笑う犬 ビションフリーゼ

ビションフリーゼの男の子 ゆき との生活をつづった日記です。

わんわんパラダイスで合宿したのだ~♪

今日の記事はすご~く長いです


先々週、カナダを旅行しましたが
ゆきには4日間
地元のわんわんパラダイスで合宿してもらいました。

つまりワンコ保育園にお泊りしたってわけです



1.Apr. 3, 2013

ゆきをわんわんパラダイスに預ける前日に
ゆきをおうちワンプーしました。

この写真が
ワンプー後のゆきです。

ワンコ関連の仕事に従事するような愛犬家が
ワンコを外見で判断するようなことはないと思いますが
念のため、わんわんパラダイスの従業員に
ゆきを少しでも可愛がってもらおうと
前日にゆきをおうちワンプーしました。

(もちろん、動機は冗談です


ゆきは留守番が苦手なため
留守番が2,3時間以上になりそうなときは
普段からゆきをワンコ保育園に預けています。

(私たちが利用するワンコ保育園は
 犬がケージの中に入れられることがなく
 他の犬といつでも自由に遊ばせるタイプの保育園です。
 アメリカではこの方針のことを
 「プレイケア」と呼んでいます。)



2.Apr. 3, 2013

わんわんパラダイスにチェックインしている時の
フロントでの様子です。

看板猫と遊びたくてうずうずしているゆき。

ゆきは猫も大大大好きです



3.Apr. 3, 2013

看板猫に猫背をしてみせるゆきのように見えますが
丸まって見えるのは背中ではなくて尻尾です

ゆきは機嫌が良い時はこの写真のように
尻尾が背中にくっつきます

まさに、「尻尾を背負う」ですね



4.Apr. 3, 2013

「ネコちゃ~ん、隠れないで、出てきて欲しいのだ~



5.Apr. 3, 2013

猫に出会えて
ゆきが本当に嬉しそうでした



6.Apr. 3, 2013

こちらがゆきのお世話をしてくれた男性と
看板猫その2です。



7.Apr. 3, 2013

わんわんパラダイスには
ベッドと毛布を持参しました。

こちらのわんわんパラダイスでは
ドッグフードは飼い主に持参させるポリシーをとっています。

どちらにしろゆき自身のフードをあげたいので
かえってありがたいポリシーです。

ついでに、ゆきは
ステンレス恐怖症&大きいお皿恐怖症なので
いつも使っている器も持参しました。

そして、日中、ゆきに与えてもらうように
わんこクッキーと
就寝前のデンタルおやつも持参しました。

(実際に歯磨きをすることと比べたら
 意味のないことだとはわかってますが...。)

ゆきが自分のベッドの匂いを嗅ぎながら...



8.Apr. 3, 2013

ペロンチョまでしているのは
おやつの匂いがするからなのです。

少しでもフードの食いつきをよくするために
嗜好性の高いトレーニング向きのおやつを
一食分ずつに小分けされたフードと一緒に
ジップロックに入れました。



27.Apr. 3, 2013

こちらがフードと一緒に入れた
トレーニング用のおやつです。

人間用のジャーキーっぽい匂いというか
スモーキーな匂いがして
実際に結構、美味しいです。

こちらのメーカーのフードを
ゆきにも2回食べさせたことがあります。

1枚につき12カロリーもするので
6等分に切って
1/2枚分ずつ一食分のフードに入れました。



26.Apr. 3, 2013

こんな感じにです。

わんわんパラダイスの従業員宛てに書いたメモの汚文字は
実際のワタクシの筆跡です

見苦しいのでモザイクを掛けようかと思いましたが
かえって変なのでやめておきました



9.Apr. 3, 2013

わんわんパラダイスのフロントを
忙しなく行き来するゆきなので
写真がボケボケのものばかりです。

ゆきがせっかく可愛く(注:私の個人的意見です)撮れたのに
ボケボケの写真で残念です。

もしかしたら、ボケボケなので
ゆきが可愛く(注:私の個人的意見です)見えるだけなのかもしれません


こちらのワンコ保育園は
ワンコたちが日中、自由に行き来できるスペースは
少なくともバスケットボールのコートの1/2分はあります。

(こういう時に、「田舎暮らしでよかった~」と思います

そして朝の6時から夜の8時までは
ワンコたちが自由に庭にも出れるようになってます


カナダ旅行から帰ってきてゆきをピックアップしに行くと...



