笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

ゆきの最大の長所(外見)は?

ゆきの最大の長所といったら...?

それはとても天真爛漫で愛情が深くて社交的なところです。
誰(人・犬)とでも友達になりたいですし
ゆきが唸るなんて想像できません。
動物病院に行ってアシスタントの方に会えば嬉しくて
体重計の上でうれションをし
また獣医に会えば嬉しくて
診察台の上でもうれションです(涙)。

相手にいやがられても突進し
相手にガウられてもあきらめません。
それこそ “のれんに腕押し” “七転び八起き” とは
うちのワンコそのものです!
(実はとてもシツコイだけです。)



214_convert_20110624020218.jpg

ハッピーな性格がゆきの最大の魅力としたら
ゆきの外見(犬種のスタンダードにどれだけ近いか)の最大の長所は
何か?といったら...

生後10週間でゆきに面会に行った時に言われたのが
“この子の最高なところはね...”
“はい 何ですか ブリーダーさん?”
ワクワクしながらブリーダーさんの答えを待っていると...





070_convert_20110624015242.jpg

“尻尾の付き位置がパーフェクトなんですよ!”




071_convert_20110624015344.jpg

何を言われるかと思って心臓バクバクで期待していたら
尻尾...しかも その付き位置とは...。

その当時のゆきの尻尾といったら
タラコというか明太子(同じじゃん)のような物体が
どんと背中に乗っているような感じでした。
しかも付き位置がかなり上の方なので
ゆきがどんな体勢をとっても
背中にぴったりと張り付いていました。

ゆきも生後6ヶ月になりましたから
尻尾も長くなりましたし
尻尾の毛もかなりフサフサしてきましたので
“背中に張り付いた明太子” は残念ながらもう存在しませんが
もちろん今でも付き位置がすごく上なので (ええ 自慢させて下さい!)
見事 背中に背負ってる感じです。



077_convert_20110624015425.jpg

このように後ろ足で立っている時も
ゆきの尻尾は重力に逆らって直立しています。

ゆきの尻尾が下がるなんて考えられません。
彼のハッピーな性格 そして 物理的にも
尻尾が下がることは不可能です。



174_convert_20110624021039.jpg

外見の最大の長所が尻尾の付き位置だなんて
なんて地味な長所なんでしょう...。

でもそんなとっても地味な長所が
ゆきにはとってもお似合いなんです!




ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

16 Comments

がるる says..."とっても いいことですよ~"
尾付きは 私達が子犬選ぶときでも
大変 重要なポイントです

尾が下がる子は ショーには出せません
さすが ブリーダーさんですね

決して 尾が下がらない
ハッピーな性格も とっても いい所ですね
2011.06.24 08:08 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
シュガーママ says...""
ゆきちゃん、唸らないんですか~
シュガー犬には唸らないですが、人間に対してちょっとでも怖いと思うと吠えちゃうんです(>_<)

尻尾!!
シュガーも褒められます!!
背中にクルンとくっついて、尻尾の後が背中につきませんか?
チアのポンポンみたいに尻尾の毛が長くフワフワしててかわいいですよね~

シュガー、足が長くてビション界ではかなりの三枚目だと思うのですが、英国の血が混ざってるからかなぁ~
なんて勝手に思ってます!!

2011.06.24 08:40 | URL | #- [edit]
Winkle says..."がるるさんへ"
コメントありがとうございます。

私たちはペットホームですので
ゆきを迎えた時は
尻尾の付き位置は
重要ではなかったのですが
がるるさんに褒めて頂いて
とても嬉しく思います。
なんかゆきの尻尾を
ますます誇りに思います!
2011.06.24 09:14 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."シュガーママさんへ"
コメントありがとうございます。

ゆきは怖いものなし・好奇心旺盛なので今まで一度も唸ったことはありません。

ゆきのブリーダーさん曰く アメリカのドッグショーとヨーロッパのドッグショーを比べるとアメリカのドッグショーではより脚が長くよりショートバックのビションが好まれるそうです。ゆきも脚が長い(と思う)のですが私はゆきの脚の長さを彼の長所だと思ってます。

だからシュガー君もアメリカでは二枚目のビションの部類に入るかもです。
2011.06.24 09:25 | URL | #ftr86F3A [edit]
よこはま says...""
ゆき君の明るい性格は、ジャスミンとそっくりです♪
(コールはごくたまにですが唸ることがあるんですヨ(-_-;)
尾の付き方は本を読むと背中に背負うことって書いてありますが
やはり大事なんですね^^
ゆき君のしっぽの毛もとてもふさふさで
いつもうらやましく思っていました。
うちのチビは尻尾の毛が少々貧弱で。。。(^_^;)

