笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

グランドティトン国立公園へ行って来ましたが...

昨日(土曜日)はグランドティトン国立公園に行って来ました。



177_convert_20110725065703.jpg

グランドティトン国立公園に行く前に
その入り口となる街 ジャクソン を散策しました。
この町にはアメリカでも有数のスキーリゾート
ジャクソン・ホールがあります。

実は私たちは大昔に
このジャクソン・ホールでスキーを楽しみました。
(私の場合 “楽しみました” よりも “苦しみました” と言った方が良さそうです。)



180_convert_20110725065832.jpg

“お散歩楽しいなぁ!”



181_convert_20110725065937.jpg

ゆきはお花の香りを嗅ぐのが大好きという
乙女チックな趣味があります。



182_convert_20110725070451.jpg

“お花ね すっごく いい香りがしたよっ!”



188_convert_20110725070905.jpg

ところで
このブログに載せている写真
このように主演のゆきが端っこに写っている
とんでもない写真が多いですが
(まあ本当ならボツにすべきかもしれませんが)

どうしてこんな写真が多いのかと言うと
実は散歩中はこうやって写真を撮ることが
多いからなんです。



245_convert_20110725071026.jpg

写真を撮っている♀の影にご注目下さい。

“笑う犬 ビションフリーゼ” という名のブログを始めたのはいいのですが
ゆきはとにかく写真を撮られるのが嫌いで
カメラに向かってニッコリするなんてとんでもない!

だから仕方なくこうやってデジカメの
スクリーンディスプレイ(日本語も同じですか?)を全く見ずに
いちかばちかで写真を撮り続け
まあまあニッコリしたっぽい写真が偶然にも撮れたら
ブログに載せるという
涙ぐましい背景があるんです。

この写真はグランドティトンから自宅に向かう途中撮ったもので
私の涙ぐましい姿が偶然写っていたので
このブログで紹介することにしました。

それではジャクソンの街での散策に戻ります。



201_convert_20110725070617.jpg

散策途中 愛犬家向けの可愛らしいお店がありました。



198_convert_20110725070703.jpg

ゆきに黄色いレインコートを探しているので
“おっ!”っと思いましたが
ライフベストのようでした。

お店の写真を撮ってみたものの中には入らず
もっと実用的なペット用品のお店 そう
私にとって今回の小旅行の目的の一つであるお店に向かいました。



212_convert_20110725070739.jpg

こちらがそのお店です。
現在住んでいる町に引越すことが決まってから
ずっとこのお店に来るのを楽しみにしていました。



213_convert_20110725070818.jpg

予想通りとっても地味~な店構えです。
こちらのお店は生体販売はいっさいしていません。
アメリカでは本当の “プレミアムドッグフード” は
チェーン店ではなく
こういう地味~な個人経営のお店でしか手に入らないことが殆どです。

こういうお店においてあるドッグフードというのは
売れやすい・利益が出やすい商品ではなく
店主自身が本当に良いと信じている製品のみを置いてあるのが殆どです。

今ゆきに与えているドッグフードが終わったら
(ゆきには今までのフードの中で一番食いつきが良かったですが)
遂にフードジプシーに終止符を打ち
カナダ産のアカナというフードで落ち着くつもりです。

このお店のことを知ったのは
アカナを取り扱っているお店のリストで見つけたからです。
我が家からこのお店まで車で二時間もかかりますが
それでもアカナを取り扱っている店で我が家から一番近いのが
ここなんです。
(もちろんネットでもアカナを買えるので
 わざわざそれだけを買いにここまで来るのはバカげていますが
 これからはこの地域に来る度に 絶対 このお店で買い物をすることにしました。)



211_convert_20110725071854.jpg

こちらが店内です。
お店の方に許可を得てバチバチ写真を撮りました。
店内もやはりとても地味 いえ 質実剛健といった感じでした。
でもそんなことはどうでもいいんです。
重要なのはどんな商品を取り扱っているかですから。

色々な商品の値段もチェックしましたが
涙が出ちゃいそうなぐらい本当にありがたいお値段が殆どでした。
実際の値段ですが...
私が今回買った穀物不使用のチキンベースのアカナだと
13.5 ㎏ の物が 53.99ドル でした。
ちなみに私たちが今年の春まで住んでいた
アメリカ南東部の中都市では全く同じ商品が
74.99ドル でした。
(小食のうちのワンに買ったのは もちろんミディアムサイズです。)

