笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ゆきのことで夫に叱られた・゚゚・(×_×)・゚゚・

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。



#1.Apr. 20, 2016

いつものごとく、ゆきが雪に顔を突っ込んで遊んでいるのは
2月下旬のぐだぐだなコンディションのドッグラン。



#2.Apr. 20, 2016

ゆきはこれをするのが
本当に好きね

そして...



#3.Apr. 20, 2016

ネグレクト(動物虐待の一種で、ケアを受けさせてもらえていないこと)されているかのような
ビションフリーゼの出来上がり

湿った雪に覆われた小型犬エリアで
思いっきり遊んで濡れた後は...



#4.Apr. 20, 2016

一般エリアに移動しました。

黒いグレートデーンと挨拶をしているのが
うちのビションフリーゼです。

泥のシャドーのお陰で
大木のようなゆきの胴が
すっきり痩せて見えて
よかったね、ゆき君



#5.Apr. 20, 2016

ただ、ゆきの脚まで短く見えちゃうので
バランスが悪くなっちゃうけどね



#6.Apr. 20, 2016

前回のシャンプーから1週間経っていたので
ホテルに帰って早速
ゆきをシャンプーしました。

ボディは浴槽にお湯を溜めれば洗えるので問題ないのですが
犬用シャワーヘッドなしで、丁寧に頭をすすぐのはすごく時間が掛かるので
ホテルのバスルームでゆきをシャンプーするのは
とても大変なのです。



#13.Apr. 20, 2016

そして、後日、行った
同じドッグラン。

一般エリアを歩いていると
全身ずぶ濡れになったワンちゃんに遭遇。



#7.Apr. 20, 2016

ドッグラン内を歩き続けていくと
全身濡れたワンちゃんにまたもや遭遇。

そうなんです。

ワンちゃんたちが泳いで遊べるように
このドッグラン内には小川があるのです。



#8.Apr. 20, 2016

ゆきが嬉しそうに
下り斜面を走って行った先は...



#9.Apr. 20, 2016

小川なのでした。

ドッグランの後、ゆきを半身シャンプーする予定でしたが
この日の3日前にゆきをシャンプーしたばかりだったので
小川で泳いで全身濡れるのは勘弁してくれ
ホテルのバスルームでの全身シャンプーは、今日は勘弁してくれ...と思い

写真を撮りながら、ゆきに向かって
「こっちにおいで~! 戻ってきて~!」と叫び続けたところ、夫に...



#10.Apr. 20, 2016

“Let the dog be a dog.”

と、叱られてしまいまいした。

高校で習った英文法で
使役動詞の使い方のお手本のような一文ですが

犬(the dog = ゆき)には自由に犬らしくいさせろ

つまり

犬としての幸せ・喜びをゆきから奪うな

って意味です。



#11.Apr. 20, 2016

ゆきが虹の橋を渡った後に、後悔しないためにも
愛しくて大切なゆきには
犬としての幸せな人生を送って欲しい...っていつも言っておきながら

ホテルでのシャンプーは大変で
必要以上に全身シャンプーしたくないからって
私の都合を押し付けちゃったね。

たとえ小川に飛び込んでいったとして
ゆきは何も悪いことはしていないもんね。

ごめんね。



#12.Apr. 20, 2106

結局、ゆきは水遊びを楽しんでいたワンちゃんに
挨拶をしたかっただけでした。

うちの夫は THE 人格者で

夫が人の悪口を言っているのは
出会ってから、一度も聞いたことがないし

私がどんなヘマをしでかしても
(前回の記事で書いたけど、マックブックを壊してしまったように)
私が作った料理がどんなに不味くても
私に対して一度も文句を言ったことがない
よくできた人なのでありますが

ゆきから犬としての幸せを奪おうとしていた私に対しては
一言、言わずにはいられなかったのでしょう

Winkle, 大反省ですぅ


応援クリックをしてくださる方は
ブログ村のブラウザーが完全に開くまでお待ちいただけると
一人の方のクリックが10点のポイントとして加算されます
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。