FC2ブログ

笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

☆ 新しいドッグフードと 飼い主の苦悩 ☆

先週 最近新発売されたばかりのドッグフードを買いました。
生後12週でゆきを迎えてから
これが 4 種類目のドッグフードです。

995_convert_20110613040559.jpg

ゆきはとても食が細く
メーカーが勧める給与量の
1/2 ぐらいしか食べてくれません。
しかもこれは私が手で直接与えた場合でして
容器に入れたままでゆき自身で食べさせたら
それよりもさらに少ない量しか食べてくれません。
ゆきの方もあきらめがついたのか
これでも以前よりは食べる量がかなり増えたんです。

どのドッグフードを与えても
初めのうちは “ おやつをこんなに沢山食べてもいいの? ”
みたいな勢いで食べてくれるのですが
3日もすれば飽きてしまい
ドッグフードを見るだけで
後ずさりするようになります (涙) 。
おやつなら飽きることはないのですが。
(勿論おやつはほとんどあげてません。)

犬を飼う以前から
将来犬を飼ったらこのドッグフードを与えようと決めていたのが
カナダ製のアカナ ( Acana ) の穀物不使用のラインのドッグフードでした。

ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが
アカナはカナダのチャンピョンペットフーズ社が製造していて
同じメーカーが製造しているオリジン ( Orijen ) のラインに比べて
少しタンパク質含有量が低いです。
(日本ですと穀物使用のアカナのラインが売っているようですが
アメリカでは穀物不使用のラインしか販売されてません。
そもそも私がアカナに興味を持ち始めた理由の一つが
穀物不使用のフードで動物性タンパク質の含有量が高いけれども
高すぎないということなので
穀物入りのアカナのライン自体にはあまり興味がないのです...。)

残念ながらアカナの穀物不使用のラインだと
子犬用のフードは製造されてません。
一応 “ All Life Stages ” と謳ってるので
子犬も成犬も関係なくゆきにアカナを与えればよかったかなと
今更ながら思うのですが時既に遅し...です。

オリジンですと子犬用も製造・販売されているので
オリジンを与えようかとも悩んだのですが
さすがにタンパク質が 40% だと
ん~と考えてしまって...。



998_convert_20110613040358.jpg

あ~だこ~だと悩んでいるうちに見つけたのが
ブルーバッファロー社のウィルダネス ( Wilderness ) という
高タンパク質穀物不使用のラインで
新発売されたばかりの子犬用のフードでした。
パッケージのデザインが子供のオオカミになってます。



1001_convert_20110613040437.jpg

原材料を見ると疑問に思うようなものもなく
タンパク質が 36 % 。
他の子犬用のドッグフードに比べても
かなりタンパク質が高いですが
やはり穀物不使用のフードだと
タンパク質がどれも高くなりますし
植物性ではなく動物性タンパク質なら
ある程度高くても腎臓の負担にはならないだろうというのが
私の見解なので...。
(もちろんドッグフードのタンパク質については
色々な意見がありますが。)

このフードの次にはアカナを与えるつもりなのですが
このフードも良いようなら
アカナのロテーションの合間にこのウィルダネスも
たまに入れようかなと思ってます。


prod-wild-small-breed-chicken.jpg

こちらが同時に新発売された
ウィルダネスの小型犬用のフードです。
原材料を見ると子犬用のものと全く同じで
使用されている材料の量が少し違ってます。
成犬用なのでパッケージのデザインが
大人のオオカミです。



971_convert_20110613040745.jpg

ゆきの健康の為に最良のドッグフードを与えたいと思い
そして新しいドッグフードを買うたびに
今度こそゆきも気に入ってくれるんじゃないかとワクワクするのですが
残念ながらゆきは私の期待をいつも裏切ってくれます。
だから今回の新しいフードも
最初だけはガツガツ食べて
三日もすればフードを見るだけで
後ずさりをするようになるのは
もうわかってます ( 涙 ) 。

本当は BARF ( 生食 / ローフード ) が
犬にとっては一番自然だと思うのですが
BARF はドライドッグフードと違って
完全に栄養のバランスがとれているわけではないですし
ドッグフードのように実用的ではありません。
例えばゆきを連れて旅行するときも
ドッグフードなら簡単に持ってくることはできますが
BARF だと旅行中食べる分を
凍ったまま機内に持ち込んで
機内でもらった氷と共に保管し
ホテル滞在中は用意しておいたクーラーの中に
氷とともに保管しておく...なんて
とんでもないです。
でも考えてみたら
飲み物サービスのないフライトもあるので
氷をもらうことも買うこともできず
BARF のフードを旅行先で買う...?!

それにゆきのことですから
一度 BARF を食べ始めたら
二度とドッグフードには戻れなくなるのは
わかってますし...。

以前にもこのブログで書きましたが それこそ



968_convert_20110613040904.jpg

“ 飼い主の心 飼い犬知らず ” です (涙涙涙) !


長文を最後まで読んで下さってありがとうございました。




ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。