人間にとっては刺激は少ないですが 
田舎暮らし万歳です。

こちらのお店をじっくり探索させていただきましたが
(ゆきもお店の方たちとたっぷり交流させていただきました)
とても素晴らしかったです。

安心できるドッグフードを見つけるということは
どの国に住んでいても困難だと思いますが
安心できるワンコのおやつを見つけるというのは
それよりも一段と難しいと思います。

こちらのお店が取り扱っているドッグフードは
本当の “プレミアムドッグフード” ばかりでしたが
ワンコのおやつも本当に安心して与えられるものばかりでした。

ドッグフードもおやつも
アメリカ製の物かカナダ製のものしか置いてませんでしたし
(つまりアジアの某国製のものはゼロでした。)
アメリカ製・カナダ製の物でもあやしい原料が一切入ってない製品しか
置いてありませんでした。

ついでにおもちゃも同様でした。
残念ながらアメリカの犬用おもちゃって
中国製が殆どなんです。
アメリカ製のおもちゃって本当に少なく
あっても全然可愛くないんですよね...。
ですからこのお店で売っていたおもちゃって
どれも可愛くなかったです(笑)。

今回買った物のうちの一つがゆきのカラーでしたが
それまでもがカナダ製でした。
(カナダ製の物って必ず英語とフランス語の二ヶ国語表記なので
 すっごくお洒落な気分にさせてくれます!)



205_convert_20110725071927.jpg

そしてこちらがこのお店の看板猫です。
ゆきにとっては生まれて初めて出会った猫です。
猫に対しても怖気づくことなくお尻をクンクンです。



206_convert_20110725072007.jpg

黒い犬の写真を撮るのはとても難しいと言いますが
黒い猫も同じでした。



208_convert_20110725072045.jpg

猫ちゃんと遊びたくて
尻尾ブンブンのゆきです。

でもいつものことですが
ゆきがあまりにもシツコイので
猫ちゃんはお会計のカウンターに...



209_convert_20110725072119.jpg

飛び乗っちゃいました。

犬に対してもとてもフレンドリーな猫だと言われてましたが
ゆきのフレンドリーさには かなわニャン...でした。

お腹もすいてきたので
先ほど散策したエリアに車で戻って
昼食をとることにしました。

さあ ゆきを迎えてから初めての
ゆきを連れての外食です。

日本と違ってアメリカでは
犬も同伴して屋内で食べれる食事処なんて
ハッキリ言ってないんじゃないかと思います。

テラス席を設けているレストランが
犬同伴で食事することを許可してくれたら
食事をさせてもらえる...になります。

だから日本だと味の方は妥協しなければいけないかもしれませんが
それでも犬同伴で屋内で食事できるところが結構あるだけでも
犬を飼ってる人にはありがたい国だと思います。

タイ料理レストランにテラス席があり
犬同伴で食べてもいいか尋ねたところ OK してくれました。
ただ私は...
暑いのが苦手+虫が苦手なので
テラス席で食べるのは本当に何年振りかしら?なんです。

でもゆきが毎日もたらしてくれる幸福のことを考えたら
テラス席で食事をとる “苦しみ” にも耐えられます。



193_convert_20110725072155.jpg

こちらが夫がオーダーしたグリーンカレー。
本当は私もグリーンカレーをオーダーしたかったのですが
夫と同じものは注文したくなかったので
やせ我慢をして...



196_convert_20110725072255.jpg

レッドカレーにしました。
結局は二人で同じようなものを注文してます。

グリーンカレーだとナスが入っているので
いつもタイカレーと言えば
私はグリーンカレーを注文しがちですが
カレーの味自体は私のレッドカレーの方がおいしかったです。
私が好きなタイカレーは
グリーン → パナン → レッド → マッサマン → イエロー の順です。
えっ 誰も聞いてないって?!

ちなみにテラス席は涼しく
虫ひとついませんでした。
(私が住んでいる町もそうですが 冬が厳しく夏の間は湿度が低いため
 この地域は虫が本当に少ないです。)

ゆきはレストラン同伴デビューにも関わらず
じっとおとなしくしてくれてました。



187_convert_20110725072340.jpg

やっとグランドティトン国立公園に向かいます。
でも暑いのが超苦手のゆきの舌が...



189_convert_20110725072426.jpg

だんだんと...



