笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

☆ これが 僕の おうちだよ ☆

014_convert_20110516065728.jpg


前回の記事に引き続き
今日はゆきが私達との最初の2ヶ月半を過ごした
我が家の一部を公開しちゃいます。
どうせ引越しちゃうし...。



069_convert_20110516070636.jpg

こちらはブレークファスト・ルーム。
いわゆる家族用のダイニング・ルームです。



061_convert_20110516070103.jpg

こちらはダイニング・ルーム。
フォーマルなダイニング・ルームです。



063_convert_20110516072203.jpg

こちらはファミリー・ルーム。
家族用のリビング・ルームです。
奥に見えるのが玄関です。



025_convert_20110516072320.jpg

同じくファミリー・ルーム。
左の方に見えるのはキッチンからの階段です。



027_convert_20110516072446.jpg

またまたファミリー・ルームです。

アメリカの一軒家のスタイルは
地域によってかなり違いますし
価格帯によってももちろん違ってきますが
ごく一般的なスタイルの一軒家だと
日本的な言い方をすると 〇 LLDDKになると思います(〇=寝室の数)。
(今まで何度も引越しをして家探しをたくさんしてきた私の意見になりますが...。)



067_convert_20110516070423.jpg

こちらはキッチン内の机です。
食事の支度などをしている時はゆきのことをちゃんと見ていられないので
ゆきが入ったバリケンネルごとこの机の上に置いて
キッチンで家事をしました。



068_convert_20110516070530.jpg

こちらがキッチンです。
広くて収納場所がたっぷりありました。
このキッチンごと引越ししたいぐらいです。



076_convert_20110516070850.jpg

玄関からの階段です。



078_convert_20110516070954.jpg

玄関から見える2階のホールです。
ゆきがひょっこり顔を出しています。



079_convert_20110516071109.jpg

このホールのつきあたりが
マスターベッドルーム(主寝室)です。



309_convert_20110516084640.jpg

ゆきとはよくここで “だるまさんが転んだ もどき” ごっこをして遊びました。



085_convert_20110516071549.jpg

暗くなってしまいましたが
こちらが主寝室のバスルームです。
奥に蛇口が見えますが これがジャクジーで
ジャクジーの前がゆきのトイレ設置場所でした。

残念ながら育犬書に書かれていることはあてはまらず
外での散歩を始めるまでは
ゆきの場合フードを食べ始めてから
2-3分後にはトイレ(大も小も)をしたので
ゆきの食事もここで与えることが多かったです。

そして食事後トイレに行くまで遊ばせた場所もここでした。

ゆきとの思い出がどの部屋よりも一杯詰まった部屋なので
このバスルームも一緒に引越したいぐらいです。



144_convert_20110516084401.jpg

トイレをもよおすまでバスルームで遊んでいるゆきです。
3枚のトイレシーツが敷いてあるので
我が家に来たばかりのころです。



165_convert_20110516084522.jpg

これもまたバスルームで遊んでいるところです。
トイレトレーニングが進んで
トイレシーツが2枚になりました。



084_convert_20110516071441.jpg

同じバスルームです。
シャンプー後ゆきをブロードライしたのが
この洗面台の上でした。
ゆきにとっては嫌な場所のひとつです。



081_convert_20110516071218.jpg

こちらが主寝室です。
右手奥がバスルームで
左側にあるのが



087_convert_20110516071827.jpg

この出窓のある部分です。
広いし床がカーペットなので
ゆきにビションブリッツを
思いっきりさせた部屋です。



273_convert_20110516084153.jpg


今まで10回以上引越ししてきましたが
今回の引越しは気が重いです。
1つ目の理由は
私が初めて飼った犬のゆきと 最初の2ヶ月半を一緒に過ごして
思い出がたくさんできた家・散歩道であること。

もう1つの大きな理由は
せっかくトイレトレーニングが完璧になったのに
また初めからトレーニングし直さなければいけないということです。
頑固者なゆきですが
トイレトレーニングについては楽で
我が家に来てから3日でトイレを覚えてくれました。
その後粗相は4回しかありませんでした。

家の中ではしたことはありませんが
散歩中のマーキングが大好きなゆき。
引越しからの混乱とマーキング好きが重なって
ホテルとか引越し先で粗相をしなければよいのですが。


018_convert_20110516065958.jpg


この家は売らずに賃貸に出すことにしました。
ラッキーなことに既に入居者が決まっていて
2週間後にはその人たちが入居してきます。

将来リタイア後にまた戻って来れればいいのですが
ゆきもその頃までには...。

ビションは最も健康で最も寿命が長い犬種のうちのひとつ。
だから ゆき君よ ギネスブックに載るくらい長生きして
またこの家に戻って来ようよ。
へんてこりんな君なら すごく長生きできるに違いないから!



