FC2ブログ

笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

日本でも大丈夫かな?!

今日もゆきに会いに来て下さって
ありがとうございます

私たちが住んでいる町は
アジア系住民がほとんどいませんから
もちろん日本食料品店がありません。

我が家ではほぼ毎日
お米(日本米スタイルの短粒米)を食べますが
一般的なスーパーマーケットで売っているお米で
日本米に一番近い物でも
「錦」と呼ばれる中粒米しかありません。

我が家のお米がほぼ終わりに近くなってしまいました

この町から最も近い
日本米スタイルの短粒米が売っている町といえば
車で3時間半かかる
ユタ州のソルトレイクシティ―です。

ネットでもお米を注文できますが
(もちろんそっちの方が全然安い)
なんだかんだ理由をつけて
ソルトレイクシティ―まで
先週末1泊2日掛けて行ってきました。

そして旅行中は
私たちの町ではできない
犬連れのアクティビティをしてきました。



IMG_5520_convert_20120327012336.jpg

自然保護区に指定されている区域で
犬連れしかもオフ・リードで歩けるトレイル(=登山道)で
ミニ・ハイキングをしてきました

こちらがトレイルの始まりの部分です。

行きはよいよい 帰りは怖いの
行きはずっと下り坂です。

(それなら「登山道」じゃなくて「下山道」?!)

このトレイルはほぼ全域が
小川に沿っています。



IMG_5505_convert_20120327013219.jpg

すでにここは
リードを外してもよい区域ですので
ゆき以外のほぼ全ての犬が
オフ・リードになっています。

ただゆきの場合はですね...

生まれて一度たりとも
人見知りをしたことがない そして
犬見知りもしたことがない...

ドッグパーク(=日本でいうドッグラン)に連れて行けば
いつも糸が切れた凧のように
一度も飼い主のそばに寄りつかない...
(家に帰りたい時はいつも他の飼い主さんに捕獲してもらいます)

自宅の庭に放牧すれば
ゆきを捕獲するのに苦労されっぱなし...

なので

とてもじゃないけど
オフ・リードにはできませんでした



IMG_5545_convert_20120327013948.jpg

雪山を眺めながらの
ミニ・ハイキングです。

この町自体が私たちが住んでいる町よりも暖かいのですが
先週末は普段より更に
気温が高かったようです

この日(土曜日)は20℃近かったようです。

もちろんこの温度はゆきには暑いので
ゆきは終始 目がショボショボ そして ハアハアでした



IMG_5452_convert_20120327012631.jpg

大型犬同士が
駆けっこをしています。



IMG_5435_convert_20120327012452.jpg

手前からやって来る犬を
待ち構えるゆき。



IMG_5514_convert_20120327013424.jpg

モフモフ・ペアに遭遇しました。

規格外サイズの
コトン・ド・チュレアール それとも
ボロニーズ なのかしらと思い
飼い主さんに尋ねたところ
ミックスだけど何のミックスかは
わからないとのことでした



IMG_5516_convert_20120327013516.jpg

そしてボーダーコリー君も加わって
ワンワン会議が始まりました



IMG_5471_convert_20120327013102.jpg

渓流の前でパチリ。

往復2時間近くののんびりミニ・ハイキングでした。

普段はなかなか水を飲んでくれないゆきですが
この時はたくさん水を飲みました。

ところが2時間ゆったり歩いている途中
くんくんは沢山したものの
一度もチッコをしませんでした。

前にも書いたことがありますが
ゆきは外では
手入れの行き届いた芝生でしか
チッコもうんPもできない...という
とんでもない「贅沢病」を抱えています。

だからアスファルトの上でも土の上でも
チッコもうんPもできませんし
そこら辺にちょっとだけ生えている
芝生らしき草の上でも
ダメなんです。

2時間近いミニ・ハイキング+水分大量摂取の後
普通の公園になっている場所までやってきたら...



IMG_5525_convert_20120327013735.jpg

やっとチッコをしてくれました

我慢に我慢を重ねていたのかわかりませんが
その瞬間のゆきの気持ちよさそうな顔といったら...

こんな状態で日本で生活ができるのでしょうか?



IMG_5552_convert_20120327014104.jpg

日曜日 私たちの町に戻る前に
同じトレイルで再び
ミニ・ハイキングすることにしました

バセットハウンド×3+黒ラブに
囲まれるゆきですが...

そうなんです。

2日目はゆきをオフ・リードにしてみました

まあ 迷子札もつけてるし
マイクロチップも入っている
車にひかれる心配はなし
どこかに行っちゃっても
他の飼い主さんにうねうね・くねくね・ピチピチ
しているだけだろう...

ということで
いつも通っているドッグパーク以外の所では
初めてのオフ・リードです



IMG_5570_convert_20120327014220.jpg

2日目は2時間近く
ゆきをオフ・リードにしました。

ミニ・ハイキングの間
他の犬に挨拶したり
他の飼い主さんに甘えたり
クンクンしながらも
私たちになんとかついてきてくれました



IMG_5610_convert_20120327014533.jpg

ただ 「僕 よそんちの子になるね」 みたいな状況も
少しはありましたけどね



IMG_5594_convert_20120327014325.jpg

このトレイルに散歩に来る大型犬のほとんどが
ずぶ濡れになっていました。

ここに大型犬を連れてくる人たちの最大の目的は
川の中でのレトリーブを楽しませることのようです。



IMG_5602_convert_20120327014421.jpg

ビションフリーゼは
「バーベット」と呼ばれる
ウォーター・ドッグの子孫ですから
もしかしたらゆきも...と思い
流れのとても緩やかな浅瀬に
ゆきを立たせてみました。

(写真は岩の上ですが...)

水が冷たくて気持ち良かったからなのか
ゆきの尻尾も上がったままで
ゆきもまんざらではなかったようです



IMG_5523_convert_20120327013624.jpg

このトレイルは
ソルトレイクシティ―で最も人気のある
犬連れのスポットだそうで
この週末ゆきは数百頭の犬に出会いました。

去年の11月に 私たちの町に
待望のドッグパーク(=日本でのドッグラン)がオープンして以来
週3日ぐらいのペースでゆきをドッグパークに連れていってました。

以前のゆきだったら
数百頭の犬とすれ違ったら
数百頭の全ての犬に挨拶するぐらいに
犬に対する好奇心が強かったと思います。

でもこのトレイルを散歩中は
すれ違った犬を
そのまま素通りすることもできました。

(...すれ違った犬全てに挨拶していたら
 日が暮れちゃいますね

ドッグパークに頻繁に連れて行った
成果が出てきたのかもしれません。

日本でもちゃんとしていてくれるといいのですが。

ただ問題は
ゆきをミニ・ハイキングに連れて行った日は
両日共に20℃近くあり 
ゆきにはちょっと暑すぎで
ゆきのテンションが普段に比べたら
かな~り低かったです

もしかしたらそれが理由で
他の犬や飼い主さんたちを
素通りできただけの
可能性もあるんですよね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援して下さる方にいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。