186_convert_20110725072504.jpg

長くなってきました。
“生きる温度計” のようなゆきです。



214_convert_20110725073153.jpg

早速記念撮影です。



221_convert_20110725073234.jpg

こちらのティトン山脈が
この国立公園のシンボルです。



225_convert_20110725073311.jpg

グランドティトン国立公園について学ぶ
勉強熱心なうちのお坊ちゃま。



227_convert_20110725073345.jpg

“フムフム なんだ そういうことだったのか。”



231_convert_20110725073513.jpg

ティトン山脈の前でパチリ。
そしてビジターセンターに向かいます。



241_convert_20110725073551.jpg

ムースの像をパチリ。

ビジターセンターに向かう途中
ゆきを迎えてから一度もなかった
異常事態が発生。

周りには沢山の観光客がいたのにもかかわらず
ゆきは誰にも興味を示さない...。
世界一 人懐っこいワンコのゆきが
人とすれ違っても何の関心も示さないとは
そこまで暑いのか?!

この日たくさんのワンコとすれ違ったけど
ハアハア言っているのはゆきだけ。
ビジターセンターの駐車場で
見事なコートのコッカースパニエルが三頭いたけど
舌なんてどの犬も出していないし...。

ゆきが疲れた時の為に一応用意しておいた犬用キャリーを
私のバッグから取り出し
犬用キャリーで抱っこしながら
ビジターセンターに行きました。
(いや~ 私たち共にトイレに行きたかったんです。)

建物の中にゆきは連れて入れないので
夫が用を済ませるまでの間
私はゆきを抱っこしながら建物の入り口に立ちはだかり
ドアが開くたびに建物内から漏れてくる冷気を
ゆきに当てさせていたのでした。

そして夫と交代してトイレ休憩に行ったついでに
建物の中で急いで撮った一枚が...


239_convert_20110725073630.jpg

こちらのムースの像。

ゆきがあまりにも暑がっていたため
今回の旅行はこれで断念。
私のこの日の最大の成果が
ビジターセンター内のムースの像の写真ですので
じっくりとご鑑賞ください。

そしてグランドティトン国立公園に行ったものの
何も観光することなく家路についた私たちなのでした。

この日のグランドティトンの予想最高気温が23.3℃
そして実際の最高気温は25℃でした。
アメリカは夏時間を取り入れているから日本とは一時間ずれるため
一日の最高気温に達するのは午後5時頃。
私たちがグランドティトンを引き上げてきたのが午後2時頃だったので
25℃よりもっと気温が低かった筈です。

それでもあれだけ人懐っこいゆきが
すれ違う観光客には全く目もくれず
ハアハアし続けたとは
本当に暑いのが苦手なんだと実感しました。

自宅に戻ってきた時はひんやりした自宅の地下室で
思いっきりビションブリッツをしてました。

“グランドティトン国立公園のビジターセンターへの旅” に付き合ってくれた労いに
ゆきにはドッグフードの夕食の後にデザートとして
茹でたチキンをあげました。

ところでこちらがこの日にゆきを救った犬用キャリーです。
キャリーに乗せたら “生きる温度計” のゆきの舌も
かなり縮みました。









243_convert_20110725073728.jpg

このキャリー リュックサックを前に抱える感じに似ています。
脚を出すための穴があるので安定感があります。
似たような製品で脚用の穴がなく
それこそ前に抱えるリュックサックのようなスタイルのものですと
犬の脚の行き場がないというか
キャリーの中で犬が立つこともできるので 不安定になるみたいです。

それとこのキャリーだと尻尾用の穴もついているので
ゆきの尻尾もこのように外に出てます。
ただこれを使うとゆきって猫背の姿勢を取りたがるので
それが欠点なのですが...。

それにしてもこの格好でビジターセンターの出入り口に立ちはだかり
犬の為に建物内の冷気を盗むアジア人女性...。

どう考えても不気味ですよね?!



