だけでなく ノミ・蚊などの寄生虫を最初から寄せ付けないそうです。

ノミにさされちゃうかもしれないけど弱めのお薬をあげるのが愛なのか それとも 最初から寄生虫を寄せ付けない効果のある強い薬をあげるのが愛なのか...。散歩デビューから一週間も経たないうちにノミを発見したのがトラウマになったので 強い方のお薬をあげることにしました。
2011.09.01 09:02 | URL | #ftr86F3A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/55-b2f136b3
該当の記事は見つかりませんでした。