笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

きゃ~っ!本当に困っちゃったよ

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

昨日の続きです。

ゆきがマックス君にあまりにもしつこくするので
ゆきを家の中に呼び戻そうとしたものの
私の"Come here"の指示には
全く聞く耳持たず。

(...というか、普段、庭に居るゆきに戻ってこいと言っても
 自分に都合の良いことが待っているのでなければ
 私のことはスルーすることが多いけどね

仕方なく、ゆきに
"Do you want fish?"と
呼びかけた結果...


 
#1.Mar. 6, 2017

マックス君が我が家に侵入しちゃいました

(マックス君はソファーの下

実を言うと、なぜか、私
マックス君に好かれているのです。

(食べ物をあげたことは勿論、一度もありません

しかし、猫の扱い方は
全くわかりません

今まで猫ちゃんを触ったことが
ほんの数回しかない私。

マックス君を捕獲したいのですが
猫ちゃんを抱っこしたことは
一度もないのです

我が家に侵入して
マックス君が満足そうにしているので
ほんのちょっとだけ我が家に居てもいいかな...と
頭の中をよぎったものの
うちの夫は猫アレルギーがあるのです。

猫がゴロゴロ言っているのは
ポジティブなサインだよね?!と自問しながら
ゴロゴロ喉を鳴らしているマックス君を抱っこして
マックス君を我が家の裏庭に戻しました。

猫を生まれて初めて抱っこした感想は
マックス君の胴はふにゃふにゃしていました。

以前、よそのビションちゃん達を
抱っこさせてもらった時と似たような感じで
両手で抱えないと
だっこできない感じ。

ゆきの胴ってどちらかというと短めで、とても厚みがあるからなのか
だっこしてもふにゃふにゃしないので
両手を使わず片腕に乗せるだけで
ゆきの胴は直立を保てるのです

(漬物石を抱っこしているみたいな感じです
 多分、ゆきが個性的なんだと思います

話は元に戻って...



#2.Mar. 6, 2017

マックス君を我が家の裏庭に出したものの
裏庭への出入り口の前から
離れようとしません

この時、マイナス10℃近かかったのに
猫って寒いのは苦手なんですよね?

マックス君を家の中にキープしたら
誘拐みたいになっちゃうし

「マックス君がうちの庭に居ますよ~!」って
お隣に住んでいる飼い主さんに電話するのは
犬ならわかるけど
猫だと変だし

うちの玄関の方からマックス君を出したら
マックス君は帰ってくれるかもと思い

再び、マックス君を抱っこして
今度は玄関の方からマックス君を放牧しました。

マックス君が去ってくれたことを望みつつ
マックス君を玄関から外に出して
1時間以上、経ってから
玄関をそ~っと開けてみたところ...



#3.Mar. 6, 2017

マックス君がうちの玄関の前に
まだ居るではないですかっ



#4.Mar. 6, 2017

「お願いだからWinkle のお家に入れてくれ」 by マックス君



#5.Mar. 6, 2017

マックス君!
こ、こ、怖いんですけどぉ~

マックス君、ホント、面白い子です



#6.Mar. 6, 2017

マックス君が居るから
ゆきも外に出たがっちゃって



#7.Mar. 6, 2017

「マックス君、どうぞおあがりください」 by ゆき

このままでは埒が明かないので
寒くて可哀想だと思いつつも
静かにドアを閉めましたとさ

...っていうか、マックス君の家は
すぐお隣なのでありました


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。