長い記事に最後までお付き合い頂きありがとうございました。





ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

12 Comments

Pensuke says...""
いちかばちかでゆき君の写真を撮るWinkleさん、凄いです。(私もちょっと試してみようかな?笑)
そのペット用品店PPP というのですか?とっても気になります。ハワイもおもちゃなど中国製がほとんどです。他にないので買ってしまってますが。。
トリートだってアメリカ製を探すのが大変なくらいなのでそのようなお店があると飼い主にとってはいいですね。そう、地味そうなお店には結構安心で質の高い商品が置いてあるのは事実だと思います。
グランドティトン国立公園は自然がとっても奇麗、暑そうですが山など見ると雪がうっすら積もっていてと涼しく感じますねぇ。
キャリーリュックサック可愛いです。赤ちゃん用のでその様なものを見た事がありますがどこのメーカーですか?腰に負担がかかるのだったら私は駄目ですが意外と楽なのでしょうか?
私もグリーン タイカレー大好きです。ナス、シーフードを入れるのが得に好き。でもそんなに種類があるとは知りませんでした。
ゆき君、暑さに負けず頑張ってね。☆
2011.07.25 14:19 | URL | #- [edit]
MMG says...""
なるほど その体勢で写真撮られてたんですね^^明るいゆきちゃんだから てっきりカメラ目線でにっこりしてくれているんだとばかり・・・ママさん腰痛くなっちゃいそうですね^^;
このキャリー可愛いですね*^^*私もこういう両肩で背負えるやつがいいんですが サイズがね・・・ちっちゃいのばっかりで
いがぐり散歩に欲しいですね~♪
2011.07.25 15:42 | URL | #- [edit]
よこはま says..."良い景色ですね♪"
今回の写真拝見して思ったのですが、ゆき君
すっかり一人前のビション君になりましたね!
(ゆき君のコートの質も良いのでしょうが、やっぱり
良いトリマーさんに出会えたことも大きいのでしょうね~)
一番最後のゆき君の写真はすごいかわいいです!
尻尾も出せるところがナイスですね~♪
(犬を飼っている人にとっては微笑ましいですが
犬を飼っていない人にとっては確かに怪しく思うかも(笑)

お花のニオイを嗅ぐゆき君♡うちのチビは道端にお花があると
食べようとするので(汗)油断なりません。。
winkleさんも、撮影には苦労されていらっしゃるのですね(^_^;)
私も最近同じように撮ってます。私の場合は
ほとんどボツになっちゃうんですが(笑)

カレー美味しそうですね♪私が知っているのは
グリーンとレッドだけですが(汗)

2011.07.25 17:29 | URL | #6zrC9P92 [edit]
ショコリーゼ says...""
Winkleさんの登場に、胸躍りましたょi-175
シルエットだけかと思いきや・・・
最後にゆきクンとのLOVEショットi-237
しかも、なんとも可愛らしいお二人ですねi-233
シュウマイは足が宙ぶらりんになるのを
とても嫌がりますi-202抱っこする時もかならず足を支えてやらないとジタバタしますi-229
でも、そのキャリー・・・なんとも欲しい気持ちですi-189
ゆきクン・・・大きくなりましたねi-179
私もグリーンカレー大好きですi-234
2011.07.26 00:15 | URL | #- [edit]
Winkle says..."Pensuke さんへ"
コメントありがとございます。

やはり同じ国ですからハワイも中国製の物で溢れているんでしょうね。アメリカ製のおもちゃはこの記事のように良質の物にこだわったお店かそうでなければネットで買うしかないですね。

ぬいぐるみのようなおもちゃだと本当に中国製しかないです。一応私のポリシーではぬいぐるみのように布製のおもちゃは中国製でもOK そしてその他の素材でできているおもちゃは全てアメリカ製を与えてます。

湿度が低い気候なのでアメリカ西部全体が茶色っぽく暑いように見えますが 実際はからっとしていてとても過ごしやすいです。ただゆきの場合この湿度の低い気候でも華氏65度の時に外にいたらハアハアしっぱなしです。湿度も高いハワイにいたらゆきは一年中ハアハア言いっぱなしだと思います。
2011.07.26 02:16 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."MMG さんへ"
コメントありがとうございます。

ゆきは本当にカメラを向いては笑ってくれまっせん。ですからいつもハアハア言ってる姿を撮ってごまかしてます(汗)。

みたらし君がちょこんとキャリーに乗ってる姿 たまらなく可愛いんだろうなぁv-10
2011.07.26 02:23 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."よこはまさんへ"
コメントありがとうございます。

ゆきはビションカットにはまだまだほど遠いです。もこもこボンバーの可能性を秘めたコール君の方が絶対ビションらしく見えてます。来週トリミングに行きますがまた短くするつもりです。ゆきはトリミングから10日もすれば既にボロボロなお財布に優しくないビションです。

ゆきは(迷惑がかかるから)食べてはいけないものといいものが区別がつくのかわかりませんが お花を食べようとしたことはありません。でもその代り雑草とか刈られた後のゴミと化した芝生をよく食べてます。
2011.07.26 02:37 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ショコリーゼさんへ"
コメントありがとうございます。

