笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

僕を噛んだ犬に 「1万分の1 」倍返しなのだ~!

ゆきが噛まれた後、ゆきのことを心配して
たくさんの方がメッセージを下さり
本当にありがとうございました

ゆきは襲われてから数日間
夜、眠っている間に悪い夢にうなされましたが
多分、今回噛まれたことに関しては
深い心の傷として残ることはなかったようです



1.Oct. 2, 2013

先日のあさんぽの様子です。

久しぶりに散歩中のゆきの写真を撮ろうと思い
ゆきの頭だけささっと梳かしたものの
散歩から帰ってきて写真を見たところ
てんこ盛りの部分がやけに...



2.Oct. 2, 2013

もっこりしていました

恥ずかしいのであまり見ないでくださいね


今回ゆきを噛んだ犬たちと散歩中すれ違ったのは
噛まれた時が初めてでしたが
実は、私たちがあさんぽの途中で通るたびに
フェンスの向こうから唸る犬たちが
ゆきを噛んだ2頭でした。

(フェンスの向こう側は見えないので
 犬の姿は隙間からほんのちょっと見えるだけなのですが
 2頭の飼い主がその家に住んでいることは知っていたので
 毎朝、唸ってくる犬たちの正体がわかることとなりました。)



3.Oct. 2, 2013

この写真に写っている前方の家の前も毎朝通るたびに
フェンスの向こう側から吠える犬がいるのですが
(この犬は私達に「吠え」ても「唸った」ことはありません)
このワンコの家の前のフェンスを通る時
ゆきはたいてい...



4.Oct. 2, 2013

このようにフェンスに沿って走って
フェンスの向こう側にいる姿の見えない犬と
競争して遊びます

(ちなみに、フェンスは家主が所有しているけど
 フェンスからこちら側の土地はこの住宅エリアの住人が共同で所有しているので
 ゆきが走り回っても、チッコしたとしても OK な部分です。)

一方、
ゆきを噛んだ2頭の犬の家の前を通る時は
2頭に襲われた以前でも、ゆきは
フェンスの向こう側とこちら側で一緒に走るということをしたことがなく
フェンスの向こう側で自分に対して唸ってくる犬たちをほぼ無視して
素通りすることがほとんどでした

ワンコ大好きのゆきだけど
「この犬たちと関わったら危険」といった
防衛本能が働いていたのかもしれないです。

次の写真がゆきを襲った2頭のうちの1頭が
唸りながらフェンスと地面の隙間から覗きこんで
いつものようにゆきを威嚇してくる姿です



5.Oct. 2, 2013

散歩中に初めて対面し、そして、噛まれてしまった時に
匂いから「いつものガウガウ犬たち」=「自分を襲った犬たち」だということを
ゆきは気付いたようで...

2頭に襲われた日以来、2週間ほど
ガウガウ犬たちの家の前を
怖くて歩くことができなくなったゆきでしたが...



6.Oct. 2, 2013

カメラを持参してあさんぽに出かけたこの日、やっと
フェンス越しに自分を噛んだ犬に向き合いました。

この時、相変わらず唸ってくる犬に
ゆきはビビっていて、ヘッピリ腰気味でしたが...



7.Oct. 2, 2013

一応、尻尾を背負って、堂々としていました。

そして、相手の犬に吠えることも唸ることもせずに
ゆきはその場を立ち去りました。

この写真を撮った以降は
どんなに唸られても素通りするだけのゆきでしたが...

昨日のあさんぽでは、フェンスの向こう側で2頭がガウガウしている
その目の前で、なんと、ゆきが
フェンスめがけてマーキングしたのです。

(いつもならよそ様のフェンスにマーキングなどということは
 絶対にさせないのですが

散歩中とドッグランでのマーキング以外は
気が強い面を見せたことが一度もないゆきなので
ビックリしちゃいましたが...

ゆきにとっては精一杯の仕返しだったのかな?!

2頭の犬に同時に襲われた時のゆきの辛い思いに比べたら
自分の飼い主の家のフェンスにチッコされることなんて
痛くも痒くもないことだから
「仕返し」というよりも
「1万分の1倍」返しにもならないけどね

もしかしたら、おもてなし?!


きょうのおまけ



10.Oct. 2, 2013

ゆき&庭で拾ったメープルの落ち葉

9月の第1週まで冷房をガンガンかけていたというのに
先々週からすでに暖房を入れ始めました

先週は隣の町で初雪が降り
私たちの町でも明日の予報が雪になってます

気温が下がれば下がるほど、もちろん
ゆきの元気度はアップです


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。