10.Apr. 3, 2013

もちろん、ゆきが無事でいました



11.Apr. 3, 2013

帰宅する前にもう一度
わんわんパラダイスのオーナーさんに
うねうね・くねくねするゆき。

オーナーさんに4日間のゆきの様子を伺うと
「んまぁ~~、滅茶苦茶フレンドリーで社交的だったわ」でした

私たちが迎えにくるまでの間
いつも通りのゆきでいてくれて安心しました



12.Apr. 3, 2013

最後にわんわんパラダイスの中を
元気一杯ゆきが走ります。



13.Apr. 3, 2013

うちの「ビション・エンジェル」を眺めていると...



14.Apr. 3, 2013

本当に癒されます



15.Apr. 3, 2013

わんわんパラダイスから帰宅した直後のゆきです。

カーペットの上にブランケットを敷いているのは
ゆきが汚いのと
よその犬の匂いがついていたからです

ゆきを預ける前は
迎えに行った直後にゆきを洗おうと思っていましたが
飼い主がいなくて淋しい思いをさせていたのに
いきなりシャンプーというのは可哀そうだなと気持ちが変わって...

結局、ゆきをシャンプーしたのは
2日後のことでした。

汚れて帰ってくるというのがわかっていてあえて
わんわんパラダイスに預ける前日にゆきをシャンプーしたのは
少しでもコートが縺れることがないように
ゆきのコートがベストのコンディションで
ゆきを預けたかったからでした。

わんわんパラダイス合宿中は
他のワンコのよだれで
ビショビショになることも想定していましたし...



16.Apr. 3, 2013

こんな感じに他のワンコの手荒な扱いを受けることも
想定していたからです。

「シュナウザーさん、あなたが僕より上なのはわかっていますから
 どうか僕のてんこ盛りだけはそっとしておいてください」by ゆき

また、このワンコ保育園では天気に関係なく
日中は庭と建物の中をワンコが自由に出入りできると書きましたが...

カナダ旅行中、私たちの町で雪が降る予報が出ていたので
(実際に雪が降りました)
4日後に迎えに行くまでには
ゆきが縺れ&毛玉大王になっているだろうと
覚悟していました。



17.Apr. 3, 2013

こちらは別のワンコ保育園にゆきを預けた時のことですが...

こちらのワンコ保育園では
「ウェブカメラ」が設置されていて
一日中、屋内のワンコのプレイエリアを
ネットで眺めることが出来るようになっています

(この時は外出先に iPad を持参して
 ウェブカメラに映ったゆきの姿を写真におさめました。)

手前が小型犬&老犬のエリア
向こう側が大型犬エリアです。

(一応)白っぽい(一応)小型犬の
ゆきがいるのがわかりますか?



18.Apr. 3, 2013

大型犬エリアのワンコに興味があるのかなと思いましたが...



19.Apr. 3, 2013

ゆきは大型犬エリアにいる従業員さんに
甘えたくてピーピー言っている最中なんだと思います



20.Apr. 3, 2013

小型犬・老犬エリアにも
従業員さんが来てくれました。

ゆきがいるのは真ん中右の辺りです。



21.Apr. 3, 2013

もちろん、従業員さんにゆきはついていきます。

この日もまた雪が降っていましたが
雨でも雪でも寒くても
自由に屋外と屋内を行き来させるのは
「プレイケア」のスタイルをとっているワンコ保育園のほとんどがそうだと思います。

(寒そうに見えますが、室内は床暖房になっています



22.Apr. 3, 2013

なるべくキレイな姿のままでいて欲しいと思うのは
飼い主の都合でしかないとはわかってますが
行くなと言われて、ゆきが、ますます行きたくなるのが
雪の降りしきる外とドロドロの地面です


4日間のわんわんパラダイスから戻った直後の写真にもどりますが...



23.Apr. 3, 2013

これは帰宅してからまだ一切お手入れをしていない
ボロ雑巾の状態のゆきです。

雪の中でも自由に屋外と屋内を行き来していたゆきなので
5日ぶりにお手入れした時は
さぞかし縺れ&毛玉で悩まされるかと思いましたが...