スリムなショコリーゼさんご夫妻とは違って私たちはとてもプヨプヨしていますので手の写真さえ載せたくないのですが ブログに使えるまともな写真があまりにも少ないので ついに飼い主登場となってしまいました。

お陰様でゆきも成長しました。最近はところどころに生えている太くしっかりした毛の数も増えてきました。そろそろちゃんとコートケアに取り組まなきゃ...です。

私もグリーンカレー好きです。いい加減別の物を注文しようと思うのですがグリーンカレーとヤムヌア(牛肉のサラダ)は毎度注文してしまいます。
2011.07.26 03:11 | URL | #ftr86F3A [edit]
ももぱぱ says...""
いつもありがとうございます。
ナナの誕生日のお祝いコメントありがとうございました。

アメリカの田舎って、雄大でおおらかでいいですね。
都会は治安が心配ですが・・・
2011.07.26 09:26 | URL | #- [edit]
あっくん says...""
ゆきくんのステキな笑顔を届けてくださり、
(人๑→ܫ←)ありがとぉ(→ܫ←๑*)ノ゚ございます

お友達のわんこも写真が苦手な子がいて、
カメラを向けると感心するほど、目を背けます Σ(☉ω☉ノ)ノ
飼主さん曰く、
小さい時にフラッシュも使って写真を撮り過ぎたからかなぁ~っと
あっくんがそのこを撮る時は、同じように構えずに適当撮りしていますよ (๑→ˇ艸←)ぷぷ
捨てる写真てんこ盛りですが、
デジカメってステキっと思いますね (๑′ᴗ'๑)エヘヘღ

ゆきくんは長い時間のお出掛け、どれぐらいされていますか?
今回のお出掛け時間はどれぐらいでしたか?
ちびまるは、興奮していると口が開きますし、
疲れてきても開きますよ
(口が開いているのが多いかな アハハハ)
わんこの性格によって、全然口を開けていない子もいますし、
うちみたいに外に出ると興奮して開けっ放しの子もいますよ

ちびまるも人が好きですが、
初めての場所、人が多いところになると
飼主についていこうが優先されるみたいで、
周りを見ている暇がないみたいです
立ち止まっていたり、話しかけてくれる人がいると
遊んで遊んでとアピールを始めますが
ゆきくんも緊張していたんではないでしょうか^^

最後の写真のゆきくん、
とても可愛くステキな笑顔
癒されます ♡→ܫ←♡
2011.07.26 10:24 | URL | #- [edit]
Winkle says..."ももぱぱさんへ"
コメントありがとうございます。

どの国でもそうですが
都会には都会の良さ 
田舎には田舎の良さがありますので
ここに住んでいる間はゆきと一緒に
自然を満喫したいと思っています。

今回の小旅行でも
ゆきとハイキングをしたいと思い
万が一ゆきが疲れた時のことを考えて
このキャリーを持参しましたが
別の意味で役立ってくれました。
2011.07.26 22:41 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."あっくんさんへ"
コメントありがとうございます。

お友達のワンちゃんはフラッシュが嫌でカメラ嫌いになっちゃったんですか...。そう言われてみればゆきもそれが原因かもしれません。私はゆきの変顔を私のブログを読んで下さる方にも見て頂きたいと思い ついつい真正面からの写真ばかり撮ろうとしていました。これからはもっと自然な感じの写真も撮ろうと思います。アドバイスありがとうございました。

今回の旅行は往復4時間+訪問先の滞在時間4時間でした。4時間もかけて行ったのでもうちょっと長く観光したかったのですが ゆきがここまで暑がっているのを見たことはなかったので諦めました。私たちが観光中の気温は23度ぐらいでしたのに...。

いや~ それがですね...。ゆきは人が好き過ぎて人混みの中でも とにかく知らない人にナデナデしてもらなくてしょうがないんです。そして知らない人にナデナデしてもらった時のうれション率は見事に100%なんです(汗)。

ちびまる君は人が大勢いるところでは飼い主についていくことを優先するとはとてもけなげですね。ゆきは飼い主よりも他人の方が好きなので 外出中は飼い主(特に私)には全く興味なしです(涙)。
2011.07.26 23:09 | URL | #ftr86F3A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/43-b7b9152e
該当の記事は見つかりませんでした。