FC2ブログ

笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきの遠縁のビションが、2018年のウエストミンスタードッグショーでベストインショーに輝きました。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

まずは昨日のゆきさん


201802150504264af.jpg

ホテルの部屋でのお気に入りの場所は
ダイニングチェアの下のようです。

狭い所が落ち着くみたい。

ところで、一昨日と昨日、アメリカでは
アメリカのドッグショーの中でも
最も権威があるとされている
ウエストミンスター・ケンネル・クラブ・ドッグショーが
開催されました。

毎年2月に2日間に渡って開催され
アメリカでは最も注目される
ドッグショーであります。

一昨日の第一日目には、既に
ベストオブブリードに選ばれていた
ビションが
グループ戦でも一等賞に選ばれていました。

因みに日本ではビションは
トイグループに入りますが
アメリカではビションは
ノン・スポーティンググループに入ります。

また、日本では
雄、雌のそれぞれで
一等賞が選ばれるようだけど
アメリカでは一等賞は
雄、雌合わせた中で
一頭しか選ばれません。

1877年に始まった
ウエストミンスタードッグショーの
約140年の歴史の中で
ビションがベストインショーの栄冠に輝いたのは
2001年が最初で最後。

この時、最高賞の栄冠に輝いたビションは
通称「JR 」で
ゆきの先祖犬であり
「JR 」の血が入った犬が
代々、ラインブリードされて
生まれてきたのが
ゆきの母犬です。

今回、ベストイングループにも選ばれていたビション君は
かなり長い間、ビションの間では勝ち続けている子で
もし、この子がベストインショーに選ばれなかったら
当分の間、ビションが
ウエストミンスターで
ベストインショーに輝くことは
ないんじゃないか??
なんて話を
テレビで観戦しながら夫と
していたところでした。

そして、昨夜
このビション君(通称、「フリン」君)が
第142回ウエストミンスタードッグショーの
ベストインショーの栄冠に輝きました。

一応、ゆきはこのフリン君の遠縁に当たり
昨日、再び、フリン君の血統を調べたところ
フリン君の先祖犬とゆきの先祖犬で
一致しているのが
いくつかありました。

ビション愛好家としては
ビションが世界で最高の栄冠に輝くことを
嬉しいと思う反面
複雑な気持ちにもなります。

なぜなら、特定の犬種が注目されることによって
その人気にあやかろうとする悪徳ブリーダーが
増えることが予想できるし
命の尊さをあまり考えずに
ビションを迎える飼い主が増えることが
予想されるからです。

アメリカで、悪い意味で
ビションが流行することがないといいな。


ベストインショーの結果発表は
ベストインショーのカテゴリーの審査をされた
ジャッジ御自身がされましたが

結果発表の際、最初に言った一文が

"I love dogs, both purebreds and
crossbreds alike"
(「私は犬を愛しています。それが、純血種であろうと、雑種犬であろうと、同様に。」)

でした。

ショードッグであろうと
家庭犬であろうと
そして
純血犬種であろうと雑種犬であろうと
犬はこの世に生を受けたからには
どの命も同等に尊く
かけがえのないものであり

どの飼い主さんにとっても
自分が迎えたワンちゃんが
世界一の犬なのだと思います。



20180215050426528.png

ゆきのことは、何が何でも、ずっと
守り続けていくこと
約束するからね。

んっ?!それとも、椅子の下にいる方が
安心できたりして


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ビションが捨てられる最大の理由 in アメリカ と ビションを愛する人たちの話。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。



#1.Jul. 14, 2015

前回の記事で予告したとおり
ビションに対して(犬に対して)
半端ない愛を持った方たちのことを書きたいと思います。




#2.Jul. 14, 2015

先月、参加した
ビションのレスキュー団体が開催した
Bichon Bash と呼ばれるイベントのエピソードに話が戻ります。



#3.Jul. 14, 2015

こちらは Bichon Bash のイベントの会場に
入場してきたばかりのビションちゃんたちのお写真です。

フットボールのユニフォームとチアリーダーのユニフォームを着た
7頭のビションの御一行様ですが
同じ飼い主さんに飼われているビションちゃんたちなのだそうです。

飼い主さんがビションを繁殖して
7頭まで増えたのではなく...



