笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

寒い中での不思議な現象

先週、自宅近所を散歩した時
久しぶりにコンデジを持参して出かけました。



1.Nov. 11, 2013

この時の気温はマイナス7℃。

白く見えるのは霜ではなくて雪です

マイナス7℃では
暑がりのゆきに防寒着を着せるには
まだまだ気温が高すぎです

せっかくのコート改良の季節だというのに
ある程度の気温に下がるまでは
寒さに晒さなければ勿体無いしね

氷点下の中での散歩になってからは元気一杯で
なるべく遠くまで歩いていきたがります

最近は「散歩」が
ゆきの新しい「趣味」であるかのようです。



2.Nov. 11, 2013

散歩中、ふと、立ち止まるゆき

何も (そして、誰も) いないし
何の物音も聞こえないのにです。

一体、ゆきは何を感じ、何を考えているのでしょうか?

ゆきのことだから...



3.Nov. 11, 2013

な~んにも考えていないと思います



5.Nov. 11, 2013

私たちが住んでいる住宅地の敷地内の広場。

冬以外の季節には
ご近所のワンちゃんたちに出会えます



6.Nov. 11, 2013

散歩前に充電してきたものの
ここまで写真を撮ったら
カメラのバッテリーが無くなってしまいました

寒い中だと、バッテリーがより速く消耗されるのかなとは思いますが
ほんの数枚撮っただけなのに
「バッテリー切れ」の表示が出て
勝手に電源がオフになっちゃいました

何度も電源を入れますが
「バッテリー切れ」の表示が出るだけで
オンになってくれません。

ところが、帰宅して温かい家の中で
充電する前にもう一度
電源を入れてみたらオンになったどころか
バッテリーもまだまだ沢山残っているではありませんかっ!

今までデジイチでマイナス20℃ぐらいの気温の中
普通に写真を撮れてきたのに
コンデジだとたったマイナス7℃で、すでに
機能できなくなっちゃうのかな?

(ちなみにこの日使っていたデジイチは
 NIKON でした。)


そうそう、この前日にドッグランに行った日
これまた寒かったのですが...



7.Nov. 11, 2013

iPhone を使ってこのように写真を撮っていたら...



10.Nov. 11, 2013

この写真を含めて数枚写真を撮った後
iPhone が勝手にオフになっちゃいました

電源を入れようと何度もトライしたけど
バッテリー切れのサインの赤いラインが表示されるだけで
オンにできませんでした。

家を出てくる直前に
iPhone を充電してきたばかりだというのにです。

家に帰ってきてから
充電する前にもう一度電源を入れてみたところ
普通にオンになるばかりか
バッテリーもたくさん残っていました

日没直前の暗い中での撮影だったので写真には写っていませんが
この時は吹雪が吹き荒れるドッグランでした。

この時は手袋を外して素手で写真を撮っていたのですが
素手だった右手が
このまま素手でいたら死んじゃうんじゃないかってぐらい
痛かったです

(気温はそれほど低いわけではなかったのですが
 風がとても強かったです。)

もしかしたら、iPhone が
私の右手を救ってくれたのかもしれません (← ちと、大袈裟ですね


この日、氷点下の吹雪の中
服を何も着なくても
楽しそうに元気よく走り回るゆきも変でしたが...

寒い中、ゆきの幸せそうな姿をニヤニヤしながら見ている私は
もっと変だったに違いありません



4.Nov. 11, 2013

以上、札幌よりも暖かい所に住んでいる人たちには
まったく有益でもなんでもない
極寒ライフ情報でした

おしまい


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。