そうそう、昨日トリミングに行ったのですがショップで
winklleさんのおうちで見かけたおもちゃかな~?と
思うおもちゃを見つけて買ってきました♪
(・・・リスが中に3匹入るおもちゃで当たりですか?)
2011.06.24 10:58 | URL | #6zrC9P92 [edit]
Pensuke says...""
ゆき君、まさに太陽の様な存在ですね。
明るい事は良い事です!
家もごくたまにウレションしますが、我慢出来ずに漏れちゃったのねっ、可愛いやつって思います。
ゆき君の尻尾はパーフェクトで素晴らしい。☆
尻尾の付き位置がパーフェクトでふさふさだとやはりそれだけでも目がいきます。
ペニーはたまに尻尾を毟ってしまうのでかなり貧弱です。しかもパピーの頃尻尾の付け根をバリカンで剃られてしまったので現在育毛中。なのでふさふさ尻尾にジェラシーですよ。

2011.06.24 18:24 | URL | #- [edit]
harisedosu says...""
なるほど!
お恥ずかしながら、ビションフリーゼの
理想像なんて考えたことありませんでした。
尻尾は上が良いのですね!
ゆきくん、脚も長いように思うのですが・・・?
お散歩写真を拝見しますと、闊歩している感じで
すごくかっこいいですよ!
2011.06.24 18:29 | URL | #- [edit]
Winkle says..."よこはまさんへ"
コメントありがとうございます。

ゆきの性格がジャスミンちゃんに似ているとは大変光栄です。それならゆきも将来ジャスミンちゃんのようにど~んと構えた大物ビションになれるのかな?

そうです そのおもちゃです。よこはまさんの最新の記事を拝見しました。ゆきには気に入ってもらえなくて...。ゆきは知育おもちゃにあまり興味を示してくれないので残念です。
2011.06.24 20:25 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."Pensuke さんへ"
そうなんです。ゆきは我が家の太陽です。
うれションも何とかして欲しいです。屋内でマーキングをしたことはないのですがうれション対策としてマナーベルトを買わなくては...と思ってます。

尻尾をバリカンで剃ってあるのはそれこそ付け根でお尻に近い側なら見たことはありますが まだ育毛中とはよっぽど思いっきり剃られちゃったのでしょうか?
2011.06.24 20:32 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says...""
コメントありがとうございます。

ゆきの長い足を褒めて下さってありがとうございます。
シュガーママさんへのコメント内でも触れましたがヨーロッパでは胴長短足のビションが好まれ一方アメリカでは胴短長足(?)のビションが好まれるそうですから ゆきは多分ヨーロッパでは不格好 アメリカではバランスのとれたビションとみなされるんだと思います。
2011.06.24 20:38 | URL | #ftr86F3A [edit]
ショコリーゼ says...""
羨ましぃ・・・・ですi-238

そのシッポこそ
シュウマイの憧れのシッポなのですi-234

シュウマイはとても残念なシッポなのですi-241
ノリは、ドッグショーとかに
シュウマイを一度は出して見たかったようなのですがシッポが下がっていると
ダメなんですよねi-282

それでも、最近は少しずつ上にあがってきてはいるのですが・・・背中に背負うまでは
全然まだまだですi-241

ゆきクンの性格・容姿とも・・・・
大好きですi-175
2011.06.24 20:42 | URL | #- [edit]
Winkle says..."ショコリーゼさんへ"
コメントありがとうございます。

そうなんですか...。シュウマイ君は尻尾が下がってるんですね。私はシュウマイ君の容姿で羨ましいところがいっぱいあるのですがやはりパーフェクトなビション(&他の犬種の犬も)なんていないですよね。たとえそれが日本一やアメリカ一のビションでも...。

私こそシュウマイ君の性格・容姿ともに
大好きです。
2011.06.24 21:05 | URL | #ftr86F3A [edit]
MMG says...""
ゆきちゃん なんて羨ましい長所・・・うちは ビビリしょん 逃げ惑いですよ・・・><

尻尾の付き位置・・・すっごくマニアックなところですね!でも他ではあまり見られないような所の長所で貴重な気がします^^
2011.06.25 05:57 | URL | #- [edit]
Winkle says..."MMG さんへ"
コメントありがとうございます。

ビビリしょんというのもカワイイですね。飼い主としてはうれション同様迷惑ですが。

尻尾の付き位置のことはブリーダーさんに言われるまであまり考えていませんでいた。でもよく考えてみるとドッグショーではビションにポーズをとらせる時いつもハンドラーは尻尾が背中に背負うように尻尾をナデナデ(?)してました。
2011.06.25 20:49 | URL | #ftr86F3A [edit]
がるる says..."ゆきちゃんの長所"
おせっかいながら
ゆきちゃんの素晴らしい長所はまだありますよ~
それは 色素です
お尻の周りの皮膚が真っ黒だと以前 ブログに書いておられましたが
そのような ビションは本当に珍しく
とてもとても 凄い事なんですよ・・・