ラッキーなことに
尻尾の根元に近いところに縺れができていましたが
(普段使いのブラッシング用スプレーで簡単にほぐれました)
その他は縺れも毛玉もほぼゼロで
ゆきは我が家に帰還してくれました

ゆきの頭頂部の毛がまだ短いからということもありますが
このようにボロ雑巾の状態でも
てんこ盛りがパックリ割れることがなく済みました
(おうちワンプー直後の写真と比べると
 てんこ盛りの高さが縮んでますが...。)



24.Apr. 3, 2013

わんわんパラダイスの合宿を無事に終えたご褒美に
ゆきに大根スープを作ってあげました。

大好きな大根スープを飲めて
100点満点の笑顔のゆき

たかが大根スープでこんなに喜んでくれるなんて
ホント健気なワンコです

もっと大根スープ欲しい?と尋ねたら...



25.Apr. 3, 2013

ゆきが「Yes」の答えとして
私の方に歩き始めてしまいました

おかげで、せっかくゆきが可愛く(注:私個人の意見です)撮れたのに
ボケボケの写真になっちゃいまいした。

もしかしたらボケボケの写真だからこそ
ゆきが可愛く(注:私個人の意見です)見えるのかもしれませんね


応援ポチがブログ更新の励みになります
応援してくださる方たちにいつも感謝しています
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

☆ トイレのコマンドと義理チッチ ☆

ラッキーなことにゆきを生後12週で迎えてから
たった3日でゆきはトイレを覚えてくれ
それ以降 粗相(チッチ)は4回しかありませんでした。
そのうち3回は以前住んでいた家での
トイレ設置場所のすぐ近くのタイルの上で
そして残り1回は引越し移動中に一泊した
ホテルの部屋(カーペットの上で)でした。
ホテルの部屋で粗相をしてしまったのは
以前の宿泊客の犬が粗相したところに
してしまったんじゃないかと思います。

そしてマーキングも
散歩中の外でのマーキングは好きなのですが
家の中では1度もマーキングしたことがありません。
(頑固だしイヤイヤのことが多いゆきですが
トイレに関しては私たちはビションの飼い主としては
かなりラッキーな方だと思います。)

あれだけ散歩中の外でのマーキングが好きだったゆきですが
驚いたことに引越ししたことがショックだったのか
一時滞在のホテルに住んでいた時
最初の1週間は散歩中でも一切マーキングをしませんでした。
散歩に連れ出すとまもなくいっきにジャーっと
トイレはしたのですが ちっちはそれだけで
1時間近い散歩の間にマーキングは一切なしでした。

そしてもう一つ驚いたことに
引越すことのショック・ストレスが原因となったからなのか
真っ黒だったゆきの鼻が
4日間ぐらいでいっきに退色し
鼻のほんの一部が肌色に近くなるぐらい退色しました。
(いっきに退色しましたが一時滞在のホテルに落ち着いてからは
同じく4日間ぐらいでいっきにまた真っ黒に戻りました。
あれは一体何だったのかとても不思議な経験でした。)



647_convert_20110615020506.jpg

さてこちらがアメリカの消火栓です。
日本でマーキングのシンボルといえば電柱ですが
アメリカでマーキングのシンボルといえばこの消火栓になります。
消火栓はワンコ用の名札など
ワンコグッズのモチーフのデザインとしてよく使われます。



648_convert_20110615020607.jpg

ご覧ください。
マーキングどころか
消火栓の前でフセをしちゃってます。
犬としての本能 いえ ♂犬としての本能は
どうしちゃったのでしょうか。
こんなマーキング激戦区で寝そべってくれるなんて
飼い主への嫌がらせとしか思えません。

しかしマーキングできなくなってから1週間もすると
再び散歩中のマーキングが始まりました。
しかも以前に増してパワーアップしてです。

以前住んでいたところで散歩をした時は
散歩をし始めるとすぐに “ジャー” と足を上げずにチッチをし
それから一回の散歩中7回ぐらいマーキングをするのですが
最初のマーキングは “チョロチョロ” そして “チョロ”
それから “チッ” となり最後の約2回のマーキングは
何も出ない空(から)マーキングだったのでした。

ところがマーキングがパワーアップして戻ってきた時は
散歩を始めてから直後の “ジャー” のチッチをしなくなり
最初のマーキングからすでに少量の “チョロ” しかしなくなり
散歩中12回くらいマーキングをするのですが
空マーキングになることもなく
最初から最後のマーキングまで一定の量を保った
“チョロ” マーキングをするようになりました。
賢い犬だと私も感心しますが
有難くも何ともない賢さです。
(東京のど真ん中でこれをしたらもちろん NG ですが
この片田舎の何もないところですから
私も自由にマーキングさせてます。
もちろん個人が所有する家の前ではさせませんし
うんPは100%拾いますよ!)

