笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

値上げに追い付いていけない...けど

今日もゆきに会いに来てくださり
ありがとうございます



#1.Jan. 17, 2015

まずは、ゆきが雪の中を走っている写真から。

見切れていて、ブログに載せるような写真ではないかもしれないけど
これも私にとっては大切な写真のうちの一枚です



#2.Jan. 17, 2015

さて、
こちらは以前、購入した
ハリーポッターのデザインのアメリカの切手です。

アメリカで一番出回っている料金の切手というか
アメリカ国内で封書を郵送するのに必要なのが
この額の切手です。

でも、切手をよく見ると
料金は表示されておらず
USA/FOREVER と印刷されています。

つまり、こちらがアメリカで一番よく出回っている
FOREVER STAMP と呼ばれる切手です。

アメリカでは郵便料金が
ほぼ毎年値上げされるため
封書を郵送するのに使われる郵便切手も
値上げのたびに新しいデザインで印刷されてきました。

郵便の利用客も手紙を郵送するのに
前の年に買った切手に数セント分の切手を余計に貼らなければいけなくて
面倒臭いですし

郵便局も料金を上げるたびに、つまり、毎年のように
新しいデザインで新しい額面の切手(封書用の)を
発行し続けてきました。

これを毎年のように永遠に続けていたら
とてもたまらない...ってことなのか
数年前から FOREVER STAMP が
封書を出すのに必要な切手として
売られるようになりました。

ですから
たとえ、郵便料金が上がったとしても
実際の切手の購入額に関係なく(つまり、後で、郵便料金が値上げされても)
FOREVER STAMP と印刷されている切手は
永遠に封書の一番ベーシックな料金の切手として
扱われることになりました。

例えば、去年、こちらのハリーポッターの FOREVER STAMP は
一枚、49セント(アメリカの封書のベーシックな料金なので)でした。

もし、今年、郵便料金が値上げされたとして
封書を出すのに、例えば、51セント掛かるようになったとしても
2セント分の切手を余分に貼ることなく
1枚49セントで購入した FOREVER STAMP を使えばOK ということになります。

しかーしですね...



#3.Jan. 17, 2015

こちらは、たしか、おととし
ゆきの写真を使ってカスタマイズして作った
郵便切手です

この当時は封書の郵便料金が46セントだったので
カスタマイズして作った切手は
46セントの額面になりました。

アメリカでもカスタマイズした切手を簡単に購入できるけれども
FOREVER STAMP としてのカスタマイズ切手を作ることはできないのです。

切手をカスタマイズした当時の封書の郵便料金が印刷されるので
カスタマイズ切手だと額面の価値しかないのです。

もちろん、カスタマイズの切手を作るのには
額面の数倍以上の料金が掛かるのに悲しいです。

しかも、郵便料金が値上げされると
FOREVER STAMP と違い
カスタマイズして作った切手は価値が下がることになるので
ますます、悲しくなってしまいますぅ。



#4.Jan. 17, 2015

こちらの切手は
ゆきが自宅の庭で放牧中に
幸せそうにしている写真を使って
カスタマイズして作りました

たとえ、アメリカの郵便料金が上がり続けても

幸せいっぱい、スマイルいっぱいの
天使のようなゆきの姿が印刷された切手は
私にとっては
FOREVER PRICELESS STAMP
なのでありました


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる皆さまに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。