笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

革命が起こった?!

ゆきに奇跡が起こりました

朝起きたらゆきのコートが全身
触るだけで怪我をしちゃいそうなくらい
剛毛になっていたわけではありません

約3週間前にゆきのフードを変えたところ
ゆきがカリカリだけで毎回完食するようになったのです

ゆきは好きな物を食べた後 必ず
満足そうに口の周りを舐める癖があります。

(それとも犬はみんなそうなのかな?)

今までドッグフードを食べた後
口の周りを舐めたことなどありませんでした。

既に新しいフードに切り替えてから3週間も経つのに
毎食後 満足そうに口の周りを舐めるのでビックリです



Innova Prime

上の写真のドッグフードがゆきの新しいフードです。

左が現在ゆきが食べている「ビーフ&ラム」味
右は「サーモン&ニシン」味です。

日本では未発売のようですが
アメリカでは今年発売されたイノーバ・プライムです。

同じナチュラ社が製造している「イノーバ」そして「EVO」と比較しますと...

「イノーバ」は穀物使用ですが
ゆきが食べている「イノーバ・プライム」は穀物不使用

「EVO」は超高タンパク質のフードで
魚ベースの物以外は全てタンパク質が40%を超えていますが
ゆきが食べている「イノーバ・プライム」のタンパク質の割合はどれも35%ですので
タンパク質が高すぎない程度に高いです。

私がゆきに与えたいフードは
穀物不使用で
タンパク質が高すぎない程度に高め(30%から35%)
脂肪が中ぐらい(15%から20%)で
原材料を一つ一つ確認してからゆきのフードを決めます。
(自分の口に入るものはかなり無頓着ですが
 ゆきの健康に関わることになるとやはり違います

私のドッグフードに対しての考えは
とてもアメリカ的だからなのかもしれませんが
大豆タンパク、小麦グルテン、コーングルテンが入ったフードは避けています。

(...というかアメリカで「プレミアム」ドッグフードと考えられているドッグフードには
 大豆、小麦、とうもろこしを原料とするものは無いと言っても過言ではないと思います。)

(ただ、私は日本の方たちのドッグフードに対する考えや 
 日本製の「プレミアム」ドッグフードのことは全くわかりません

実は玄米やオーツ麦などのその他の穀物が入っているフードを
ゆきに与えても構わないと思っています。

ただし 穀物入りのドッグフードですと
「プレミアム」ドッグフードと考えられているものでも
タンパク質はせいぜい25%程度です。

1歳半のゆきには まだ
タンパク質の割合がちょっと高めのものをあげたいと思っているので
自然と穀物不使用のフードを選ぶことになります

今までフードジプシーを続けてきて
ゆきが一番気に入ったフードは
(「気に入った」というよりも「仕方なく食べてくれた」の方が正しいです)
食物アレルギーがあるかどうか確かめるために3ヶ月間ほど与えていた
ヒルズの療養食「ウルトラアレルゲンフリーz/d」でした。

(療養食を試していた間は歯磨き粉以外の物はゆきの口には入れませんでしたが
 それが理由で食いつきが「まとも」だったのではないと思います。)

その次に食いつきが「まし」だったのは
生後8ヶ月のころ与えていた「イノーバ・パピー」でした。

療養食以外で一番食いつきが「まし」だったので
今年新発売された「イノーバ・プライム」を試してみようと思ったわけでした。

もしかしたらゆきの中で「革命 」が起こり
ドッグフードなら何でも食べてくれるようになったのかと思いました。

そこで療養食がまだ少し残っていたので
3週間ぶりに療養食を与えてみたところ
「Winkle さん、あなたフードが間違っているんじゃないですか?
 あなたボケたんですか?」とでも言いたそうに
療養食を目の前に私のことをきょとんと見つめていました。

ですからゆきの中で「革命 」が起きたわけではなく
新しいフードが好きなだけのようです

ところがですね...

問題があるのです。

「問題その1」は
新しいフードの食いつきが良すぎて
ゆきの体重が増えてしまいました

(現在おやつは歯磨き後のご褒美と 
 おうちシャンプー後など特別な時にしかあげていません。)

「ドッグフードの会社が勧める給与量は多すぎる」と
日本では言われていることは知っていました。

それなので給与量よりも少なめにあげていたつもりです

イノーバを製造しているナチュラ社のホームページには
アメリカの他のドッグフード会社と同様に
自社のドッグフードの給与量を割り出す
計算のツールがあります。
(体重、運動量、成長過程から割り出されます。)

そのツールを使って
ゆきにとっての適正体重
ゆきの運動量(運動量が少ないを選択)
成長過程(大人)
を入力して割り出された給与量の3分の2を与えていました。

ゆきの現在の運動のメニューですが
毎日 朝の散歩が1時間
夜 8時から9時までの1時間 ドッグランでほぼ走りっぱなしを週6回
寝る前に20分間 近所を散歩 
が最低限となっています。
(ドッグランではたくさん走るので水を結構飲みます。
 ですから寝る前に一応もう一度散歩に連れて行き
 出すものを出してもらってから寝かせます

小型犬にしては運動量が多い方だと思いますが
給与量を割り出すツールでは
控えめに「運動量が少ない」を選んでいます。

一体なんなんでしょう。

脂肪と一緒に筋肉もついたのかな???

もうちょっと給与量を減らして
サプリを与え始めようかと思います。

完全栄養食であるドライ・フードを
与えられた分 ちゃんと完食してくれるのに
サプリを与えるというのもなんだかなぁですが



Under the Chair

飼い主のベッドの下に潜るのが好きな根暗なゆきなので
ベッドの下を塞いでしまいました。

上の写真は椅子の下に潜って
根暗になっているゆきの姿です。

一応 椅子の下に潜れるかどうかが
太っている・太っていないをチェックする
バロメーターになっています


「問題その2」に続きます。


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援して下さる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/230-f66634fc
該当の記事は見つかりませんでした。