この賢いマーキングを始めるようになってから
ゆきが飲む水の量が本当に増えました。
まるでもっとマーキングできるように
無理してたくさん飲んでいるかのように見えます。
(ゆきには水道水は絶対に飲ませず
 買った水しか飲ませないので
 このパワーアップマーキングは
 我が家の家計にとっても有難くないです。)


さてやっと本題に入ります。

外でのトイレが好きなのは別に構わないのですが
問題は屋内でのトイレを忘れてもらっては困るのです。
ホテルの部屋で粗相をしてもらっては困るので
夫クンがしょっちゅうゆきを外に連れ出してしまって
ますます屋内でのトイレが難しくなってしまいました。
以前住んでいたところなら外のみでも
問題ない気候だったのですが
引越して来たこの町は冬が長くそして雪も多いので
屋内トイレもしてもらわないと困るのです。

ゆきが我が家に来た最初の日から私たちが必ずしてきたことは
ゆきがトイレをしている時 “ワン ツー ワン ツー...” の
“トイレに行け” という意味ののコマンドをかけてきたことです。
すぐにゆきも “ワン ツー ワン ツー” は
“トイレに行け” ということだと理解してくれるようになりました。
以前は2階建ての家に住んでいて
ゆきのトイレは2階にある主寝室の
バスルーム(というか脱衣所の部分)に設置してありました。
その家に住んでいた時 チッチの粗相が3回で済んだ理由は
バリケンネルを寝床に使ったこととタイミングを見計らったことがありますが
もう一つの理由は例えばゆきと一緒に1階にいた時も
時々2階のトイレに連れて行って
コマンドでチッチをさせたからということもあると思います。

コマンドでのトイレを教えた一番の理由は
将来ゆきと一緒に日本に里帰りした時
空港のターミナル内で そして トイレシートの上で
私が望むときにトイレができるように
なって欲しかったからです。

ドッグフードをなかなか食べてくれないゆきに
おやつは滅多にあげないのですが
唯一与えるとしたら
コマンドでトイレをした時だけでした。

マーキングがパワーアップしてからというもの
本当に屋内でのトイレが難しくなってしまいました。
ゆきにとってチッチは財産で
それこそもったいなくて屋内でのトイレなんかで
無駄にはしたくないように思えます。



237_convert_20110615021449.jpg

ご覧ください。この足の上げようを。
最近では外でする時は本当に高々と足をあげます。
ゆきは四股をふんでいる関取のつもりなのでしょうか?



179_convert_20110615021201.jpg

それともバレリーナのつもりなのでしょうか?


とにかくシートの上でトイレをさせようと
ある日の朝 朝の散歩に連れ出す前に
コマンドでトイレをさせようとしたのですが
ゆきは一切無視。
何度も何度も試したのですがそれでもダメ。
すでに午後1時を過ぎてしまい
ゆきの大好きなチキンのジャーキーを見せながら
ワン ツー ワン ツーとコマンドを言ったところ
まるで苦悩するかのように
両前足で耳を掻くような素振りをして体をうねうねさせ
ウォンウォン 大声で泣きながら
その日初めてのチッチ しかも
“ジャー” ではなくてそれこそ少量の
“チョロ” しかしてくれませんでした(涙)。

その日以来トイレのコマンドを言うと
時々シーツの上でチッチをしてくれますが
“ジャー” ではなく
私に情けをかけてしてくれる “チョロ” のチッチ
つまり “義理チッチ” しかしてくれません。

外でしかトイレのできないビションフリーゼだなんて...。
しかも雪が多いこの地域に住んでいて...。
本当に頭が痛いです。



018_convert_20110615020059.jpg


“義理チッチって一体何のことですか?”


