笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

耳毛ボーボー 目はショボショボ?!

月曜日はハロウィンです

...というわけで
ハロウィンで近所の子供達にあげる
キャンディー・チョコレートを
昨日買ってきました。



IMG_1343_convert_20111031044842.jpg

ハロウィン用のキャンディー・チョコレートの
詰め合わせを7袋買ってきました。

合計で60ドル分 買っちゃいました

7袋 全部合わせると合計1342個のキャンディー・チョコレートになります

一人の子供につき5個あげるとして
268人分になります

ハロウィンの夜は
ゆきが何人の子供にナデナデしてもらえるか
楽しみです

うちは子供がいないので
ゆきをナデナデしてくれたお返しに
キャンディーをあげるって感じかな?!

近所の子供たちのためというよりも
ゆきのためにキャンディーを用意したようなもんです



002_convert_20111031045036.jpg

ところで先日動物病院に行ってきた時
ついでにゆきの耳をチェックしてもらい
耳のお手入れについても
獣医さんに話を伺ってきました

ゆきは時々 耳からというか目からというか
とにかく顔ごとカーペットにダイブし
すりすりします

そこで獣医さんに耳を耳鏡を使って診てもらったところ
何も問題はないとのことでした。

そして耳のお手入れについても
話をしてきました。

ゆきが私にとって初めて飼う犬なので
他の犬と比較することができませんが
ゆきの耳の中の毛(以下 耳毛)は伸びるのが
と~っても早いんです

ゆきを迎えに行った日
ゆきのブリーダーさんに
耳のお手入れのことを聞きましたが
ブリーダーさん曰く
ゆきの耳毛って伸びるのが異常に早いんだそうです

そしてブリーダーさんは
「耳毛が伸びるのが早いというのは
 毛量が多いという証拠ですよ」
と太鼓判を押されました
(貧毛だけど耳毛だけは立派なビションではありませんように!)

しかしゆきと生活するにあたって
耳毛が伸びるのが早いなんて
ありがたくもなんともなく
たんに面倒くさいだけです

(ホント 尻尾の毛が伸びるのが早いんだったら
 とても嬉しいんですけどね。)

...というわけで
いつも週1回ぐらいのペースで
ゆきの耳毛を私が抜いていました。

以前は耳毛を抜かれるのを嫌がりましたが
生後6ヶ月ぐらいから
お手入れに対して嫌々をしなくなり
最も苦手だった耳毛抜きも
させてくれるようになりました

完全に耳毛をきれいさっぱり抜くということは
しませんでしたが
ある程度残して 耳毛を抜いていました。

ゆきはパピーの頃も今も
耳毛があっと言う間に伸びます

上の写真に写っているのが 自宅で使っている
耳用のクリーナー、パウダー そしてカンシです。

カンシも持っていますが
殆ど手だけで耳毛を抜きます。



IMG_0769_convert_20111031044402.jpg

ところが先日獣医さんと
耳のお手入れについて話をしたところ
「耳毛は抜かない方がよい」でした。

「自宅では抜かない方がいい」ではなく
たんに「抜かない方がいい」とのことでした。

ゆきの獣医さんによると
「獣医によっては抜くべきと言う人もいるけど
 (アメリカの)耳の専門医だったら誰もが
 抜くなというはず」

「耳毛を抜く際に耳の中に傷をつけてしまったら
 かえってそれが原因で感染症を発することもある」

「唯一 耳毛を抜くべきケースは
 耳の感染症に罹ってそのための薬を注入する場合
 耳の中まで薬が行き渡るようにする時だけ。
 それ以外は 耳毛を抜くベネフィットはなし」

...とまでゆきの獣医さんは断言していました。

今までゆきに苦手な耳毛抜きを克服してもらって
がんばってきたのは
一体何だったんでしょうか?

獣医さんに
「ゆきの耳毛はとにかく伸びるのが早くて
 耳毛を抜くのをやめたら
 耳の中が毛ですっごいボーボーになるけど
 それでもいいんですか?」
と尋ねたところ 
獣医さんに
「耳の中が毛ですっごいボーボーになっても
 全然構わないですよ」
と言われてしまいました

垂れ耳の犬の耳毛を抜かなくてもいいものか?
と疑問に思いますが
幸いにも私たちの住んでいる地域は
一年中 低温低湿な気候です。

だから他の地域と比べても
耳の中が蒸れる可能性は低いです。

(でも獣医さんはこの地域がこういう気候だから...
 ということは一切言ってませんでしたので
 どこに住んでいようが
 耳毛は抜かない方がいいという立場をとっていると思います。)



IMG_0526_convert_20111031044725.jpg

...というわけで
ゆきの耳毛を抜くのを一切やめることにしました。

ですから目はショボショボに加えて
これからは 耳毛ボーボーも
ゆきのチャームポイントとなります

...と言いたいところですが
先週の金曜日トリミングに行って
今回は目の周りをかなりすっきりさせてきたので
当分の間 目ショボで悩まずにすみそうです

次回の記事で
ゆきのトリミングのアフターの記事を書きますので
是非 次回の記事も読んで下さいね

今回のトリミングでは
「ホルスタイン・スタイル」に
挑戦してみました!



ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。