016_convert_20110516065849.jpg

“僕はこうやって自分ちのお庭の芝生でゴロンゴロンするのが好きなんだ。”



011_convert_20110516065609.jpg

“さようなら 僕のおうち! きっといつか戻って来るからね!”




ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

6 Comments

よこはま says...""
はぁぁ・・・素敵なおうちで思わずため息が漏れました。
特にキッチンが素晴らしいですね。
とても大事にお手入れされているのが拝見していてよくわかります。
日本と住宅事情がこうも違うとは・・・
(我が家はマンションでして、端から端まで数歩で歩けちゃいます)
おうちの中を散歩?するだけでも結構な運動量になりますね♪

ゆき君との思い出がいっぱい詰まったおうちと散歩道・・・
ゆき君が再びここに戻ってこれますように。
2011.05.17 11:34 | URL | #6zrC9P92 [edit]
ショコリーゼ says...""
素敵なお家ですねi-189i-189
私も、こんなお家に住んでみたかったですi-201
とくに、こんなキッチンは憧れちゃいますっi-175
なんか、美味しい料理が作れそうi-277
きっと、いつかまたゆきクンと帰って来なければ・・・ですねi-234
ゆきクンとの大切な想い出がたくさんつまったお家・・・それまでさようなら

エースをねらえ・はいからさん・・・
懐かしいぃぃi-233
私も、持ってますi-237
他にもいっぱいありますっ
マンガ大好きっ子でしたi-175

2011.05.18 01:24 | URL | #- [edit]
Pensuke says...""
本当に素敵なお住まいですね。特にキッチン、バスルームが広々としていいですね。ゆき君との思い出もあるし離れるのが辛いお気持ちが分かります。
でも又リタイア後ゆき君と家族皆で暮らせる事がまた出来るなんて素敵ですね。
意外とわんこって昔住んでいた所や散歩した所を覚えてるらしいですよ。
パピーの頃の写真(今もパピーですが、特に来たばっかりの頃の)が可愛いです。♡
2011.05.18 03:09 | URL | #- [edit]
Winkle says..."よこはまさんへ"
コメントありがとうございます。

やはりアメリカの住宅事情は土地が広い分恵まれていると思います。でも食べ物のおいしさに関して日本が一番だと思います。

今まで色々な町・国に住んだり旅行したりしてきましたが、住宅事情と食文化の豊かさは一般に反比例していると思います(もちろん住宅事情も食事もひどい国がありますが...)。

私も都会の狭い住居に住んでいるときは、おいしいレストランとかどうでもいいから大きな家に住みたい...と思い、地方で住宅事情に恵まれている時は、家なんてどうでもいいから美味しい物が食べたい...なんていうように、結局は私もあまのじゃくなんですよね。

でもアメリカなんて、ニューヨークでさえ美味しい物を見つけるのが難しいです(大金を払えば別ですが...)。
2011.05.18 13:44 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ショコリーゼさんへ"
コメントありがとうございます。

アメリカ人は日本人と比べたら全然料理をしないくせに、キッチンが住居の中では一番重要な位置を占めていると思います。アメリカでは家の売買の際、キッチンが素敵かどうかが、売り手にアピールできるか否が決まるのに重要なポイントだと思います。

先日家探しのテレビ番組を見ていたのですが、子供が3人いる家族で料理をほとんどしないという専業主婦の奥さんが “やっぱりオーブンは2つないとね...” なんて言っているのを聞いて私も “なぬー!” って思いましたよ(怒)!(アメリカではオーブンは家にたて付けてあります)。

きゃー!ショコリーゼさんも “エースをねらえ” を持っているんですか?あれは何度読んでもそしてこの歳になっても泣けます。今は小学生でさえ携帯電話を持つ時代なんでしょうけど、私が子供のころは本当に少ないお小遣いのなかから漫画雑誌の “なかよし” を買って、サンリオ商品を買って、余ったお小遣いのなかから、“やった!今月はエースをねらえの単行本が買えるゾ!” って感じでしたから、とてもじゃないですけど “エースをねらえ” も “はいからさんが通る” も絶対に捨てられなくて、アメリカに移住してきた時に一緒に持って来ちゃいました(笑)!
2011.05.18 14:34 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."Pensuke さんへ"
コメントありがとうございます。

今まで引越しをしてきた時は、家は建物でしかないと割り切ってきましたが、たった2ヶ月半とはいえゆきとの思い出がいっぱい詰まっているこの家は、私にとっては単なる “ House ” ではなく “ Home ” となったので、余計にこの家をを去るのがとてもつらかったです。
2011.05.18 14:59 | URL | #ftr86F3A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/13-896bc45c
該当の記事は見つかりませんでした。