長文を最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。




ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

フレンドリー過ぎる犬も 困りもの

ゆきの長所の一つは まったく人見知りも犬見知りもしないこと
そして短所の一つも 誰に対してもフレンドリー過ぎることです。


496_convert_20110510063457.jpg


ゆきが朝夕の散歩に行くのは夜明け直前と日没直前です。
これはなるべく涼しい時間帯に散歩をさせたいからなのですが
もう一つ理由があって さみしいことですが
近所の人達が散歩・犬の散歩に行く時間帯を
なるべく避けているからなんです。
人の姿・犬の姿が遠くに見えるだけで
嬉しくて興奮してしまって散歩になりません。

怖いものが殆んどないというのは良いことですが
ゆきの場合 度が過ぎて人が大好き犬が大好き。
散歩中 人や犬に出会うと
狂ったようにクークー言うというか 鳴き叫んでしまい   
跳びかかるというよりむしろ突っ込んで行こうとします(冷や汗)。

“ いいですよー。ナデナデしますよー。”と
言ってくれるご近所さんがほとんどなので
その言葉に甘えさせてもらうのですが そうすると
ご近所さんの片方の足を軸としてぐるぐる走り回るので
リードはご近所さんの足に巻き巻きに絡まるし
それをほどこうとしてご近所さんが身を屈めると
今度はお腹を見せながら超高速でうねうねし始めます。

もし私が止めないとこれが延々と続くので 1 サイクル(?) で止めにはいります。
皆さん“子犬だから仕方ないわよ”と言ってはくれますが
やはりゆきの元気のよさに圧倒されます。

散歩中に犬に会っても興奮しまくりです。

ゆきは生後12週までブリーダーさん宅にいました。
そのブリーダーさん宅には成犬のビションが10頭そして
出産が重なったため 子犬も10頭以上いて
ゆきは我が家に来るまでの12週間ものあいだ まさに
ビションのモフモフ大軍団の一員として過ごすことができました。
(ブリーダーさんはショーブリーダーでして 決してパピーミルではありません。)

ブリーダーさん宅で社会性を身につけてくれたおかげで
どの犬に対してもフレンドリーになってくれたのはいいのですが
全ての犬が自分と友達になりたいわけではないことを
わかっていないようです。

犬に出会うと うれションしながら突撃していくのですが
今までの経験からすると
小型犬にはビビられ
スコッチテリアやミニシュナなどのテリアにはウザがられ
老犬には迷惑がられ
ドーベルマンなどの冷めた感じの大型犬には無視され
同じく子犬だというのにラフコリーには全く相手にしてもらえませんでした。

でもゆきのことを相手にしてくれる犬もいまして
温和だけど活発な中型犬・大型犬は大体
ゆきのことを受けとめてくれます。
特にラブ・ゴールデン・ボーダーコリーは
ゆきの腕白ぶりを理解してくれるし
ゆきも彼らのことが大大好きです! ! !

この日はカメラを持って散歩に行って
運良く ( ?) ゆきが迷惑がられている写真が撮れました。

我が家から 3 軒目に住んでいる 13 歳の
オーストラリアンシェパード君(以下AU シェパード)に出会いました。

493_convert_20110510064037.jpg

AU シェパード君は既に ゆきのしつこさを経験済みです。
AU シェパード君の引きつった目に注目!



491_convert_20110510063837.jpg

ゆきはまずはナデナデしてもらうため飼い主さんに突撃です。



492_convert_20110510064231.jpg

次はAU シェパード君にあいさつしに向かって生きます。
AU シェパード君の目は引きつったままで 金縛り状態です。



494_convert_20110510064629.jpg

ゆきは超高速のシッポぶんぶんで 更にAU シェパード君に近づいていきます。
AU シェパード君の金縛り状態は続きます。
写真 下真ん中でちょっと左寄りのあたりの地面が濡れています。



495_convert_20110510064745.jpg

まぎれもなくゆきの “うれション” です。
一方 AU シェパード君の目はひきつったままで
相変わらず身動きがとれません。
このままでは埒があかないし
AU シェパード君の寿命を縮めてもいけないので
この日はワンコとの絡みはなしで家路につきました。

こんなうざいゆきですが そのことを承知で
散歩中のゆきを見かけると
運転中の車を止め ゆきをナデナデするために
わざわざ車から降りてきてくれる人もいます。

空振りの時も多いのですが
自分の情熱をうけとめてくれる人や犬が
何処かに居るハズだという かすかな希望を捨てずに
雨の日でも暑い日でも毎日散歩をし続ける 
ビションフリーゼのゆきなのでした。

長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。

497_convert_20110510064902.jpg

“ 僕の情熱を受け止めてくれる友達を募集中なのだ !”



ご訪問ありがとうございました
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ゆきが散歩で歩く距離


ビションを飼っている皆さんは 毎日のお散歩でどのくらいの距離を歩くのでしょうか?