おそらく イギリスのショーでも また 日本のショーでも
皮膚の黒い(ブラックスキンと呼びます)ビションフリーゼは 2割いるかどうかだと 思います

(アメリカの子が特に色素が濃いとは 思えません)
多分 ブリーダーさんが ビションフリーゼの色素の重要性を 意識して 繁殖されて いるのだと 思います

私も 色素の濃い なおかつ 性格が良く
そして骨格構成のいいビション作りに 日々 頭を悩ませています
2011.06.26 09:56 | URL | #ncVW9ZjY [edit]
Winkle says..."がるるさんへ"
ゆきのことを褒めて下さる為にわざわざ2度目のコメントをつけて下さってありがとうございます。

お尻の部分の地肌が黒いと記事に書きました時は面倒くさくて “黒” と書いてしまいましたが それ以前の記事で説明したことがあるのですが 実際は黒とこげ茶の間の色でして残念ながら完全な黒ではありません。

ゆきの色素の濃さはおじいちゃん(ゆきのお母さんのお父さん)譲りです。おじいちゃんを抱っこさせてもらったのですが おじいちゃんの鼻やヘイロー(日本語で何と呼ばれているのかわかりません)といった黒であるべき部位は 変な表現ですが 不気味なくらい黒かったです。ゆきも将来はおじいちゃんぐらい色素が濃くなると良いのですが...。(おじいちゃんの地肌がどんな感じかは見ませんでした。)

私たちはレスキューされた子 または ショーブリーダーによって繁殖された子 以外のビションを迎えるつもりはありませんでした。結局ショーブリーダーから迎えることにしましたがブリーダー選びは長い月日をかけてかなり慎重にしました。

ショーブリーダーから迎えると言いましても私たちは単にペットホームですから 私たちが迎えるのは勿論ショー候補から脱落したビションです。ショー候補の子を探している人達の大多数にとっては どれだけスタンダードに近いかそしてドッグショーでのショーマンシップが何よりも重要なのだと思いますが ペットホームの私たちにとっては これから20年近く一緒に暮らしていくにあたって スタンダードにどれだけ近いかよりも寧ろどれだけ健康で良い性格をした子であるかの方が重要でした。

ですから私たちがブリーダー選びをする際の最大のポイントは スタンダードにいかに近いかということと同じくらい 健康そして性格の良さを重要とみなしているショーブリーダーでした。

ショーブリーダーの中でも BFCA のメンバー もしそうでなくても 少なくとも地方のビション・フリーゼ・クラブのメンバーであることが私にとっては最低条件でして OFA そしてCERF のウェブサイトで公開されている結果なども参考にしながら決めたのが ゆきのブリーダーさんでした。(ゆきのブリーダーさんはBFCA のメンバーです。)

どの子がどの家庭に行くかに関してはウェイティングリストに載っている順番から好きな子を選んでいくというシステムではなく 希望の性別そしてどんな性格の子を希望するかを伝えそれに基づいてブリーダーさんが独断で決定なさいます。私たちが希望しましたのは絶対に男の子そして愛情深くフレンドリーな子でした。このブリーダーさんが繁殖なさったビション達なら全員愛情深くフレンドリーな子達ばかりに違いありませんので どちらかというと若いカップルには元気一杯の子 そして年配のカップルにはどちらかというとまったり落ち着いたタイプの子とをマッチングなさっているようです。私たちは若くはありませんが年配でもありませんので 愛情深くフレンドリーそして元気一杯のゆきがうちに来ることになったのだと思います。

私にとって譲れない外見の条件は 鼻が黒くてヘイローがちゃんと入っている子でした。しかしブリーダーさんには外見の希望は聞かれませんでしたし また外見の希望はこれこれですと伝えて心象を害するようなことは言いたくありませんでしたので もちろん言えませんでした。でも 秘かに希望していた通り 鼻が黒くてヘイローがバッチリ入ったゆきを迎えることとなりました。ですからブリーダーさんがゆきの良いところを話し始められた時  “ お願いだから色素って言って! ” と思いながら構えていたところ ブリーダーさんの答えが “ 尻尾の付き位置 ” でしたのでガックリしてしまいました。でも色素のことも伺いましたら “ 濃いですよ ” と言って下さいましたので一応安心しました。

2011.06.27 01:35 | URL | #ftr86F3A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/33-ffe3bf7f
該当の記事は見つかりませんでした。