笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

犬の歯周病の場合は?: 「子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大」

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

朝日新聞デジタルでこんな記事を見つけました。

「子の虫歯、親の学歴で格差 成長につれ差が拡大 東北大」
http://www.asahi.com/articles/ASK5S73BKK5SUBQU01W.html?iref=comtop_list_api_n04

この記事によると
「子どもの虫歯の割合は、親の学歴や収入によって差があり
 子どもの成長につれて差が広がる」という調査結果を
東北大の研究グループがまとめたのだそう。

犬の虫歯はとても珍しい一方
犬の場合、歯周病は人間の歯周病よりも
もっともっと深刻な問題だと言われています。

今まで、アメリカで出会ってきた
沢山の犬の飼い主さんたちと
犬の歯のことについて話してきました。

飼い主さんたちの「学歴」や「収入」が
どんな感じなのかわかりませんが
私が今まで会ってきた中だと

年齢の割にお口の中の状態がとても良い犬たちの飼い主さんたちは
犬がパピーの頃から歯のお手入れを始めただけでなく
やはり、犬がまだとても若いうちから
1年に1度とか定期的に
歯科治療・歯科処置(←全身麻酔下でのみ可能な行為です)を
犬に受けさせてあげた人が多いです

一方
そういう犬種ではないのに、よだれをたくさん垂らしたりする犬
(ニューファンドランド、セントバーナードなどはよだれが多いのが普通ですが)
口臭がする犬
見るからにお口の中の状態が悪い犬
の飼い主さん達と歯のケアについて話すと
今まで一度も歯科処置・歯科治療を受けさせたこともなく
その必要性さえ否定する人が多いです

アメリカは獣医歯科が世界一進んだ国なのに

もちろん、個体によって
歯周病が重症化しやすい犬と
そうでない犬がありますが、それでも

歯の健康のために、たくさんお金を使ってきてもらえた犬と
そうでない犬とでは
年齢を重ねていくたびに
歯の状態の差がますます広がっていくのは歴然で

ある意味、人間の子どもの虫歯と同じなのだと思います。

ゆきに生まれて初めて
歯科処置(=麻酔下歯石除去)を受けさせたのは
去年の7月で
ゆきが5歳の時でした。

パピーの頃から歯磨きを始めていたおかげで
歯石が少ししか付いていなかったものの
初めての歯科処置を5歳まで待ってしまった私は
獣医歯科が世界一のアメリカのスタンダードからしたら
ダメ飼い主(=ネグレクト)でした

ちなみに...

高齢だから全身麻酔はできないと
決めつけてしまう飼い主さんたちが
日本にはとても多いですが

私が住んでいる町の獣医歯科認定医は
犬は20歳まで、問題なく
歯科処置・歯科治療(もちろん、麻酔をかけて)を
するそうです。

(どの犬も20歳まで歯科処置を受けるべきという意味ではありません

獣医歯科においては、アメリカにだいぶ、遅れをとっていた日本でも
歯科を得意とする獣医さんがすごく増えたので
1頭でも多くの日本のワンちゃんが
「手遅れ」になる前に
歯科治療を受けさせてもらえたらいいなと思います。



#1.Jun. 20, 2017

近いうちに予防接種を受けさせに動物病院に行くので
獣医先生にゆきのお口の中の状態を
診てもらう予定

先生に叱られることがありませんように


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

約1年ぶりにゆきの尻尾が下がり、至急、動物病院に連れて行きました。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

今週の月曜日の朝のことでしたが

久し振りに我が家の裏庭に
ゆきが大好きなお隣の猫ちゃんが出没

大興奮のゆきは庭を走り回ったり
家の中でも爆走し続けていました

その後、ベッドルームにあるバリケンの中にいたゆきが
いつもより元気がないことに気付き
ゆきをバリケンからを出させると

ゆきの尻尾が下がっているではありませんかっ

普段、絶対に尻尾を下げることのないゆきが
今年になってから初めて尻尾を下げていたので
私にとっては緊急事態発生も同然のことなのです

ゆきの尻尾が下がるのというのは
ゆきに何かが起こったことの証拠で
ゆきの尻尾が下がったのは
去年、出血性胃腸炎になって以来
ほぼ1年ぶりのことになります

(↑ブログでも書きましたが
 出血性胃腸炎になった時は
 ゆきを救急動物病院に入院させることになりました

まずはどこが悪いのかを見定めようと思い
「お魚が食べたい?」と尋ねても
私と一緒にキッチンに行こうとせず。

(ゆきが一番好きな食べ物はお魚

で、ベッドルームに居るゆきの口元にお魚を持ってくると
パクッと美味しそうに食べるのです

ゆきを観察し続けると
どうも右脚を使いたくないというか
右脚をかばっている様子。

やはり猫ちゃんに会って興奮して
爆走していた時に右脚を痛めた模様。

アメリカでは救急病院を除いては
どこの病院も予約制をとっています。

かかりつけの動物病院にすぐに電話したものの
その日(月曜日)は既に予約が全部、うまっているとのことでしたが
獣医先生の計らいで
無理を聞いて診てもらうことができました。