277_convert_20110502222324.jpg



ゆきが散歩を始めたのは生後14週の時。
最初は舗装した道路が怖くて コンクリートの上で固まってました。
芝生の上や土の地面だと大丈夫で うさぎのようにピョンピョン跳ね回っていたのに。


 
257_convert_20110502221410.jpg



初めの頃はクンクン匂いを嗅ぐのに忙し過ぎてなかなか歩いてくれないか
もしくはいきなり走り出すかで 前途多難の散歩でしたが
散歩開始から2週間ぐらい経った時には
"レッツ ゴー” の意味がわかるようになったみたいで
クンクンしている最中でも "レッツ ゴー” と声をかけると
歩き出してくれることが多くなりました。
最近では更に 私がゆきに声をかけなくても
時折ちらちらと 私の方を見ながら歩くようになり
結構まともな散歩ができるようになりました。



260_convert_20110502221901.jpg



ただ 犬見知りゼロ 人見知りゼロのゆきは 誰とでも 友達になりたくて
散歩をしている人や犬に出会うとすごく興奮してしまうので
このことに関してはまだまだ問題が多いです。



262_convert_20110502221651.jpg



ゆきが散歩で歩く距離ですが
朝夕それぞれ約3km でして 毎日約6km 歩きます。
ゆきはとにかく元気が良過ぎ そして食がとても細いので
余分なエネルギーを発散させよう そしてお腹がすくように...ということで
たっぷり歩かせています。



293_convert_20110502223244.jpg



小型犬の仔犬に毎日6km は ちょっと多いかな?とも思うのですが
散歩から帰宅した途端に “ビションブリッツ大運動会” が始まるのはほぼ毎朝毎夕のことなので
ゆきにとっては6km が多過ぎることはないと思います...。



288_convert_20110502222128.jpg



散歩をたくさんさせても 相変わらず 元気いっぱいで食も細いのですが
たくさん散歩をすることで ゆきの生活にメリハリがついたみたいで
散歩を始めてからは お昼寝をするようになったし(!)
夜もぐっすり寝てくれるようになりました。



286_convert_20110502222914.jpg



残念ながら 私たちが住んでいる地域では 4月中旬から摂氏30度を超える日が珍しくなくなりました。
朝は 日の出直前に そして夕方は 日没直前に散歩に行くのですが
夕方の散歩が難しくなってきてます。



292_convert_20110502214632.jpg

“ おうちの中で もっと ビションブリッツを させてくれるなら 
僕は夕方のお散歩 しなくてもいいのだ!”






よかったらポチしてください
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

ビションの お手の モッフリ感


ブログで発表する程のことでもないのですが...。
ゆきに “お手” が できるようになりました。

“僕 お手ができるようになったよ!”


icecreamcone_convert_20110422072207.jpg


犬を飼うことが初めての私は とても感動しちゃいました。
しかも まだパピーだから 足のコートが短いのにも関わらず
そのお手の モッフリなこと! 

成犬のビションだったら 更にモッフリなお手で ますます幸せな気分になれるんでしょうね!

それでは ビションのパピーのお手でよければ
ゆきのお手を 皆さんと シェアしますね。


megu+383_convert_20110422121354.jpg

“じゃあ 僕が 今から お手をするね!”



megu+379_convert_20110422121626.jpg

“いち にの ...”



megu+380_convert_20110422122150.jpg

“さーん!”

写真を撮るのに忙しくて 私自身は手を差し出さなかったのですが
“お手!”の掛け声だけで お手をしてくれます。
お手をする度に飼い主が大喜びするので ゆきにとってもそれが嬉しいらしく
飼い主を喜ばせたくて お手をしてくれているのが わかります。

ゆきは 頑固な面も持っていますが
飼い主の気持ちを察しよう そして 飼い主にどう思われているかをとても気にする
繊細で 心の優しいワンコです(...だと思います)。


それでは最後に 今日の “ 笑う犬 ビションフリーゼ ”の “貴重な” 一枚です。
(カメラを向けると ゆきは 笑わなくなるんです。はぁー...。)



fake-smile_convert_20110422072409.jpg


“ビションの モッフリのお手は みんなに幸せを運んできてくれるんだよ!”



よかったら ポチしてください。
にほんブログ村 犬ブログ ビションフリーゼへ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。