笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

フレンドリー過ぎる犬も 困りもの

ゆきの長所の一つは まったく人見知りも犬見知りもしないこと
そして短所の一つも 誰に対してもフレンドリー過ぎることです。


496_convert_20110510063457.jpg


ゆきが朝夕の散歩に行くのは夜明け直前と日没直前です。
これはなるべく涼しい時間帯に散歩をさせたいからなのですが
もう一つ理由があって さみしいことですが
近所の人達が散歩・犬の散歩に行く時間帯を
なるべく避けているからなんです。
人の姿・犬の姿が遠くに見えるだけで
嬉しくて興奮してしまって散歩になりません。

怖いものが殆んどないというのは良いことですが
ゆきの場合 度が過ぎて人が大好き犬が大好き。
散歩中 人や犬に出会うと
狂ったようにクークー言うというか 鳴き叫んでしまい   
跳びかかるというよりむしろ突っ込んで行こうとします(冷や汗)。

“ いいですよー。ナデナデしますよー。”と
言ってくれるご近所さんがほとんどなので
その言葉に甘えさせてもらうのですが そうすると
ご近所さんの片方の足を軸としてぐるぐる走り回るので
リードはご近所さんの足に巻き巻きに絡まるし
それをほどこうとしてご近所さんが身を屈めると
今度はお腹を見せながら超高速でうねうねし始めます。

もし私が止めないとこれが延々と続くので 1 サイクル(?) で止めにはいります。
皆さん“子犬だから仕方ないわよ”と言ってはくれますが
やはりゆきの元気のよさに圧倒されます。

散歩中に犬に会っても興奮しまくりです。

ゆきは生後12週までブリーダーさん宅にいました。
そのブリーダーさん宅には成犬のビションが10頭そして
出産が重なったため 子犬も10頭以上いて
ゆきは我が家に来るまでの12週間ものあいだ まさに
ビションのモフモフ大軍団の一員として過ごすことができました。
(ブリーダーさんはショーブリーダーでして 決してパピーミルではありません。)

ブリーダーさん宅で社会性を身につけてくれたおかげで
どの犬に対してもフレンドリーになってくれたのはいいのですが
全ての犬が自分と友達になりたいわけではないことを
わかっていないようです。

犬に出会うと うれションしながら突撃していくのですが
今までの経験からすると
小型犬にはビビられ
スコッチテリアやミニシュナなどのテリアにはウザがられ
老犬には迷惑がられ
ドーベルマンなどの冷めた感じの大型犬には無視され
同じく子犬だというのにラフコリーには全く相手にしてもらえませんでした。

でもゆきのことを相手にしてくれる犬もいまして
温和だけど活発な中型犬・大型犬は大体
ゆきのことを受けとめてくれます。
特にラブ・ゴールデン・ボーダーコリーは
ゆきの腕白ぶりを理解してくれるし
ゆきも彼らのことが大大好きです! ! !

この日はカメラを持って散歩に行って
運良く ( ?) ゆきが迷惑がられている写真が撮れました。

我が家から 3 軒目に住んでいる 13 歳の
オーストラリアンシェパード君(以下AU シェパード)に出会いました。

493_convert_20110510064037.jpg

AU シェパード君は既に ゆきのしつこさを経験済みです。
AU シェパード君の引きつった目に注目!



491_convert_20110510063837.jpg

ゆきはまずはナデナデしてもらうため飼い主さんに突撃です。



492_convert_20110510064231.jpg

次はAU シェパード君にあいさつしに向かって生きます。
AU シェパード君の目は引きつったままで 金縛り状態です。



494_convert_20110510064629.jpg

ゆきは超高速のシッポぶんぶんで 更にAU シェパード君に近づいていきます。
AU シェパード君の金縛り状態は続きます。
写真 下真ん中でちょっと左寄りのあたりの地面が濡れています。



495_convert_20110510064745.jpg

まぎれもなくゆきの “うれション” です。
一方 AU シェパード君の目はひきつったままで
相変わらず身動きがとれません。
このままでは埒があかないし
AU シェパード君の寿命を縮めてもいけないので
この日はワンコとの絡みはなしで家路につきました。

こんなうざいゆきですが そのことを承知で
散歩中のゆきを見かけると
運転中の車を止め ゆきをナデナデするために
わざわざ車から降りてきてくれる人もいます。

空振りの時も多いのですが
自分の情熱をうけとめてくれる人や犬が
何処かに居るハズだという かすかな希望を捨てずに
雨の日でも暑い日でも毎日散歩をし続ける 
ビションフリーゼのゆきなのでした。

長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。

497_convert_20110510064902.jpg

“ 僕の情熱を受け止めてくれる友達を募集中なのだ !”



ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6 Comments

よこはま says..."私も長文でごめんなさい"
うちのジャスミンも若い頃は、ゆき君みたいな感じでしたよ~♪
本人はだれとでも仲良くしたくて突進するんですけど相手に嫌がられることもしばしば(笑)
先に亡くなったもう1頭のビションは内弁慶でジャスミン以外の子とは
仲良くしようとしませんでした。
どちらが良いかと言えば、やはりジャスミンのような性格のほうが
人生(犬生)楽しいに決まっていますね♡ジャスミンの行動は
年齢が上がるにつれ、少しずつ穏やかになって行きました。

ところで、ゆき君にコールを会わせたいですぅ!絶対仲良しになれると思うんですけど
そんな機会が将来訪れるといいな~と思います!
2011.05.10 18:21 | URL | #6zrC9P92 [edit]
ショコリーゼ says...""
ゆきクンi-178とっても
フレンドリーなんですねi-179

うれションi-201しちゃうなんて
よっぽど嬉しいんですね~

うちのシュウマイはホント・・・・好き嫌いが
ハッキリしていてi-229
興味のわかない人や犬には知らんぷりi-230

散歩中も可愛い~ワンちゃんねって頭をなでてくれようと近寄って来るをよけたりして
気まずい空気が流れるコトもしばしばi-282

ゆきクンとシュウマイをたして2で割りたいですねi-179i-88
2011.05.10 22:15 | URL | #- [edit]
Pensuke says..."こんにちは。"
ゆき君はモフモフ大軍団の中で可愛がられ育ったんですね。やっぱり甘えん坊&寂しがり屋ですか?(家のペニーはもうすぐ2歳ですが未だに甘えん坊です。嬉しいのもあるのですが、もう少し独り立ちしてほしいとも思います。。。)
だから人もワンコも大好きなんだ。ゆきくんが私に挨拶しに来てくれたら嬉しくて撫でくりまわしちゃいそうですが。。。
家もしゅうまい君と全く一緒で好き嫌いがはっきりしてます。同じくゆき君と足して2で割って丁度良いくらいかなぁ。
2011.05.11 08:51 | URL | #- [edit]
Winkle says..."よこはまさんへ"
コメントありがとうございます。

ジャスミンちゃんは、ゆきみたいな感じだったんですね。
それならゆきも、ジャスミンちゃんみたいな
大物になれるかもしれないですね。
私も今はあーだこーだとゆきの愚痴を言いますが
年齢が上がって落ち着いたらかえって寂しくなっちゃうんだと思います。

私もゆきをコール君に会わせたいです!
来年の実家への里帰りの時に
一緒に連れて帰りたいのですが
そうすると狂犬病の予防接種を
一年待たずに受けさせなければならないので
どうしようか現在悩んでいるところです。
2011.05.12 12:49 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."ショコリーゼさんへ"
コメントありがとうございます。

ゆきは雰囲気が読めないのと
人にもうれションしながら突進していくので
あせっちゃいます。

シュウマイ君が人見知りしちゃうっていうのは
ショコリーゼさんとノリぱぱさんのことが
誰よりも一番好き!ってことだからなんでしょうね。
バーニーズを飼ってるヒロ君は別として...。
2011.05.12 12:55 | URL | #ftr86F3A [edit]
Winkle says..."Pensuke さんへ"
コメントありがとうございます。

あらー ペニーちゃん すごく甘えん坊さんなんですね。
日本でもアメリカでも そしてどの犬種でも
女の子のワンちゃんを希望する人が多いと思いますが
我が家はちょっと“変”で絶対男の子を希望してました。
その最大の理由は 一般的には
男の子のビションの方が愛情が深くて甘えん坊
そして女の子のビションの方が独立している場合が多いと
よく言われているからだったんですが
ペニーちゃんみたいな甘えん坊さんを我が家に迎えられるなら
女の子のビションも全然 OK でした!
(いや むしろ女の子の方が良かったかも?!)

ゆきは飼い主大好きですが
知らないヒトはもっと好きです!
いったい何なんでしょう?!
柴犬の飼い主さんがちょっぴり羨ましいです。
2011.05.12 12:59 | URL | #ftr86F3A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ilovemybichonfrise.blog90.fc2.com/tb.php/10-febed245
該当の記事は見つかりませんでした。