ゆきが脚を痛がっているのがわかっているのに
様子を見続けるということはしたくなかったので
不幸中の幸いでした



#1.Jun. 9, 2017

診察室で先生が来るのを待っているゆき。

負傷した後、病院に連れてくるまでの間は
右脚が痛くて
お座りができませんでした。

病院に連れてきた途端
お座りができるようになったものの
右脚が痛いせいで
オネエ座りになってしまっているゆき。

(尻尾と右前脚の間に
 右後ろ足がちょこっと見えます。)

ゆきがお座りをしている時って
正面から見ると
後ろ足が見えないぐらい
きちっと座るのですが

ゆきがオネエ座りをするのを見るのは
ゆきを迎えてから初めてのことでした



#2.Jun. 9, 2017

看護師のチェルシーちゃんに抱きしめられている間
先生(ゆきの頭で隠れちゃってるけど)が
ゆきの両脚を比較している様子です。

先生にも
「He is favoring his right leg.」(ゆき君は右脚をかばっていますね。)と言われ
やっぱり爆走した時に、右脚を痛めたよう。

今は処方された鎮痛剤(+消炎剤)のお薬を服用して
様子を見ています。

このように、いつ何があるかわからないし
別の病気で緊急手術をしなければいけない可能性はゼロではないので

常にベストの体重をキープさせておくことの大切さを
あらためて実感いたしました。

(体重が増えちゃったことは
 先生に指摘されなかったけどね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

250グラム増量のままで、動物病院に連れて行くわけにはいかないのよぉ(。>0<。)

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

ダイエット中のため
おやつが貰えず退屈で
ぐったりしているゆき



#1.May 30, 2017

実はゆきは6ケ月ごとの健康診断を
もうすぐ控えています。

ゆきがお世話になっている獣医先生は
ゆきにはとても優しく
飼い主には厳しい方

ゆきが250グラム増量したのを知ったら
Winkle、獣医先生に厳重注意されちゃうのよ

体重が元に戻るまで
おやつは待っててね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ゆきの体重が増加で、私も一緒にダイエット、ヽ`(~д~*)、ヽ`

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。

今日の朝ん歩の後
いつものようにゆきの体重測定をしたところ
なんとゆきの理想体重から
250グラム近く増えていました

ビションで250グラムといったら
人間では2.5キロに相当します

もちろん、昨日から一日で250グラム増えたわけではなく
少~しずつ体重が増加していました

このところ、おやつの量が増えていたのが原因です

犬の体重を減らすのは
とても難しいけど
増やすのって、ホント
あっという間のことですね

勿論、ゆきは何も悪くありません

私と違って夫は食べ物で
ゆきの気を引こうとするような卑怯なまねはしないので
全て私の責任です



#1.May 27, 2017

結局、犬の肥満は運動不足よりも
食べ過ぎが原因のことが多いですし

(注: 「犬が食べ過ぎる」のではなく
 単に「飼い主が食べ物をあげ過ぎる」のであります)

運動量は増やさずに
食べ物をあげる量を減らして
ダイエットをする予定です。

ゆきが250グラム減量するまでの間
歯磨き後のご褒美としての
ココナツオイルとデンタルおやつ以外は
間食はあげないようにしなければ

間食なしで頑張っているゆきの目の前で
私がバクバク食べるわけにはいかないので
ゆきが理想体重に戻るまでの間
私も間食なしのダイエットをする予定

(ダイエットだなんて、ホント、私らしくないですぅ



#2.may 27, 2017

「お腹が空いたよぉ~!おやつが食べたいのだ」 by ゆき

ええ、私もお菓子が食べたいです


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

アメリカの犬の54%が太ってます。

今日もゆきに会いに来ていただき
ありがとうございます。



#1.May 7, 2017

今日は小雨の降る中
森の中のドッグランに行ってきました。



#2.May 7, 2017

こちらの黒ラブ君
ゆきのことが大変気に入ったようで...



#3.May 7, 2017

私たちがドッグランにいる間、ずっと
ゆきのことをストーキング



#4.May 7, 2017

コートが黒くてよく見えないけど
新しいワンちゃんが到着した時も
ゆきのことをじっと見つめています。

他のワンちゃんのことは
完全にアウトオブ眼中でした



#5.May 7, 2017

黒ラブ君は
過体重どころか
完全な肥満犬

お腹の部分(アンダーライン)が
地面に対して水平でした。

とってもゆっくりと歩くし
動作がだいぶのんびりとしているので
かなりの高齢犬なのかと思ったけど
白髪が一切ないのです。

もしかしたらまだ若いのに
体の重みで関節が悲鳴をあげているのかも



#6.May 7, 2017

アメリカの犬の54%が太っていて
この数字は年々、増え続けています。

ラブは太りやすい犬種なので
この子ぐらい太ったラブは
アメリカでは当たり前って感じかな



#7.May 7, 2017

来月は健康診断を受けるゆき

獣医先生に褒めてもらえるように
体重管理を頑張っていこうね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちに感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。