#4.Jul. 14, 2015

7頭のビションちゃんの全員を
このレスキュー団体を通して
迎えられたとのことでした。

どの子もみんな幸せで輝いていましたよ。



#5.Jul. 14, 2015

ビション・レスキュー団体が開催する Bichon Bash の多くが
Parade of Rescues というプログラムを組んでいると思います。

Parade of Rescues というのは
そのレスキュー団体を通じてレスキュー&里親に迎えられたワンちゃんたちを
紹介するというものです。

ですから、こちらは
過去にこのレスキュー団体を通じて
ビション(または、ビション・ミックスの子達)を迎えた人たちが
自分ちのワンちゃんをお披露目するのを待っている列の様子の写真です。



#6.Jul. 14, 2015

ビションちゃんを膝に乗せながら
マイクを持ってお話されている
黒髪・黒い服を着た女性が
このレスキュー団体の代表の方のようです。

たとえ、このレスキュー団体からアドプとされていったとはいえ

レスキューされたビションちゃん達の全員について
レスキューされた当時のこと
里親さんが見つかった時のエピソードなどを
代表の方が詳細にお話されているのが
とても印象的でした。



#7.Jul 14, 2015

ゆきのそばに
レスキューされて里親が見つかった
ビション・ミックスの子が写っていますが
このワンちゃんは...



#8.Jul. 14, 2015

後ろ脚が一つしかありませんでした。

神様はこの子に
チャレンジを与えられたのかもしれないけど

心優しい里親さんに迎えられることになって
誰にも負けないぐらい幸せな犬生を送っているに違いないです。


前回の記事では
アメリカの Big Black Dog Syndrome (黒い大型犬症候群) のことを書きました。

語弊があるかもしれませんが

ブリーダーやペットショップから犬を迎えることよりも
レスキューされた犬を迎える人が多い(と思う)アメリカでは
純血のビションだったら、比較的早く里親が見つかるのだと思います。

しかし、純血のビションといっても
比較的簡単に里親が見つかるのは

若い子(若ければ若いほど)
健康に問題がない子(医療費がたくさん掛からない子)

なんだと思います。

(日本のレスキュー事情も同じだと思います。)

この日、Parade of Rescues で紹介された里親さんたちの中には
ビションといえども、里親を見つけるのが難しい

老犬 や

持病を持っていて医療代が多くかかる犬 ばかりを

敢えて選び、家族として迎える人たちがいました。

こんな優しい方達にアドプトされたビションちゃんたちも、また
幸せな毎日を送っているに違いないです。



#9.Jul. 14, 2015

この日、紹介された里親さんたちの中に混じって
あるボランティアの方が紹介されましたが
その方もビションへの愛・犬への愛が半端ない方でした。

アメリカで犬種に関係なく犬をレスキューする団体の場合
レスキュー団体自体がその為の施設を所有していて

レスキューされた犬達は里親が見つかるまで
その施設で暮らすことになることが多いと思います。

一方、犬種を特定してレスキューする団体の場合
(少なくとも私が知っているビションのレスキュー団体はどこも
 そのスタイルをとっていると思います)

レスキューされた犬は
一時預かり(フォスター)のところで
里親が見つかるまでの間
一時預かりの家族の一員として暮らすことになります。

ですから、ビションのレスキュー団体はどこも
レスキューした犬の里親を探すだけでなく
レスキューした犬をボランティアで一時預かりしてくれるフォスターも探さなければいけません。

この日、一時預かりを専門として
ビションのレスキューに貢献している方が紹介されましたが

なんと今までに
132頭のビション
一時預かりをしてきた方がいらっしゃいました。

この記事のタイトルに書いた
アメリカでビションが捨てられる一番よくある理由ですが...

日本はビションの歴史がアメリカに比べて浅く
捨てられるビションのケースがアメリカほどではないので
まだ、そういった統計が出ないのかもしれませんが

アメリカでビションが捨てられる一番多い理由は
トイレがちゃんとできないことなのだそうです。

132頭のビションを一時預かりした方が預かった132頭全てに
おトイレの問題があったわけではないと思いますが

預かったビションに家中、おもらしをされても構わない覚悟で
今までビションを預かり続けてきたのではないかと思います。

もちろん、その方への負担は
粗相だけではないと思いますが。


ビションへの愛や情熱を語ることは容易だけれど
132頭をビションをフォスターしてきた方や
老犬、病気を抱えたビションたちばかりの里親になる方達には
決して足を向けて寝ることはできないと思った日でした。

Bichon Bash 関連の記事は
これで終わりです。

(もう、1ヶ月前の話だよ!)



にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

プードルはビションではありません

2ヶ月前にトリミングに行った時のことです。
(記事にするのを忘れていました


トリミング後 ゆきを迎えにいくと
トリミングテーブルにいたワンちゃんを見て
「あらまぁ カットしに来たら
 ゆきの毛が短くなるどころか長くなったわ 」と
一瞬思いそうになりましたが
もちろんゆきではありませんでした










Poochon.jpg

こちらのワンちゃんは「ビション」ではなく
ビションとプードルのミックス「プーション」です。


飼い主さんはプーションちゃんをビションらしく見せたいそうですが
今までどのトリミングにも満足することができず
トリミングサロン・ジプシーを続けているそうです

このプーションちゃんがこのトリミングサロンに来たのは
この日が2回目とのことでした。

プーションちゃんの飼い主さんはトリミング後の姿を見て
「これはビションではない」と怒って
2回目のトリミングにして
トリマーさんのことをクビにしたそうです

この子は「プードル・ビション ミックス」であって
「ビション」ではないのだから
純血のビションに見せようとすること自体に無理があるのに...。

ビションの特徴を欠いていたら
コートだけではどうすることもできないのにと思いました。

例えば...
ビションには欠かせない
目の周りとさらにその周辺の黒い縁
英語で言う Halo (発音は「ヘイロー」でして「ハロー」だと挨拶になっちゃいます)が
このプーションちゃんにはほとんど入っていませんでした

(プードルにはヘイローが入っていないのでしょうか???) 

ビションはアメリカではどこにでもいる犬種なのにもかかわらず
「ビション」ではなく わざわざ「プーション」を迎え
そのプーションをビションに見せようとしている
飼い主さんの意図が誰にもわかりませんでした

もしかしたらこのプーションちゃんは
里親に出されていて
この飼い主さんが引き取った可能性もあります。

それならそれで
この子が「プーション」であることを尊重して
プーションの魅力を引き出すようなカットにしてあげればいいのに
なんだかなぁと思わずにはいられませんでした


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援して下さる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

バーブラ・ストライサンドのビションフリーゼ

私のブログで何度も書きましたが
アメリカではビションはよくいる犬種です。
( “ ビション先進国 ” とでも呼ばせて下さい

ですので、アメリカの芸能人で
ビションを飼っている人は
珍しくないと思います。

例えば日本でも有名な人で
ビションを飼っている芸能人ですと...












pet-01-reveal-new.jpg

クリスティーナ・アギレラ (Christina Aguirela) さんがいます。

彼女が抱いているのが彼女のビション “Lucy (ルーシー)” ちゃんです。


先日 私のブログのコメント欄で あるビションの飼い主さんから
バーブラ・ストライサンドさんが ビションを飼っているということを
教えていただきました。



IMG_3349_convert_20120115031144.jpg

(↑ あっ これは うちの犬です

そしてバーブラ・ストライサンドさんの
ビションのことをネットで検索したところ
興味深い動画を見つけることができました。

この動画はユーチューブにアップされたものです。

アメリカで “最も有名な女性” と言っても過言ではないのが
オプラ・ウィンフリー (Oprah Winfrey) さんという人ですが
彼女のテレビ番組 “オプラ・ウィンフリー ショー” に
バーブラ・ストライサンドさんのがゲスト出演した時の動画です。

この動画ではバーブラさんが
“Smile (スマイル) ” という曲を歌っていますが
彼女が歌っている間
バーブラさんのビション君である “Sammy (サミー)” 君の写真が
スライドショーとなって出てきます。

サミー君はもう亡くなってしまいましたが
バーブラさんによると
この “スマイル” という曲を歌う時に
インスピレーションとなるのが
サミー君なんだそうです。

この動画では歌の後に
コトン・デ・チュレアールが出てきますが
このワンちゃんは結婚5周年の記念に
バーブラさんの御主人から贈られたそうです。

サミー君にちなんで
このワンちゃんに “サマンサ” ちゃんと名付けたそうです。

↓ 下がバーブラさんのビション君が紹介されているユーチューブの動画です。
↓ (ちなみにサミー君の写真は 2:17 頃から出てきます。)


Barbra Streisand  “ Smile ”



IMG_3380_convert_20120115031332.jpg

ちなみに このブログの英語のタイトルは
“ The Dog that Smiles: The Bichon Frise ” (スマイルする犬 : ビションフリーゼ) です

バーブラさんにとって “スマイル” という曲を歌う時の
インスピレーションがサミー君ならば
私のブログ “スマイルする犬 : ビションフリーゼ ” の記事を書く時の
インスピレーションは もちろん ゆきです
(↑ あたりまえじゃん


応援ポチしてくださると
ブログ更新の励みになります
いつも応援してくださってありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ビションカットに飽きた時にお奨めのカット


sphinx-200x0.jpg


ビションカットに飽きた時には
スフィンクスをテーマにしたこんなスタイルは
いかがでしょうか?
(このモデル犬は 勿論ビションです)




ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。